ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

  • 5889人登録
  • 4.06評価
    • (785)
    • (943)
    • (439)
    • (71)
    • (20)
  • 915レビュー
著者 : 堀江貴文
  • ダイヤモンド社 (2013年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478025802

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤田 晋
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
ロバート キヨサ...
佐々木 圭一
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくの感想・レビュー・書評

  • まわりで読んでる人が多かったので、思わず買って一気に読んでしまいました。
    堀江さんの知られてない一面が語られている一冊です。
    当然、読んでて堀江さんはスーパーマンだなーと思うのは変わらないんですが、人としての感情がどうあったのか、週刊誌などで語られてない部分がわかります。いろんな人に読んでほしい一冊です。

  • 堀えもんの本を初めて読了。
    金の亡者・天才・冷徹・サバサバ人間・あったかみのない人・お金儲け大好き
    っていうイメージだったが、読んでびっくり。
    意外と男気あふれる九州男児で、わたしたちと変わらない、前向きなおじさんだった。あほでとんちんかんな質問にもこの人なら、意外と真面目に嘲笑せず誠実に答えてくれるんじゃないか・・・とまで思うほどにイメージ改善。
    背中を押される力がすごいある。すごく励まされる。説教くさくないし。
    文もよみやすく、構成もうまい。
    でも言われてみれば、人間性がかなりやばい人だったらあんなに成功しないし、テレビにも刑務所でた後でも呼ばれないよね。
    寂しがりやだし皆と一緒に笑いあって明るい未来をつくっていきたいから働きたい!(だからいろいろやる)っていう人ということがわかり、今後はすこし素直に堀江さんのいうことも聞けそう。
    田原総一郎さんがでてくる箇所があるが、堀江さんに言ったことが的を得すぎていて、田原さんっていろんな意味ですごい(周りの意見にまどわされず、人を見抜く才能もすごい)、とこれも新たな発見だった。
    「諸行無常」 これ最強。

  • 再読です。
    堀江さんは何冊も本を書かれてますが(あとがきによると、本書が執筆された時点で50冊近くとのこと)、今まで全く触手が伸びず。そもそも堀江さんに対して、なんだかギラギラしていて尖っている人、という印象から、私には眩しすぎてちょっと直視しづらかったのです。執筆された本もきっとガンガン攻めるギラギラした内容のものなんだろうと思っていました。

    それが、本書のシンプルなタイトルと帯(「僕は今まで、誰かにわかってもらおうという努力をほとんどしてこなかった。(略)だから僕は変わろうと思う。言葉を尽くして、語っていきたい。」)に惹かれて、発売してほどなく購入をしたものです。

    最初読んだときは、ここまで赤裸々に自身のことを書くなんて、どれほど勇気がいっただろうということ、思っていた以上に純心な内容だったことに衝撃を受けました。本書は挑戦することの素晴らしさ、楽しさと、失敗してもゼロに戻るだけでマイナスには決してならないよという励ましに溢れていました。すべてを失った著者が獄中で脳裏をよぎったのが、「働きたい」ということだというのが、なんだか尊いですよね。

    本書は堀江さんの生い立ちが綴られた1冊ですが、同時に「働くこと」とは何かについて静かに、真摯に見つめている本でもあります。仕事が忙しかったり上手くいかなかったり、なんだか心が疲れたな、という時に読み返すと初心に立ち返れます。

    それに、時代の寵児とも呼ばれた天才的な堀江さんでも、小さな成功体験を重ねて自信をつけてきたんだとわかると、とても勇気づけられます。輝かしい栄光の裏には光が強い分だけ暗い影もあって、それでも前に進むひたむきさに、少し泣きたいような気持ちにもなりました。

    きっとこれからもまた何度も読み返すと思います。
    「働くこと」にわくわくするスタート地点を思い出せる、また明日から頑張ろうと思える良書です。そして編集の方がまた素晴らしく、読みやすさ抜群です。大好きな1冊です。

  • ホリエモン氏による、良い意味での洗脳本。
    (もっとも氏は、この本においてはホリエモンよか堀江貴文でいたがっている模様。)
    人生に迷ってる若者なら
    読んで損はないかも。
    ただ、あたしは既にオバちゃんで、
    自分なりの哲学みたいなものもあるからか
    どうもストレートに響かないんだなぁ…残念。
    もしか堀江氏も、自分では気づいてないかもだけど
    本当にゼロにはなってないのかもね。
    長く生きてると、どうしても取っ払えないものが積もってしまうもんだし
    そこをも愛せるひとになれたら
    きっともっと素敵なことを語れるかたなんじゃないかな。
    と、期待を込めて思ったり。

  • ホリエモンが働く事について書いた本。自分の生い立ち含め自伝の中で、働く事とつなぎ合わせて書いている。

    共感できる内容が多くあった。

    ホリエモンが牢屋の中で、読書をして一番泣いた本・印象深い本は、重松清のとんび。過去の自分と重ね合わせて号泣したとの事。TBSのドラマでもやっていたが、とんびを読みたくなった。

    働くをキーワードの本はこれからも多く出てくるのか?

    ・努力は夢中に勝てない
    ・ホリエモンが東京に状況する際の気持ち「この先どんな困難が待ち受けようとも、後ろを振り返るつもりはなかった。」が、今の自分の気持ちと重なった。
    ・チャンスの時はいろいろ考えない。とにかくノリで飛びつく。
    ・お金よりも大切なものそれは信用。ツイッターで100万人のフォロワーがいる人は1億円資金を集めるのは難しくない。しかし、1億円を投じて100万人のフォロワーを作るのは不可能。
    ・悩むは物事を複雑にする行為。考えるは物事をシンプルにする行為。
    ・オヤジにならない為には、考える事が大事。考えなくなって流されたらすぐに老け込む。
    ・死ぬ事・時間の有限性・今という瞬間を生きる。事を成す人はこれを真剣に考え徹底していると思う。

  • この冬で一番の刺激となるだろう。(誰がなんと言おうと)僕にとっては期待以上の内容。最後のページをめくったとき鳥肌がたった。
    著者の書籍を読むのは初めてだが、自由、仕事、信用に対する見方など多いに共感する部分があったし、得てして現状に不平不満を述べてしまう自分にとっては(勿論、問題意識に対する文句だけではなく、多少なりとも改善するにはどうすれば良いかを考えているつもりではあるが)、多いに反省した。僕は甘かったのだ。目の前のタスク、関心への「ハマり方」も、チャンスに飛びつく「ノリのよさ」も、独立心も。これらを意識し行動につなげられたとき、自ら「やりがい」をつくり自信を得ることができるのだろう。

  • ホリエモンが自ら幼少期〜収監中までの人生で得た経験と、今後他の人にどういったことを期待するかを記載した内容。

    個人的には、思った以上に良かった。
    一読の価値あり。

    一言で言うと、毒がないエールというか、
    地道に目の前のことに無心になって行動すれば、
    自分の思い描いた状況に近づくはずだという内容。

    私もオヤジ化を避けるべく、
    目の前のことにガムシャラに取り組んで自分に+1していく。

  • 一度は頂点を極め、時代の寵児とまで言われた男が、突然、犯罪者として世の中から葬られてしまうというのは、どのようなことなのか?そのような状況に陥ったとき、人というものはどんな風に考えるものなのか?

    そんな興味になんとなく捕まり、言ってみれば「野次馬根性」で買った。はっきり言って、この本から何かを得ようと期待して買ったのではない。いつもなら買わない種類の本だ。

    でもなんか、今回は野次馬根性のほうが勝り、買ってしまったというのが正直のところ。

    「ゼロ」っていうメインタイトルと、「なにもない自分に小さなイチを足していく」というサブタイトルがついているが、私の場合、教訓的なサブタイトルよりも、メインの「ゼロ」の文字が意味するところに興味があった。

    大きく、前半と後半で感想は異なった。前半を読んでいたころは、失礼ながら「この人が天下をとらなくてよかった」と感じた。赤裸々に自身をさらけ出して書いているが、なぜか私自身は共感できるところがあまりなかった。

    後半から最後までは、企業人というか仕事人としてのホリエモン全開という感じ。やはり得意分野を語っているときは輝いて見えるし、凄みさえ見える。

    頭脳明晰、実行力あり、不屈の精神の持ち主であることはわかるが、どうしても人間としての深みみたいなところに不足を感じてしまうなぁ。

    というわけで、今回の購入、ホリエモンの再起計画に載せられてしまった感あり。以上。

  • 自分が何もないゼロの人だと分かっていても見ないフリをしているので、読み終わって、後ろ向きにクヨクヨする前に働こうと気持ちを切り替えられました。

  • 自己啓発本としても役に立ち
    ホリエモンの意外な?人柄についても知ることができるエッセイ

    ・できない理由を探さず、できる理由を探す
    やりたいことがないという人は、盲点になっているだけ。無理だと思い込んでいるだけ
    例えば・・・
    好きな女優は?→新垣結衣→会いたくないの?→会いたい→映画監督になるかテレビ局に勤めれば会えるかもよ みたいな

    ・結局毎日、小さな成功を積み重ねて小さな自信を積み上げていくことが大切
    東大に入りたい→目標は目標として置いておいて、まずは目の前の参考書2ページ読むことに集中する

    ・人間には今この瞬間しかなく、過去も未来もない
    堀江さんは何年後、何十年後に利益が出るかもみたいな
    長期投資にあまり興味がないそう
    それもスピード感を重視しているからなのかなと思った
    「今」変わらなければずっとこのまま
    だから変化を怖がらず「今」変わる

    ・日本の20人に1人は経営者だから起業は特別なことではなく誰でもできる

    読み終わった後にはホリエモンに
    何だか勝手に親しみを感じてしまう素敵な本でした

  • 掛け算的に成長をねらっても最初はゼロの自分に一を足す
    ひたすら一を足していく
    では自分はどんな一を足そうか

    共感したのは
    続くことは最初に成功体験をしていること
    いい思いをした経験があるから頑張れる
    という箇所

    ではそのいい体験を人に提供できないか

    ここが大切だと思った

  • ● 睡眠時間削ったりするより、とにかく目の前の作業にハマれという話が良かった。受験勉強のときも、起業のときも、めちゃくちゃハマっていて起きている間はそれ以外のことを全くしなかったらしい。
    ● 例えば女の子の前でなかなか話せないのも、起業に対してビビってしまうのも、経験値の有無の違いでしかない。女の子と話す経験を増やせば自然に話せるようになるし、起業も一度やってみれば大したことないことに気づく。
    ● ホリエモンの場合は、ヒッチハイクでビジネスの基本(営業)を学んだらしい。こういう、ぶっとんだ経験があると人生に対してぶっこめるようになるのはわかる。
    ● 獄中の作業も効率化して早くできるようになったとか。これは成長していくための基本で、大きな目標を立てて考えるのではなく、とにかく今日達成可能なゴールを決めてそれを毎日攻略していくことこそが成長につながる。
    ● 常に自分の現在の能力でこなせること以上の仕事を受けよ。それが成長につながる。案件上、どうしても技術的に難しそうなところがなければ自分でやったことない技術を取り入れてみるとか、工夫のしようはある。
    ● 1つの熟考より3つの即断。これは南場さんも言っていたし、起業家の共通の思考なのかも。
    ● コモンセンスとコモンローの違いの話が面白かった。例えば、「結婚式場ではネクタイをしてきてください」と明文化されていた場合にはもちろんちゃんとしていく。これはコモンロー。一方で、「社交的な場ではネクタイをしていくべき」というような暗黙のルールには一切従わない。こうした暗黙のルールや、空気を読む文化が日本の良くないところだと思っているから。

  • 素直に、素直に、読めました。ふしぎ。
    読み終えた今、「はたらくこと」がネガティヴなことではないと思えています。
    そして、「時間」を「お金に変えている」ことをやめて、「労働力」を「お金に変える」ようにしたいと思います。
    会社員だからお給料は同じと思って時間をお金に変えるだけでは、ずっとしんどいまま。

    最初からできないと諦めることをやめる。
    できるわけないという心のフタを外す。
    もっと、身軽に、シンプルになる。

    今年は堀江さんが43歳の年。どんなものを見せてくださるのか、楽しみ!
    2016.03.21

  • 「ホリエモン」と呼ばれ、時代の寵児であった堀江貴文氏の著書。ホリエモンの生い立ちや経歴等が詳しく書かれ、自分は金の亡者などではなく、ただ働くことが好きな人間なのだという自叙伝的な部分と、自己啓発本的な側面とがある本。自己啓発部分は実にシンプルでわかりやすく、目新しいことがあるわけではないが、「掛け算は元の数字が大きいほど答えも大きくなる。だから掛け算をいきなりしようとするのではなく、地道に足し算(努力)をする。」「チャンスを掴めるかどうかは人としてのノリの良さ次第」「「悩む」とは、物事を複雑にしていく行為、「考える」とは、物事をシンプルにしていく行為である」など、あらためて気づかされるヒントも多く、ふとした時に前向きになれる内容であり、読んで損はない本だと思う。
    ただ、これを読んだからホリエモンを見直した、とかいうことはない。テレビに出てるホリエモンはやっぱり生意気で人を見下したような発言も多く、人としてはあまり好感が持てないのは変わらない。
    ホリエモンは好きではないが、この本はとてもいい本だと思う。

  • 堀江貴文の生き方、考え方は自分と重なるところも多く、心打たれたので、ブクログ初めての感想はこの本にしようと思った。

    堀江貴文の考え方、成長の過程、内面の弱さが赤裸々に書かれた内容だった。まさに逮捕されてすべてを失ったゼロの状態だからこそ、じぶんを客観的に見直し、ありのままを書けた本だと感じた。

    あとで見返せるように、心に残ったことを箇条書きで記す

    ・怖気付く理由=自信がない=経験が不足
    ・経験=自らが足を踏み出した歩数≠時間
    ・このままでは、一生「このまま」
    ・お金をもらう→お金を稼ぐ に変える
    └どんな仕事でも、仮説検証、試行錯誤し、創り出す仕事に変えていく
    ・物事をできる理由から考える
    ・信用のゼロからイチは、自分で自分を信じること
    ・悩む=物事を複雑にする、考える=物事をシンプルにする
    ・諸行無常が世の中の真理。現状維持などありえない。変わり、変わらざるを得ない。
    ・コモンセンス=慣習や常識、コモンロー=明文化されたルール
    └コモンセンスに従う合理的な理由はない
    ・自分の本業を決める必要はない、やりたいことは全部やれ
    ・働くことは生きること、自らの生を充実させるために働く

  • ホリエモンの生い立ちから収監、その後の宇宙開発事業までが描かれている。
    彼の生き方は拝金主義に基づくものと思いきや、実際はそうではなく、やりたいことがたくさんあるからお金を稼いでいるということがよく伝わってくる。
    起業は決して難しいことではなく、とにかく目の前のことに対して全力で頭を使って取り組んでいけば、自分の夢が叶うということを教えてくれる。そんな勇気を出させてくれる良著だ。

  • 働け!!

    単純だけど意味がある。説得力も。
    何故、こういう考えに至ったのかも述べられているし。

    読んで良かった。

  • 「しくじり先生」で堀江氏に興味を持ち、この本を読んでみたが、ストイックなまでの仕事に対する前向きなマインド、そして、過去を語って下さったことによる「僕も重なるところがあるのかな?(自分も同じようにゼロにイチを積み重ねられるのでは!)」という希望感。一読の価値がある‼︎

  • 失敗してもたかが知れている、ゼロになるだけだという言葉に勇気付けられた。ホリエモンが努力の人だということは初めて知った。ゼロにイチを足していく、足し算しか最初はできない。その足し算はどういう風にやっていけばいいのか、そこを考えなければいけない。そう、たくさん考えなければいけない。思考停止の状態にはなりたくない、というところには共感しつつも、考え続けるのは簡単ではない、と思った。

  • ・アイデアは頭の中からひねり出す時代から、インターネットで検索し、組み合わせる時代になっている。
    ・スピードと実行力
    ・飽きっぽい人の持つ「惚れる力」はスピードと実行力の突破口になる。
    ・時間とは「命そのもの」タイムイズライフ
    ・「自分の時間」を生きるのか、それとも「他人の時間」を生かされるのかを常に意識化しておく必要がある。
    ・人生には「いま」しか存在しない。

  • いつでも「ゼロ」からスタートできる。
    毎日『今日の目標』を達成していこう。

  • ①著者の言いたいことは?
    ・理詰めの言葉だけでは納得してもらえない
    ・どんなに勉強しても変わらない
    ・自分を動かし、自由を手に入れるのは「働くこと」

    ②人生を豊かにする上で、取りれるべき点は?
    ・人生で最も多くの時間を投じる仕事を楽しみに変えろ
    ・できない理由ではなく、できる理由を考える
    ・「他者を信じること」は裏切られるリスクを引き受けること
    ・それで裏切られたからと言って不平不満を述べるのは筋が違う

    ③気づき
    ・無類の寂しがりやで、一人の時間はNG
    ・百科事典で成績アップ
    ・大学受験英語は単語がキーと気づく
    ・8時間寝ている
    ・学生時代、「堀江はキョドっている」と言われていたが、30代の中盤で女の子と普通に話せるようになった
    ・人生は小さな選択の積み重ね
    ・悩む⇒複雑になる
    ・考える⇒シンプルになる

  • 「ゼロから一つひとつ積み重ねていく」、とても良い言葉だと思う。初めて堀江氏を見たとき「頭の良さそうだろうけど不器用そうな人だなぁ」という印象を持った。過度な英雄視や悪者扱いに違和感を感じてきた。本書を読んでその違和感がやっと解けた気がする。彼は素直なのだ。それも異常に。素直すぎて嘘がつけない。だからプログラムなど自信があるものは輝き、自信がない部分は虚勢を張っているように見えてしまう。傍目には唯我独尊に見えるが、本人曰く異様な寂しがり屋なのに依存心を満たせない焦燥感が、良くも悪くもこれまでの原動力に繋がったのだろう。逮捕直前は「マイナス」だったんじゃないかと思う。そしていまやっと「ゼロ」になったように思える。

    堀江氏が再び表舞台で、それも深みのある人物として活躍する日も近いかもしれない。

  • ★5では足りないぐらい、すごくすごくいい本だった。
    ずっと突っ走ってきた人の言うことなので、説得力がある。
    働かなければ…!って思うことができた。
    フットワーク軽く、これから生きていきたい!

  • テクノロジーが世界を変えるの章だけで、本題以上の価値があるのではないか。

    この本を読んで感じたのは、まず、ニュースや他者の話など含めた全ての情報を他人事と思わないことだ。
    自分じゃできっこないと思うのではなくて、自分でも出来る、もしくはやりたいと思うことでもっと色々なことに興味を持つことが出来るのではないかと思いました。

    そして、自分で足を踏み出して行こうという本!
    読みやすく面白かったです!

全915件中 1 - 25件を表示

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくに関連するまとめ

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくを本棚に「積読」で登録しているひと

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくの内容

誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。
失敗しても、またゼロに戻るだけだ。
決してマイナスにはならない。
だから、一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。

堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?
ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。

【目次】
第0章 それでも僕は働きたい
第1章 働きなさい、と母は言った──仕事との出会い
第2章 仕事を選び、自分を選ぶ──迷い、そして選択
第3章 カネのために働くのか?──「もらう」から「稼ぐ」へ
第4章 自立の先にあるつながり──孤独と向き合う強さ
第5章 僕が働くほんとうの理由──未来には希望しかない
おわりに

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくの作品紹介

「誰もがゼロからスタートする。失敗してもゼロに戻るだけで、決してマイナスにはならない。だから一歩を踏み出すことを躊躇せず、前へ進もう」――なぜ堀江貴文は、逮捕されてすべてを失っても希望を捨てないのか?
彼の思想のコア部分をつづるのが『ゼロ――なにもない自分に小さなイチを足していく』である。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくに関連するサイト

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくはこんな本です

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していくのKindle版

ツイートする