ブクログ大賞

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル

  • 528人登録
  • 3.58評価
    • (19)
    • (74)
    • (46)
    • (15)
    • (3)
  • 51レビュー
著者 : 橘玲
  • ダイヤモンド社 (2013年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478024379

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
佐々木 圭一
クリス・アンダー...
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアルの感想・レビュー・書評

  • 国家の財政破綻と言っても、戦争などと違って突然起きるものではなくある程度時間がかかるので、以下のような対応をすれば良いということです。下にごく簡単に要約的なものを書きましたが、私のレベルでは内容的に結構難しいので、本当にこういう状況が来たら改めて読み直さないといけないと思いました。


    第1ステージ ・・・・・ 国債価格が下落して金利が上昇する
     → 普通預金:現在がデフレ状態なので、実質的金利はプラス。リスクはほぼ0で
            何かあったときの自由度の高い。

    第2ステージ ・・・・・ 円安とインフレが進行し、深刻な金融危機が起き、国家債務の膨張が止まらなくなる
     → ・国債ベアファンド:国債価格が下がると価格は上がり、上がれば下がるが、
         現在の金利が非常に低いので、下がる余地は小さい。ただし金利が変動
         しないと、長期的には価格は下がっていくので、投資タイミングが重要。
       ・外貨MMF:米ドルが一番無難。
       ・物価連動国債ファンド:物価が上がると価格も上昇するが、逆にデフレに
        なると下がってしまうので、その点は注意が必要。

    第3ステージ ・・・・・ 日本政府が国債のフェフォルトを宣告し、IMFの管理下に入る
     → ・海外銀行に口座を開いて外貨預金。日本人にはHSBCが一番メジャーで、
        香港に行けばパスポートと住所証明で口座が開ける。
       ・米国の証券会社で、日本国債ベアETF(JGBS、JGBD)を購入する。


    また海外投資に最適なのは、ACWIやACWIから日本株を除いた上場MSCI世界株1554などのETFとのこと。ただし1554はまだマイナーで売買数が少ないのが難点とのことです。
     
     
     

  • ●要約:破綻には予兆があり段階的に起こる。知識を貯め、その段階に応じた対応をすればサバイバルできるかも。
    ●所感:いつもの橘節。コラムがとても良い。2013年刊行だが考え方の基本は変わらんので参考になる。
    ●メモ:・国家の財政危機は国債価格の下落から始まる
    >第1ステージ(国債価格下落→金利上昇)
    >第2ステージ(国債下落、円安と物価上昇)
    >最終ステージ(日本国債デフォルト)

    物価連動型国債、世界株式連動ETF(除、日本)、ACWI Index
    上場MSCI世界株(1554)
    http://www.ifinance.ne.jp/glossary/index/ind150.html

  • 楽観、悲観、破滅の3つのシナリオごとに展開される。漠然と不安を抱えるのではなく、しっかりと知識武装したうえでどうすべきかを考えて実行していきたい。平たい表現なので読みやすかった。

  • 日本経済の未来は楽観シナリオ,悲観シナリオ,破綻シナリオの3つの可能性が考えられるというが,国家が市場をコントロールできず政治家が選挙第一で財政再建ができない現在,先行きを考えると暗澹たる思いにかられる。救いを求めこの本を手に取った。リスクはヘッジできるので資産に対し最適なヘッジをかけさえすればいいしその方法を示して入るが,素人に果たしてそれができるのか…

  • 【分類】338.18/Ta13
    社会科学のコーナーに並んでいます。

  • アベノミクスにかかわらず、いつか訪れる財政破綻がおきるまでの日本経済がどのような様相となるか、それにどう対処するばよいか、平易に解説されている。
    第1ステージ(国債価格下落→金利上昇):普通預金(円高ならさらに有利)
    第2ステージ(国債下落、円安と物価上昇スパイラル):日本国債ベアファンド、外貨預金・外貨MMF、物価連動国債
    最終ステージ(日本国債デフォルト):海外銀行の外貨預金、日本国債ベアETF
    円高局面では「上場MSCI世界株(1554)」がよい?





  • ・楽観シナリオ アベノミクスで日本経済は大復活する
    ・弾かんシナリオ 現在と同じデフレ状況がこれからも続く
    ・破滅シナリオ 財政が破綻して経済的な大混乱が起こる
    アベノミクスがどんな結果になろうとも、備えておくべきお金の知識を説く。

    取り合えずば、普通預金で良い論に少しがっかり。その後、上級者向けに国債ベアの話とか出てくるが、全体的には物足りない内容。

    その中でも、覚えておきたい点

    ・財政危機は国債価格(金利)を見ればわかる。国家の財政危機はいついかなる場合でも、国債価格の下落から始まる

    ・金利の高い通貨は下落する
    ・金利の低い通貨は上昇する

    ・外貨預金は、仕組みがちゃんと動けば、得も損もしない。円安で、儲かってもその分物価高になっているので、価値としては同じ。ただし現実には為替レートはインフレ率よりも遥に動きが早いので、その分はメリットがある。

  • 円の普通預金と米ドル預金を進めている。ファンドのたぐいは運営会社が危うくなるリスクから勧めていない。金投資はギャンブルと言い切っている(工業需要が少なく、貨幣と同じように皆がGOLDに価値があると思っているうちしか価値がないしろものだと主張している)。

  • ●経済には強い継続性(粘性)がある。
    仮に破滅シナリオ(国債価格の暴落・金利の急騰と高インフレで財政は破綻し、大規模な金融危機が起きて日本経済は大混乱に陥る)が現実のものになったとしても、次の順番で進行する。
    1)国債価格が下落して金利が上昇する
    2)円安とインフレが進行し、国家債務の膨張が止まらなくなる
    3)日本政府が国債のデフォルトを宣告し、IMFの管理下に入る。
    書店に行けば「国家破産」のタイトルのついた本が並んでいます。日本国が抱える1000兆円の借金を考えれば、誰も財政破綻の可能性を否定することはできません。しかしここで強調したいのは、危機は順に悪化していくのですから、ある朝目覚めたら日本円が紙くずになっていた、などということは絶対にありません。だとすれば私たちは、いたずらに「国家破産」を心配する必要はありません。仮に日本国がデフォルトするとしても、それまでの間に自分と家族を守るための時間はじゅうぶんに残されているのです。

    ●たった3つの金融商品で「国家破産」はこわくない
    1)国債ベアファンド
    2)外貨預金
    3)物価連動国債ファンド

    ●日本人はあまりにも「合理性」を軽視しています。もちろん合理性は幸福な人生を約束しませんが、その一方で(ギャンブルで一発当てるようなことを別にすれば)市場では合理的な行動からしか富がもたらされないことも確かです。投資の世界では、感情だけで動くひとは「カモ」と呼ばれます。日本という国の経済的なリスクが顕在化したときに、感情でしか考えられないひとたちが真っ先に犠牲になっていくでしょう。

  • 国家破産時に何が起こるか予想し、リスクをヘッジする方法が述べられている。
    経済初心者にも読みやすく、丁寧に書かれている。字も大きく、難しい計算式も使っていない。
    国家破産や不況のときこそ、株や土地など資産価格の値動きが激しく、儲けるチャンスもある。
    これをきっかけに、本格的に経済を勉強しようと思わされた。

  • 人類は放射能を安全に管理する科学技術を持っていません。だとすれば、「核」はもともと手を出してはならない禁断の果実だったのです 財政破綻のインフレでは地価も株価も下落する 金投資はギャンブル 日本人の海外投資に最適なETF「ACWI」 内容的に難しいと感じる 腰を据えて取り組む必要あり 2013.3の出版

  • 憲法解釈的には有り得ないが、預金の口座封鎖が実行されれば資産運用など意味なし。国外の銀行に口座を持たない限り、預金は没収され円の価値は目減りしてゆく。
    株式投資で目減りさせるくらいなら、普通預金で十分なのだそうだ。レベル低いが、貯金せよと解釈した。

  • 国家破産がもし起きたら、、、のために書かれた1冊。

    この人の小説はおもしろかったと思って読んでみましたが、やっぱり金融のことは理解できず。

    覚えているのは、朝起きたらいきなりお金が紙くずになってるなんてことはなくて、緩やかに悪化していくということでしょうか。

    国際価格の下落(金利の上昇)→円安→インフレと進むようですが、今がそうでないことを願うばかりです。

  • ユダヤ賛辞に終始するユダヤ本が多い中、この本は現場でリアルにイスラエル企業と仕事をしてきたビジネスマンならではの視点で書かれた本。著者は東芝のエライ人で、何度も『お客さん』という言葉がでてくるのが印象的だった。イスラエル企業は研究開発はすぐれているがエンドユーザーのことを全然考えていないことが多く、そこが世界一厳しいクレームに鍛えられた日本企業に比べて未熟なところだと痛烈に批判している。東芝の本部長がいうと説得力がある。

  • この手の本は多く出ている。そしてどの本もこれといった明確な回答はない。
    MSCIという聞きなれない言葉。
    http://www.ifinance.ne.jp/glossary/index/ind020.html
    勉強になった。

  • 国家の財務レベルを三段階に分けて、それぞれの時点で最良と思われる資産運用法を提案している。それによれば、現状では普通預金が最強とのこと。

  • 日本国債が暴落した場合にどうしたらよいのかが、書いてあった。
    国債下落に備えて
    日本国債ベアファンド
    外貨預金、外貨MMF
    物価連動国債
    などなど
    デフォルトしたら、海外銀行の外貨預金
    日本国債ベアETF

  • ○作家で金融・経済論に詳しい橘玲氏の著作。
    ○アベノミクスで浮かれる現在の日本の経済情勢を分析し、最悪のパターンを迎えた場合の対応策などを紹介している。
    ○分析が面白く、平易な表現で読みやすい。

  • 国家破綻対策として具体的な方法が書かれている。
    最後のほうは各論に入り過ぎてやや冗長。

  • - 日本の財政が破たんすると以下の3つが起こる
    -- 金利上昇
    -- 円安
    -- インフレ

    - シナリオは3つ
    -- 楽観 大復活
    -- 悲観 デフレ継続
    -- 破滅 破たん
    - 楽観,悲観とも普通預金がいちばん保守的な投資家の最適戦略

    - 破滅の場合3つのステージに分ける
    -- 1 国債価格下落,金利上昇
    -- 2 円安とインフレ,債務膨張
    -- 3 デフォルト IMF管理下
    - 必ず1からはじまる.ゆるやかなインフレなら破たんしない

    - 国家破産に備える金融商品
    - 1. 国債ベアファンドを買う
    -- 国債価格が下落すると利益が出るように設計.しかし金利が変化しない間は徐々に下落して損失が出る.購入のタイミングが重要
    - 2. 外貨預金 FXで手数料を抑える
    - 3. 物価連動国債ファンド いまは発行停止している

    - ステージ1 国債価格下落 金利上昇
    -- 普通預金
    - ステージ2 国債下落 円安と物価上昇
    -- 日本国債ベアファンド,外貨預金,物価連動国債
    - ステージ3 日本国デフォルト
    -- 海外銀行の外貨預金 HSBCとか
    -- 日本国債ベアETF JGBS, JGBDがある

    - 40歳のサラリーマンの資産ポートフォリオは
    - 不動産2000万と人的資本1億3000万
    - 最大の国家破産対策はどのような環境でも仕事をしてお金を稼げる人的資本をつくること

    - 効果的な分散投資法
    - ACWI(オールカントリーワールドインデックスETF)と上場MSCI世界株(1554)がよい

    - 財政破綻で一攫千金
    - 固定資産(年金+不動産)5000万と金融資産1500万の場合,
    - 金融資産の1部を証拠金にしてFXにレバレッジをかけ,6500万円相当の外貨を小乳すれば円建て資産のすべてをヘッジできる
    - オプションを使う
    - オプションの価格を決める3つの要素
    - 1. 株価が権利行使価格に近付けばオプション価格は上がる
    - 2. 市場のボラティリティ(変動率)が上昇すればオプション価格は上がる
    - 3. 残存期間(有効期限)が短くなればオプション価格は下がる

    - 海外投資の歩き方 http://diamond.jp/zaitachibana
    - 黄金の扉をあける賢者の海外投資術
    - 究極の資産運用編,至高の銀行・証券会社編

  • 昔、著者の本を読んだ人たちは、今この本を読んでと思うんだろうか。昔は海外投資のため海外の銀行に口座を開く、そんなこといっぱい言っていた気がする。今回は国内の普通預金がいちばん大事と言う。かなり怒っている人も多いんだと思う。

    言えることは、海外に口座を開くということはかなりハードルが高い。そして、その種類は、面倒だということだけではなく、トータルでの資金の額ということが非常に大きいんだと思う。それに伴った国境を越える自由な人間というところも。

    もう一つ、昔の著作の頃から比べてもう15年くらいは経っているだろうか。この間に日本の金融機関の商品も大きく発展してきた。昔はこれほどコストの安い投資信託もなかったったし、 etfもなかった。特に、本書でも紹介されている、日本株を除いたmsci世界株のETFは、確かに食指が動く。

    また、日本国家の破産という話が、言われ尽くした、かなり沈静化されたこともあると思う。

    その手の本を読むならば、その本の1冊にこれを加えてもいい。もともと何かを学ぼうと思って本を読むならば、複数冊読むべきだしね。

    最近の著作だけあって、内容は今風だ。アベノミクスによる去年の後半からの情勢の変化を踏まえている。

    あと、この手の本は、最終的にどうしても、人的資本に目が向いてしまうというところは仕方がないのか。最後の最後で、レバレッジでの一獲千金の話も一応書いてるけど。

    個別商品の紹介のほかは、内容的には目新しいものがなかった。金融商品の仕組みの話。大手銀行の海外預金は高コストなので選択肢に入らない、とか。為替リスクは長期的にはリスクではない、とか。

  • ・インフレは国家にとって税金の一種であり、
     歴史上、巨額の財政赤字はほとんど、「インフレ税」によって
     清算されてきた。財政破綻は最終的にインフレに行き着く。

    ・デフレ経済では、放っておいても貨幣の価値が上がっていくので 貨幣を持っているだけで「補助金」を受け取ることができる
     「デフレ補助金」をもらったのと同じ

    国債価格があがれば、金利は上がる
    国債価格がさがれば、金利は下がる

    インフレなら通貨は下落する
    デフレなら通貨は上昇する

全51件中 1 - 25件を表示

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアルの作品紹介

恐れる必要はない、しかし、備える必要はある。たった3つの金融商品で「国家破産」は怖くない/経済的リスクを"奇跡"に変える。

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアルはこんな本です

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアルのKindle版

ツイートする