ザ・ロスチャイルド

  • 118人登録
  • 3.55評価
    • (5)
    • (11)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 渋井真帆
  • ダイヤモンド社 (2013年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478024744

ザ・ロスチャイルドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 富という小石を投げつけて、偏見や差別といった巨人を打ち倒すの。

  • ナポレオンとの邂逅はフィクションとしてもも、ネイサンの経済活動のどこまでが本当でどこからがフィクションなのか分かりにくい。それでもあの時代の歴史背景をうまく捉えることができる良書。

  • 面白かった!
    ネイサンがロンドンで会社を始めるまでが、わらしべ長者的トントン拍子な感じはしたが、それでも面白かった!
    ナポレオンとネイサンの関係が史実に基づいてるのかどうかは知りませんが小説なのでOKです。エンターテイメントとしてすごく面白かったし、
    ヨーロッパの歴史とロスチャイルド家の関係も分かり、非常に為になる小説でした。
    「読書はアウトプットが99%」を読んでこの小説を知りました。「読書は〜」にも大感謝です。

  • ジェフリーアーチャーばりのストリーで読み物としてとてもおもしろい。

  • 常に資金の流れの先を見ることです。
    残念ながら君の一所懸命に金は払えない。私が金を払うのは、あくまでも布の価値にだけだよ。

  • 小説としてネイサンの生涯を描き、同時代を生きたナポレオンを絡める発想は面白い。しかし如何せん歴史小説としての出来がよろしくない。史実考証をしっかりやったのかも疑わしいし、参考文献も不明。どこまでがフィクションかもわからない。前半のナポレオンとのシーンを見る限りほぼ創作?と感じさせられる。

    金融部分は筆者の専門分野だけあって面白いが、小説部分は些か稚拙と言わざるを得ない。

  • とても面白かった。欲を言えば、ネイサン側だけでなくナポレオンの心理面ももっと掘り下げてほしかった。残念なのはラスト。最大のピンチを切り抜ける方策が結局相場操縦ってのが気に入らない。何の罪もない英国債の一般投資家を犠牲にして自身の破滅から逃れたわけだから、えらく後味が悪い。中盤までは痛快でとてもよかっただけに残念だ。

  • ナポレオンとロスチャイルドの絡み合う人生。どこまで本当かはわからないけど本当の歴史とリンクしている感は結構面白い

  • 大軍vs大金!
    さくさく楽しく読めた。
    満足のラスト。
    こういう終わり方、好き。

  • ネイサン・ロスチャイルドを主役とした歴史経済小説。
    軽い感じでしたが、その分読みやすく、楽しめたとは思います。

全15件中 1 - 10件を表示

渋井真帆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
落合博満
三浦 しをん
高野 和明
デール カーネギ...
池井戸 潤
池井戸 潤
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

ザ・ロスチャイルドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ザ・ロスチャイルドを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ザ・ロスチャイルドを本棚に「積読」で登録しているひと

ザ・ロスチャイルドの作品紹介

英雄ナポレオンに挑む、たった1人の男がいた。世界を牛耳る金融帝国、ロスチャイルド家。そのルーツに迫る!第4回城山三郎経済小説大賞受賞作。

ザ・ロスチャイルドはこんな本です

ザ・ロスチャイルドのKindle版

ツイートする