【新訳】積極的考え方の力

  • 133人登録
  • 3.73評価
    • (8)
    • (11)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
  • 9レビュー
制作 : 月沢 李歌子 
  • ダイヤモンド社 (2012年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478022726

【新訳】積極的考え方の力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私を強めてくださる方のお陰で、私にはすべてが可能です
     フィリピの信徒への手紙4-13
     I have the strength to face all conditions by the power that Christ gives me.

    もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、あなたがたにできないことは何もない
     マタイによる福音書17-20
     If you have the faith as big as mustard seed, you could do anhything.

    ・常に“成功”を思い描く
    ・肯定的なことを口にする
    ・自分を十パーセント増しで評価する
    ・すべての問題には解決策があると信じる

  • 「読書で賢く生きる」紹介

  • 自己啓発の古典のひとつ、なのだが、、、二言目には祈りましょう、というのは、宗教の習慣のない日本人にはちょっと馴染めないかな。

  • キリスト教の牧師さん?が書かれた本なので、いわゆるスピリチュアル系というか、では神様に祈りましょう!、という内容。キリスト教系の本を読み慣れなかったり、宗教アレルギーが強い人には厳しいかもしれない。
    でも、この本のすごいところは、ほぼすべての内容が実例というか、著者が体験したこと、他の人の工夫を著者が採集したことを紹介する形で成り立っている点。それも、ごくごく自然に、それこそ教会で気のいい神父さんとの立ち話のような語りで。
    読んでいるうちに、そんなこともあるのかな?そういうこともあるかもしれない、と思えてくるのが不思議です。
    ところどころでメンタルケア的なテクニックも載っていて、意外と実践的。実はストレスフルなビジネスパーソンにオススメなのかもしれない。

  • 祈りのカ、私も使っている。

  • もろもろの自己啓発書勧められている、プラス思考を、最初に説いた本。

    信仰の力によるものが多いので、抵抗がある人もいるかもしれないけれど、納得できる話が多くあった。
    これを読んで、聖書を読んでみたくもなりました。。

  • 神と成功を信じること、気楽でゆったり構えること等を説いている本。

    デール・カーネギー、ナポレオン・ヒルと並ぶ御三家らしいが、
    他の二人に比べると今ひとつマイナーなのは、
    二言目には神を信じなさい!だからなのだろう。
    「神」を連発されると日本人はアレルギーを起こしそうだが、
    悲観的で忙しくて無宗教な日本人こそ読むべきなのかも知れない。

    「道は開ける」やジョセフ・マーフィーと内容が被っているが、
    恵まれていることリストや怒りを感じた時に風景を思い出すこと等、
    使えそうな方法が載っていて、前述の本を既読でも一読の価値はある。

  • 様々な示唆に富んだ本。
    60年も前に出されたものとは思えない。
    ゆったりと考える時間の大切さを改めて感じた。

全9件中 1 - 9件を表示

ノーマン・ヴィンセント・ピールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
松下 幸之助
J・モーティマー...
ジェームス W....
佐々木 圭一
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

【新訳】積極的考え方の力を本棚に「読みたい」で登録しているひと

【新訳】積極的考え方の力を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

【新訳】積極的考え方の力を本棚に「積読」で登録しているひと

【新訳】積極的考え方の力のKindle版

ツイートする