野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くか

  • 66人登録
  • 3.57評価
    • (5)
    • (6)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 野村克也
  • ダイヤモンド社 (2013年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478024782

野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よくも悪くもノムさんらしい本だなと。自分を犠牲にしてチームに徹しろというのがノムラの考えであって、それを体現している選手(山崎武司など)については印象良く書いているが、たとえばノムさんの在籍中シーズン20勝・投手三冠・WBCでも大活躍した岩隈については「自分のことしか考えてない」と活躍には一切触れずにこき下ろしているだけ。結局オレについてこなかった選手は嫌いだ、という感情が拭えてないことだけしか伝わってこなかった。田中将大はライバルがいないから不幸だ、など面白い話はそこそこあっただけにその点がやや残念。

  • 野生のスイッチを押す

    野生とは、闘争心✖️教養 である
    悔しさはモチベーションに変わる

  • 負けてたまるかとゆう野生があってこそ感性が生まれ知性が血肉となる。弱者が強者に勝つための知性の前提になる野生をノムさんはよく見てた。問題意識をもって能動的に物事に取り組むこと、人が見ているとゆう意識をもって日々を大切に過ごすこと。後半は指導者としていかに動機付けを与えるかって話。最後の名言、闘争心と教養を併せもち、高い美意識と謙虚な自信をもって当たれば、必ず夢は叶う。

  • 自宅ソファーで読了(27)
    ノムさんの本は基本書いてることいつも同じだな。。。
    2013年楽天優勝内容加筆編・・・的。

  • 装丁とこの厚さを見て、あ、本気なんだなと思った一冊。
    野村克也さんは最近やたらと本を出してますが、そのなかでもかなり力をいれて書いたと思う。
    闘争心と反骨心と、教養と知性。いうのは簡単ですが、それをずっと続けるのはむずかしい。
    自分を高めていくための方法だとわかってはいるけれど。

  • 何度も似たような話を聞いていますけど、やっぱり感激しますな。

全7件中 1 - 7件を表示

野村克也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
落合博満
野村 克也
佐々木 圭一
三浦 しをん
松下 幸之助
ウォルター・アイ...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くかを本棚に「積読」で登録しているひと

野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くかはこんな本です

野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くかのKindle版

ツイートする