史上最大の決断---「ノルマンディー上陸作戦」を成功に導いた賢慮のリーダーシップ

  • 310人登録
  • 3.91評価
    • (18)
    • (38)
    • (16)
    • (3)
    • (1)
  • 35レビュー
  • ダイヤモンド社 (2014年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478023457

史上最大の決断---「ノルマンディー上陸作戦」を成功に導いた賢慮のリーダーシップの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第二次世界大戦次のリーダーシップ論。アイゼンハワーの魅力について。現代の組織、人的資源管理にも通じる内容。

  • ノルマンディー上陸作戦はなぜ成功したか、成功の陰にどんな失敗があったかが分かる。こうした歴史の検証は、必ず次世代に繋がると思う。

  • 失敗の本質が失敗から学ぶスタイルに対し、こちらは成功から学ぶスタイルであるが、こちらも名著だと思う。
    この本ではチャーチルとアイゼンハワーを中心に話が展開される。チャーチルの話では、経験豊富で大局観を持った人間が高い視点からアナロジーシーズニングを用いて、物事の対処をすると如何に優れた政治的対応ができるかの良い事例になっている。ヒットラーのようなブームに乗って登場するような才能はあるにしても訓練されていない政治家とは長期のスパンで見れば、勝敗は見えるということだ。日本もそういう意味では、こうした事を良く理解しておいた方が良い。
    アイゼハワーの方は、米軍は学習する組織運営に長けているという事が良く分かる。失敗の本質でも気付いたが、状況を見て軌道修正できる事が、一番のストロングポイントではないかと、この本を読んで感じた。スーパーマンがキレキレの頭脳で勝ち切るイメージとは違って、比較的地味な印象を与えるアイゼハワーのような人格の持ち主が大組織を学習する組織に運営する事ができるのであろう。

  • ノルマンディーへの上陸作戦が史上最大の作戦と呼ばれ、大規模な作戦だったとは認識していたが、ここまでだったとは想像以上。ヒトラーの作戦ミス等が無ければ危うい場面もあったとは、割と簡単に勝った印象だったので驚きだった。
    チャーチル、アイゼンハワーがいて良かった。理想を待ち、現実を直視し、現場に行って確認し、仲間を鼓舞する。リーダーの姿勢をしつかり身につけたいまのだ。

  • 基本的に同著者の「失敗の本質」と同様の手法で書かれた戦時に学ぶリーダーシップ論。ただ、「失敗の本質」ほどリーダーシップの本質を表現されているようには思えない。アイゼンハワーとチャーチルのリーダーシップに学ぶということだろうが、リーダーシップというものが本来捉えがたいものであるためか、ノルマンディー前後の2人の行動を見ていても2人の人間性と人間くさいところはよくわかるが、リーダーシップという観点では共感できるところが少ない。要は「勝てば官軍」という感じ。

  • リーダーシップの教科書といいながらノルマンディ上陸に関する良質なドキュメンタリー。
    後半までは、人類史上初の大動員を描き、人間模様も描き的確な歴史の教科書であり、非常に面白い。

    「同盟間の熾烈な権力闘争」から「命を懸けた戦場の記録」まで、リーダー、スタッフ、現場担当のどの観点でも読める。

    肝心の題名のリーダーシップに関する分析は、最後の項目にあり、著者ならではの鋭い観点で総括されており、ビジネスマンからも納得させる。
    平凡でつまらないアイゼンハワーが、平凡なフリした天才なのかを分析し、説得力がある。

    一見地味で、多くを語らず、知己に富みながら、立派な仕事を成し遂げる人が、人生の中にいた事を思い出しました。

  • ノルマンディ上陸作戦を分かりやすく書いた本で登場人物像が分かりやすい。

  • 第二次世界大戦でフランスを解放した「ノルマンディー上陸作戦」での政治的な動きから、個々の戦闘までを描き、現代の視点からそれらを分析して不確実性に翻弄される歴史のもしもを解き明かしつつ、チャーチル、ルーズベルト、アイゼンハワー、マーシャルなどのリーダーシップを浮き彫りにします。敗戦国のドイツは言うに及ばず英国軍でもできていない権限委譲をしっかり行っている米国軍の強さが印象的、戦争とは悲惨ではあるもののそこから学べることは多岐に渡ります。まとめで暗黙知、形式知の話が登場するところが著者らしいところでもあり、とても勉強になりました。

  • 日本軍の組織的な失敗を研究・分析した『失敗の本質』とは全く逆にノルマンジー上陸作戦の成功の本質をテーマにした本です。
    今まであまり馴染みのなかったノルマンジー上陸作戦でしたが、面白く一気に読めました。

  • 岩石スープ作戦
    戦場の孤独
    歴史観
    善い目的
    現場の知
    計画通りなんてないな。
    フロシネス(賢慮)
    善い目的をつくる能力
    ありのままの現実を直観する能力
    場をタイムリーにつくる能力
    直観の本質を物語る能力
    物語を実現する能力(政治力)
    実践知を組織する能力

全35件中 1 - 10件を表示

野中郁次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・P・...
クリス・アンダー...
トマ・ピケティ
ビジャイ・ゴビン...
デール カーネギ...
ルイス・V・ガー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

史上最大の決断---「ノルマンディー上陸作戦」を成功に導いた賢慮のリーダーシップを本棚に登録しているひと

史上最大の決断---「ノルマンディー上陸作戦」を成功に導いた賢慮のリーダーシップを本棚に「読みたい」で登録しているひと

史上最大の決断---「ノルマンディー上陸作戦」を成功に導いた賢慮のリーダーシップを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

史上最大の決断---「ノルマンディー上陸作戦」を成功に導いた賢慮のリーダーシップを本棚に「積読」で登録しているひと

史上最大の決断---「ノルマンディー上陸作戦」を成功に導いた賢慮のリーダーシップの作品紹介

空前絶後のプロジェクト「Dデイ」成功の本質。連合軍を率いた「偉大なる平凡人」最高司令官アイゼンハワー、天才政治家チャーチル、猪突猛進の指揮官パットン…多士済々の知略と努力が活路を拓いた!リーダーたちが織りなす戦場の決断の軌跡。

史上最大の決断---「ノルマンディー上陸作戦」を成功に導いた賢慮のリーダーシップはこんな本です

史上最大の決断---「ノルマンディー上陸作戦」を成功に導いた賢慮のリーダーシップのKindle版

ツイートする