インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?

  • 97人登録
  • 3.32評価
    • (1)
    • (15)
    • (18)
    • (3)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 佐々木融
  • ダイヤモンド社 (2013年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478024348

インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 分かりやすい。読みやすい。

  • わかりやすい。良いインフレを人工的に起こすのは難しいだろう。

  • 金融知識としては一般的な内容が記されているだけで真新しさはないが、わかりやすいので入門書としては最適。

  • アベノミクスにより、一時的にインフレに転じたが、インフレが自分たちの生活にどのように影響があるのかを記載した本。世間ではインフレ、デフレ脱却という文字をよく目にするが、インフレになるとどのようなプロセスで収入があがっていくのかが正直ぼんやりとしかわからなかった。この本を読むことで分かったことは、インフレはあくまで結果であって目標であってはならない事と、いくらインフレになっても人々の需要が増えなければそれは一時的なものであり、我々の収入は増えないってことは学んだ。

  • 日銀の異次元緩和、それに伴う円安、株高に沸く2013春の日本経済だが、すわインフレだ、とかバブルだ、とか、そう慌てなさんな、という冷静な論理展開ときちんとした論証で、勉強になる。
    まあでも、こうした真っ当な本よりも陰謀論とか日本国家破滅論の類の方が何倍も売れちゃう訳だが(^^;;

  • 金融政策の意味を学ぶことで、アベノミクスについて理解が深まる一冊。久しぶりの良書です。

  • 逗子図書館にあり

  • 分かりやすくて良かった。

  • 請求記号:337.9/Sas
    資料ID:50070977
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 弱い日本の強い円の著者の新作。

    経済政策と為替の関係を簡単に説明しており、
    デフレ脱却の手段としてインフレターゲットを行うことだけが
    妙に脚光を浴びていることの片手落ちのような部分を
    分かりやすく説明している。

    前著がレベル感が良く、余計な説明がなく分かりやすかったのに対し、
    本著はかなりレベルを落とした感じが…まあ売れる方がいいもんね。

    立ち読みなら最終章だけ読めば良いです。
    最終章がサマリーだし、最終章の話が分かるなら本論は読むまでもない。

    アベノミクスと、大学の経済政策のおさらいしたい人にはちょうど良いかもしれないです。

全10件中 1 - 10件を表示

佐々木融の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
スティーヴン・D...
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
伊賀 泰代
エリック・ブリニ...
有効な右矢印 無効な右矢印

インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?を本棚に「積読」で登録しているひと

インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?の作品紹介

インフレで得をする庶民は少ない。格差はデフレ時代より拡大する。

インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?はこんな本です

ツイートする