ブクログ大賞

採用基準

  • 4234人登録
  • 4.04評価
    • (496)
    • (609)
    • (285)
    • (56)
    • (15)
  • 653レビュー
著者 : 伊賀泰代
  • ダイヤモンド社 (2012年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478023419

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

採用基準の感想・レビュー・書評

  • 「この本を読んで仕事に対する考え方が変わった」という人がいるのも頷ける、良い本でした。

    コンサルタントにとっての「頭の良さ」は「スクリーニング基準」(=面接に進む候補者をふるい落すための足切りの基準)であって、「採用基準」(=面接者を入社させる基準)ではない。
    では「採用基準」は何か? それはリーダーシップだ!

    そしてリーダーシップとは、「成果を出すために行動できる力」みたいなもので、平社員だろうと、新入社員だろうと、成果を出したい組織の中では誰にでも求められる能力であり基本姿勢である、みたいなお話でした。

    歯切れが良くてスカッとするので、勉強のためとか肩肘はらず、読み物として読むのもオススメです。

    「うちの会社、こういうとこだめだよなぁ」みたいなことをもやっといつも思っていながら、どうだめなのかうまく言葉にできない、みたいな人は、この本を読むとスッキリできると思います。

    <特に印象に残ったところ>
    ・会議で発言しない人はバリューゼロ。
     たとえ新人でも、「勉強になりました」で満足してちゃダメ
    ・日本に足りないのは「リーダーシップの総量」。
     カリスマ的なリーダーが一人いても、「リーダーシップの総量」はあまり上がらない。
     リーダーシップを発揮できる人の「数」がもっと増えていくといい。

  • 採用基準としてのリーダーシップの重要性を書いている本でした。マッキンゼーが、将来卒業してインパクトを起こすような人材を採用して、実際に多数の同窓生が活躍しているが、それがマッキンゼーが単に顧客づくりとしても戦略的にやっていることなのは、新しい視点で面白かったです。(システム・ソリューション部門とセットで経営している日本の総研系のシンクタンク/コンサルとの違いがなんとなく分かる本です。)その最大の要素がリーダーシップということが一貫して書かれています。日本語では指導力と訳されますが、著者の伊賀さんはその訳は使わずカタカナのまま使っています。私もこの指導力という訳がしっくりこないです。欧米の世界基準のリーダーシップがとういうことか全体を通して分かりやすく書いてあると思いました。

  • 内容が曖昧すぎるしたいしたこと言ってないけど間違ってない気はする。私もこの本のいうリーダーシップを持った人が既存の企業の下層で増えることはいいことだと思う。というのもそれは組織よりも個人を尊重する文化が根付くこととほとんど同義だと思うから。その意味で私も正せる部分がたくさんあるなと思った。でも上層部、とくに大企業や行政機関の上層部にこういう人が就くのはやめてほしい。局所最適ではなく全体のことを考えられる人がなるべきだと思う。

    欧米と日本の「役割意識」の違いについては興味深かった。日本人は役割意識が異常に強く、そのため自分の身分・役職によって仕事内容を規定する。一方、欧米人は役割意識がなく、各々が能力に従ってできることを最大限やれば良いという考え。何がこの違いを生み出しているのか。もちろん文化だと思うが、文化のどの部分が影響していて、そもそもなぜそのような文化の差ができるのか…。そういうことを知れる本が読みたい。

  • 2017/6/20読了。
    採用に関することというよりは、組織におけるリーダーシップの再定義とその重要性について語る本だった。

  • マッキンゼー出身の著者が、マッキンゼーの”採用基準"として求められている「リーダーシップ」に関してまとめている。
    会社を褒め過ぎな気もするが、全体的にロジカルに分解されているし、リーダーシップとは崇高なものではなく日頃の生活から発揮できるものである、というのは確かにその通りだと思った。

    文中で一番刺さったのは、リーダーシップの捉え方の流れで出てきたボートの漕手の話。
    当たり前のことではあるが、結局リーダーシップには「結果を出すこと」が不可欠であり、結果を出せない人はどんなに頑張ってもリーダーにはなり切れない。
    僕自身も含めて日本の組織は「結果を出すこと」に緩い部分があるので、まずは自分が誰よりも意識することから始めていきたいと思った。

  • ぼんやりとしていた「リーダーシップ」というものの実体について語った本。タイトルを文字通りに受け取って「採用基準に達するためにはどうしたらいいか」を教えてくれる本ではない。リーダーシップとは何か、なぜ必要なのか、それによって何がどう変わり、どのような自分に還元されるのかを、マッキンゼーというリーダーシップを持った人たちの集まりを例にとって説明してくれている。読んで良かった。

  • ちきりんの「自分の時間を取り戻そう」→「生産性」→「採用基準」の流れで手に取った。

    相変わらず伊賀泰代さんの文章は心をえぐってくる。

    リーダーシップは、今の自分が最も距離を置いているものと言っても過言ではない。
    (なら、なぜ読んだんだ?笑)
    それでも、自分のやりたいことをやるためには避けて通れないと言うことが本書を読んで理解できた。

    ここまで、リーダーシップについてわかりやすい定義が書いてある本には今まで巡り会ったことがなかった。特に、マネジメントとリーダーシップは混同してしまいがちだが明確に線引きがされている。

    もう一度リーダーシップを取り戻そうという意欲がわいてきた。

    それでも、リーダーシップがすべてを解決するというのはいくら何でも言い過ぎだろうという気がしたが…。幾分盛っている気がする 笑

    リーダーシップを生かせる環境に身を移すのもありなのかも知れないなあ。

  • 採用基準というタイトルで書かれているが、本書の主張は、社会人として組織で働く上で一番重要な資質はリーダーシップであり、これはスキルとして身に着けられるということだ。

    リーダーとは成果にフォーカスして主体的に行動し、実際に成果を出す人を指す。
    そのための行動として、目標を掲げ、先頭を走り、決断し、コミュニケーションをとることが当たり前の内容であるが重要だと説いている。

    至極当然のことを伝えていると感じるが、日々この姿勢は忘れないで過ごしたい。

  • 内容は理解できる。リーダー像を容認される社風と、経営者の寛容さと根気が重要。そのために払う犠牲があっても人財育成が優先されれば、会社の体質改善に大いに役立つ。

  • タイトルにある「採用基準 - 地頭より論理的思考力より大切なもの」とあるが、答えはリーダーシップ。これはヒトの上に立つ人だけが求められることではなく、チーム全員が局面に応じて、発揮するよう求められるもの。この考え方は大いに同意。

  • 仕事において求められるのは、リーダーシップだ。まず、従来の日本での考え方とは違うということが何点か述べれていた。中でも印象的だったのは、優等生ではなく、スパイク型の人材が必要ということだった。1つに秀でていることが、救命ボートに乗っているような、危機的な状況を打開するために大事なのだ。メディアラボの、anti disipineという考え方に通じるものがある。どこかで突出していればいいのだ。個人的には、人と同じところで勝負しても勝つのは難しいし、人が歩いていないところを進むのが楽しいと感じる。
    次に、リーダーシップの要素として、目標を掲げる、先頭を走る、決める、伝えるの4点だ。特に感銘を受けたのは目標を掲げるということだ。魅力的な目標、あるべき論を語る。そういうことを自分の中でも、醸成しないといけない。いまいる会社の目標には非常に共感を覚えるので、それを自分の中で一層育てたい。相手にも熱く語れるくらいになっているのが理想的だ。先頭を走るというのも大事だ。最初の1人になるというのは、自分に負荷のかかる行為だが、それをしなければ価値を生み出せない。

  • マッキンゼーの元採用マネージャーの本。
    上司に勧められて読みました。
    採用に関する本かと思いきや、自分の将来のキャリアや仕事への関わり方(リーダーシップについての考え方など)を考えさせられる良書です。
    書き方も平易で読みやすいのでオススメです。

  • 2017/3/21-22読了。

  • 会社で、こんなヤツをどうして採用したんだ、と多くの人が思ってしまうような人に時々行き当たることがあり、その責任って誰にあるの?人事部は採用に責任はないんだろうか(特に新卒採用)、という疑問がこのところあって、たまたま目についたのがこれ。
    それとは別に、個人の目標提示にあたり、リーダーでもないのにリーダーシップって言われても!と憤っているお姉さまがいて、パラパラと見ているとリーダーシップは誰にでも必要、なんて書かれているし、私自身もわかってるようなわかってないような状態なので、私の今のニーズに合っているかと思った、のだが。
    読む直前にアマゾンで酷評されているのを見たので、若干先入観はあったけれど、「マッキンゼーでは」「マッキンゼーは」の言葉がこれでもか!ってほど繰り返され、うんざりしましたね。大企業での幹部クラスにはどういった人物がふさわしいか、何が求められるかという意味での選抜基準には大体のところ合っていると思いますが、結局のところ、この本の内容は「マッキンゼーの採用基準」です。
    さて、誰にでも必要というリーダーシップっていうのはどうなのかっていうと、その点はこの本に書かれている通りかと思います。ただ、誰にも教わらずにそういう考え方ができる人というのはごく少数でしょう。そういうところをどうするのか?というところが書いてないんですよね。マッキンゼーのような優秀な人ばかりの会社ならそれで回っても、一般企業では無理です。
    マッキンゼーのあり方、やり方を理想とし、それを前提にした日本企業に対するグダグダな批判が目に付きます。最初は日本企業に就職している人ですが、日本の大企業の(中小は言うまでもなく)マネジメントレベルのことはよくわかってない人かと。マッキンゼーでも人事が長い人だし、日本で日本企業を相手に仕事をした経験しかなく、海外で海外企業のコンサルをした経験はないんでしょ?日本企業の良さが見えてない。他人を貶めて自分の優秀さを示すという、よくある話に見えます。
    リーダーシップについてはよく理解できましたし、文句言っているお姉さまにも薦めたいレベル。マッキンゼーに就職したい人は必読。
    しかし、私は真面目に読んだのは最初の三分の一ぐらいで、あとは斜め読みでした。三分の二は問題意識のある社会人であれば既知の話の羅列ですね。

  • 【読書感想】採用基準

    【読書感想】採用基準

    著者:伊賀泰代
    版元:ダイヤモンド社

    産休入る前に購入してたんですが、読む前に産休に入ってしまい、
    脳みそがお仕事モードから主婦モードに完全移行していたので、
    部屋の片隅で長いこと放置されていたこの本。
    やっと読むことができました。

    この本は、超一流コンサルティングファーム、マッキンゼーで
    採用マネージャだった著者が語るリーダーシップ論。
    マッキンゼー流(そして著者曰くこれからの世界で必要となる)
    リーダーシップのあり方や、そのスキルの重要性について語っております。
    「マンションの管理組合の話し合いで余ったお菓子をどうするか提案できる人」、
    「帰宅困難時のタクシー行列で相乗り提案できる人」がリーダーシップのある人、
    と述べていたり、ところどころビジネスの場面じゃなく生活の中での例を
    挙げてたりして内容もとってもわかりやすいです。

    リーダーシップは特別なものではなく、組織・自分の生活・人生において、
    今後とても役立ち、かつ必要となるスキル。
    これからのグローバル化した社会において、日本人が活躍していくためには
    リーダーシップをとることができる人を増やしていく必要がある。
    カリスマリーダーにならなくても、誰もがリーダーシップを発揮できる
    そういう社会にしていかないといけないんじゃない?
    と著者は語っています。

    さらに、この人のいうリーダーシップをも少し具体的に定義すると、
    1)目標を掲げる
    2)先頭を走る
    3)決める
    4)伝える
    です。
    ひとつひとつについては読んでみてください。
    いちいち、納得!

    こういう本を読むときの読み方って人それぞれだと思うのですが、
    私の場合、やはり自分のいる組織、その組織の自分・周囲の人間と、
    書籍に書かれている事柄を比較したり置き換えたりしながら
    読み進めることが多いです。
    でも今、産休中でかなり脳内ママさんモードだったので、
    お仕事してたときのイメージが浮かびきれず、
    すごく為になったんだけど、まだちょっと自分的に消化不良感。
    仕事に復帰してからもう一回じっくり読み直してみた方が
    いいかもなぁと個人的に思ってます。

    私は直接の採用担当ではありませんが、
    自社の新卒社員教育とか人材育成とかに少し
    関わってたり興味があったりするので
    自分的にかなりピンポイントで役にたちました。
    でも職種問わず、部下や後輩がいる人とか
    リーダーシップを身に着けたいという人には
    おすすめです。

    日本人の奥ゆかしさとか他人への配慮とか、私はとても大好きだし大切だと
    思うのですが、その反動からか「でしゃばり」とか「出る杭は打たれる」とか
    目立つヤツをちょっと斜めに見る風潮ってありますよね~。

    小学校の頃、村の2校が混ざってキャンプをするってとき、
    班の係り決めの話し合いで、誰もしゃべらないから私が口火を切ったところ、
    あとから別の小学校の子に「仕切ってた」と言われていたことがあったりして、
    なんだかちょっと恥ずかしい&悔しい気持ちになったことがあります。
    自分にそんなリーダーシップがある、とは思ってなくて
    時間を無駄にするがバカらしいと思っているだけなんですが、
    私は多分、リーダーシップをとることに抵抗がない方です。
    (うまくできてるかは別。)
    どちらかというと出る杭タイプの私としては、
    この人のいうように世の中的にリーダーの総量が増えて、
    出る杭を打つ風潮がなくなってくれると、
    みんなにとってよいのにねぇと思いました。

    だいたい、前から思ってたけど、出る杭を打とうとする人って
    何が楽しいんでしょうね。自分は出ることもできてないのに... 続きを読む

  • 誤解その3
    「頭の良さ」は「分析力」と「提案力」。
    「分析力」だけでは足りない。
    「提案力」はいまは存在しない世界の創造力が求められる。「改善Improvement」だけでなく、「革新Innovation」の開発が求められる。

  • 自分の成長スピードが鈍ってきたら、出来るだけ早く働く環境を変える。

  • 元マッキンゼーの方が書かれた、今の日本に足りないもの=リーダーシップを持つ人=マッキンゼーに於ける採用基準である、というテーマの話。ではリーダー資質とは何か?ということなのだが、それは誰にでも身につく事ができる、つまり目線の話であるため、どのような業界であっても共通のものとして得られることができるテーマでありました。良本でした。以下抜粋
    -----------------
    ・コンサルタントの仕事とは
    ①経営課題の相談を受ける
    ②問題の解決方法を見つける
    ③問題を解決する

    ・ゴミ屋敷の隣人が現れた時、解決方法を紙と鉛筆で書き出すことは可能でしょう。
    しかしその言語化されたステップをひとつずつ行動にうつしていく必要がある。
    その時に必要なものがリーダーシップ。

    ・高い目標がチームに課せられた時、はじめて必要なものがリーダーシップ。
    成果が厳しく求められない時には、それは不要となる。

    ・課長についてからはじめて「課長とはどう振る舞うべきか」を考えている人が課長になったら、
    メンバーはどれだけ迷惑を被るか。

    ◎リーダーに対して建設的ではない大半の意見は、成果にコミットしていない人たち。
    なので、成果を共有できるような人とチームを組むこと、もしくは成果目標を共有できるよう
    リーダーが尽力することが大切。そして何より重要なものは周りのメンバーが
    「リーダーの仕事は周りを楽しくさせることではなく、成果を出すこと」と理解すること

    ・言葉を尽くしても自分の考えを性格に相手に伝えることは難しい。全員同じ目標をたて
    そこに進む道筋を理解しているはずなのに、それらを言葉によって確認する手間を怠ると
    すぐにずれが生じる。人間はそれほど多様なのです。

    ・準備が完璧にできるまで始めない、という考え方は一件責任感のある正しいやり方に見えますが、
    準備が完璧にできると考えている時点で、極めて倣慢であり非現実的です。


    ・日本の問題はカリスマリーダーの不在ではなく、リーダーシップを発揮できる人の少なさにあります。
    ・NPOはリーダーシップを培うには最適の場。

    ・リーダーがなすべき4つのこと
    1 目標を掲げる
    2 先頭を走る
    3 決める
    4 伝える

  • マッキンゼーの採用マネージャーだった著者の本。
    マッキンゼーの採用基準というよりはリーダーシップに関する本なので間違えない様に。
    リーダーシップを言語化した本としては秀逸だと思う。

  • タイトルを採用基準ではなくリーダーシップに改めるべき。リーダーシップの重要性とそれを踏まえたキャリア論について説明してくれる。

  • 一言でいうとリーダー論。ただ、ここで問われるリーダーは全員に必要とされる考え方。リーダーを経験することの重要性、あらゆる局面を自分ならどうするか考えて行くことは、仕事をするうえでとても大切な考え方だが、非常に疲れる。。。

  • リーダーシップこそ評価されるとの印象。
    自分のあたまには、入ってこなかった。

  • 【No.57】「思考力が高い人とは、考えることが好きで(=思考意欲が高く)、かつ粘り強く考え続ける思考体力があるため、結果としていくらでも考え続けることができる人のことを言う」「人間はみんな合理的。求められる努力と、結果として得られるものがバランスがとれていないと感じれば、努力をしなくなる」「言わなくてもわかるはず、と考え、伝えることを軽視する人の大半は、自分と同じモノを見れば他の人もすべて自分と同じように感じているはずだ、と考えている」「自分の評価は、自分の物差し(評価)に沿って行えばいいのであって、マッキンゼーの物差しに合っているかどうかが自分のビジネスパーソンとしての評価を決めたりはしない」「考えるという行為は、高いレベルの気力と体力を要する。頭をフル稼働し続けるのは、とても疲れること」「リーダーとは、和を尊ぶ人ではなく、成果を出してくれる人」「人間はみんな合理的。求められる努力と、結果として得られるものがバランスしていないと感じれば、努力をしなくなる」「公衆の前に自らをさらし、結果がうまくいかない場合も含めて、そのリスクや責任を引き受ける覚悟があり、結果として恥をかいたり、損をする可能性も受け入れる、受容度の高い人」

全653件中 1 - 25件を表示

採用基準に関連するまとめ

採用基準を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

採用基準を本棚に「積読」で登録しているひと

採用基準の作品紹介

マッキンゼーの人事採用マネジャーを10年以上務めた著者が語る採用基準。
実はマッキンゼーが求める人材は、いまの日本が必要としている人材とまったく同じなのだ。
だからこそ、マッキンゼーは「最強」と言われる人材の宝庫の源泉であり、多くのOBが社会で活躍しているのだ。
本書では、延べ数千人の学生と面接してきた著者が、本当に優秀な人材の条件を説くとともに、日本社会にいまこそ必要な人材像を明らかにする。

採用基準のKindle版

ツイートする