「お金の流れ」はこう変わった! 松本大のお金の新法則

  • 94人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (16)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 松本大
  • ダイヤモンド社 (2012年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478023549

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
大前 研一
ジェームス W....
伊賀 泰代
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

「お金の流れ」はこう変わった! 松本大のお金の新法則の感想・レビュー・書評

  • お金に関する知識が全くなくても読めるくらい、平易な本。つまりそういう人を対象にして書いている本。お金の流れがどうかわったのか、たしかにそのことにも触れているが、最終的に私たちはお金とどのようにつき合っていくべきなのかを紹介している。読んで損はない。

  • マネックス証券の松本社長の著書です。
    マネックス証券でたまったポイントで入手しました。
    歴史的なGDPシェアからみるこれからのGDPシェアの話は、納得感がありました。投資手法の紹介もあり、参考にしたいと思います。

    1、もともと歴史的にGDPの分布は、人口に比例してシェアが決まっていたが、産業革命以降、現在の先進国に「富」が偏った状態になっているとのこと。今後は、人口をベースにしたGDPシェアに回帰していくことになる。それは、インターネットの普及により、情報の格差がなくなっていくためとあり、これは実感を伴ってそう感じます。

    2、この本は、アベノミクスの一つの政策である金融緩和による「デフレ・円高」→「インフレ・円安」に誘導することが日本経済の復活への道と述べています。2012年11月29日発行のため、現在の円安・株高の状況を予見しています。

    3、日本の個人投資家は、世界一の投資センスがあると述べています。バブルのピークで日本の個人は、売り越しており、それを機関投資家が買っていたと紹介しています。世界の歴史的なバブルの事例では、バブルのピークでは個人が買い越しているそうです。

    4、「情報」には、インフォメーションとインテリジェンスがあり、価値があるのはインテリジェンスであり、これは、膨大なインフォメーション必要とのこと。「みんなが知っていること」を知ることが大事だと感じます。

  • ドローバック。

    例)
    5%下落で損切り。15%上昇で利食い。
    利食いポイントに来たら、そのまま利食いするか、上昇分の20%の下落は許容してさらに上昇を狙う。

  • お金の流れ、経済のこと、投資について、楽しく読むことができました。興味を持って始めるということがとても大事ですね。ドローバックという手法については、とても参考になりました。

  • 少し初心者向き過ぎるかなと思ったが、大切な言葉も多く教えてもらえる。
    ・ドローバックで利益をできるだけ引っ張る
    ①株を10万円買う
    ②その株が15上昇し115000になる
    ③利食いでも良いが持つ
    ④利食いポイントを割り込んだ場合、それまでの最大の設け幅の20%(3000)までの押目は許容(112000までは持ち続ける)
    ⑤20%を割り込んだら利食い
    ⑥20%の範囲でもう一度反転したら持ち続ける
    ⑦例え14万まで到達したらそれまでの最大の設け幅20%までの押目は許容
    ⑧繰り返す
    ・リーマンショック後あらゆるアセットクラスの値動きが同じ相関性となった。資産クラスを分散させてもリスク軽減できない。ブラックスワンというリスクが潜んでいる。
    ・タフな環境で生き残る為に最も必要なことは好奇心

  • 基本的には東証主催の+youで松本社長がお話しになった事にそっている本。

    幅広く情報を集める大切さを再認識させられる。

    個人的に尊敬している方なので、★5つ。

  • 先日、日経ヴェリタス大江麻理子のもやもやトークを聞いていて、初のゲストとして登場した松本大さんの著書。
    話し方とか生き方に共感して、松本さんに興味を持ったので、本を読んでみた。

    内容はかなり薄いものですが、松本さんの考え方とか、お金についての基本的な考え方、とらえ方を学ぶことができるかと思います。
    完全に初心者向けですね。

    投資に無知な僕にとっては、ドローバックの考え方や情報の集め方、使い方などが参考になりましたよ。

    さっと読めるので、みなさん一読されてはいかがですか?

  • 著者名買いした。
    マネックスCEOで天才トレーダー。
    自分の考え方が間違っていないことに勇気を得ました。

    まとめ
    トレンドのゆくえ:GDPの根源は人口と情報にある。そして中国はそれを満たす
    ものの値段の変動をコップと水の例えで説明
    通貨は実質金利の比較で上下する
    お金の管理方法:
    認知はゆがむので、ルールを作るべし。
    ルールの例として、利食いは大きく、損切りは小さくとルール決める。
     例:15%上昇で利食い、5%下落で損切り
     上昇したときの追いかけ方:ドローバック=儲けから犠牲にできる%をきめて追いかける
     アセットケーションは重要
     
    情報は量にこだわる=情報の重み付けができるようになる
    さらにどの記事がよく読まれているか?
    どのように掲載されているか?
    その情報がマーケットに与える影響は?

  • お金の流れはこう変わった」読了です。

    投資、経済、情報の取り方に関する内容で投資の入門編みたいな内容。(そういう意味では少しタイトルと内容に齟齬がある気はする)

    小難しい事や目新しい事、奇をてらった事は書かれてないのですが、例え話と文章がとても上手なのですっと頭にはいってきます。
    頭いい人というのはこういう人なんだろうな。
    知性を感じます。

    (印象に残ったこと)

    投資先(例えば株の銘柄)で迷うのであれば「自分に10人の子どもがいたとして
    その子どもたちを、(将来の事などを考えて)どこの会社へ就職させたいか、という
    視点で選んでははどうでしょう」

    インフォメーションとインテリジェンスは違う。
    膨大なインフォメーションを集め、自分で情報の構築をしていく事が大切。

    運が悪いのではなく、リスク管理ができていない。

全9件中 1 - 9件を表示

松本大の作品一覧

松本大の作品ランキング・新刊情報

「お金の流れ」はこう変わった! 松本大のお金の新法則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「お金の流れ」はこう変わった! 松本大のお金の新法則を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「お金の流れ」はこう変わった! 松本大のお金の新法則はこんな本です

「お金の流れ」はこう変わった! 松本大のお金の新法則のKindle版

ツイートする