嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 12157人登録
  • 4.25評価
    • (1851)
    • (1299)
    • (535)
    • (127)
    • (36)
  • 1456レビュー
  • ダイヤモンド社 (2013年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478025819

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えの感想・レビュー・書評

  • アドラー心理学はこれまでのフロイトやユングに代表される「原因論」(因果律)ではなく「目的論」の立場をとる学問です。心理学というカテゴリーにありながら哲学と並べられるアドラーの教えを青年と哲学者の問答で解説する。考え方は頷けるがなかなか自分のものにするのは難しそう。常に意識し一つでも前に進むことが大切なんだなぁと感じる。続編の幸せになる勇気も読んでみよう!

  • 自分が信頼する方から「まず読んでみて」ともらった本。

    以前からアドラー心理学には興味があって、別の本も読みましたが、「目的論」に納得いかず断念。

    こちらの対話式の本を読んでようやくなんとなく
    わかってきたような・・

    自分の人生における問題点と原因が書かれていました。
    あまりに青年と自分の考えが重なって、この青年に
    共同体感覚w

    世の中承認欲求だらけ、(私も含め)縦の関係で人を見る人が多い(中には横の関係で考えてるだろう素敵な方もいるのもわかってます)モヤっと&グサッときてダメージくらう。
    こう感じちゃうのはまさに人生を難しくしてるってことなんでしょうね。

    これを読んで、他の方の考え方を癖を知りたくなりました。
    レビューも人それぞれで面白い。
    同じ状況でどう感じるか話合ってみたい。

  • ヨガの考え方を少しずつ最近勉強し始めている私には、考え方の共通点がたくさんあるような気する。
    どちらも自分の毎日の人生をより良く生きていく大きな思想と、それを支える小さなヒント。

    どうしても自分の嫌いな人に読ませて態度を改善させたいと思うのは、まだまだ私も「課題の分離」が出来てないからなのだなあと思う。

    私が覚えておきたいのは、以下です。

    ・トラウマは存在しない
    ・人は怒りを捏造する
       これで私は今の自分を親や人のせいにできなくなる。

    ・ダンスするように生きる
      人生とは連続する刹那である。今、この瞬間をクルクルとダンスするように生きる

    ・真剣かつ丁寧に生きる
      深刻ではなく、真剣に。 

    ・人はみんな、自分の仲間である。

  • あまりにも流行りすぎたものは、時間が経つと、どこか半笑いのちょっとした照れを忍ばせて語りたくなる。私があまのじゃくでカッコつけだからだな。
    でもこの本にはやっぱり大事なことが書いてある。しかも以前読んだときとは違うところが気になったから、時間が経って私のこころも動いているんだろう。

    ずっと自分にツッコミ続けてきた「(人に頼まれたことでなく)自分のためだけに動くのは何でこんなに難しいのか?」とか、トライしながらも自己嫌悪の原因になってしまう「誰の前でもそのまんまの自分でいたいなぁ」という気持ちへのヒントもたくさんあって何度もはっとした。1度目私はちゃんと読んでたんかいな?と思うくらい。
    岸見さんのほかの本も、機会を見つけてまた読んでみたい。

  • 「いま、ここ」をいきる
    2017/5/20 読了

  • この本が一番自分をパワフルにする。みんな同じでないけれど平等。相手のために良いと思ったことをやり続けるだけだ。迷ったたびに読むことにしている。

  • 読了。

    「いま、ここ」を生きろって話。

    私も含め多くの人が自意識過剰で劣等感を抱いて生きていると思うが、本書を読んで今の時点では多少その考えが緩和された気がする。

    今まで抱いてきた感情なので簡単に捨てることはできないけど、自分のために良く生きることを選択していけば、いつか幸せになっているのかもしれない。

    「いま、ここ」を精一杯生きてみようかなと思えた。
    (170518)

  • 青年と哲学者の対話形式で「アドラー心理学」について分かりやすく書かれていて、すぐ読み終えられる一冊!「嫌われる勇気」とあることから、嫌われる事を恐れるな!ということだけが書かれていると思われがちだが、それだけでなく人生を幸せに生きるためには、どう行動していけば良いのか様々な観点から2人の会話が繰り広げられている。
    「ヒトの全ての悩みは対人関係にある」とはどういうことなのか、「他者の課題を分離せよ」とはどうすることなのか、読み終えた時、あなたのものの見方がほんの少し変わるかもしれません。


    本館3階東閲覧室(人文系)146.1||Ki 、蔵本2階
    中央閲覧室 146.1||Ki
    9784478025819
    Luc

  •  凄く有名な作品。物は試しと読んでみました。が、なんか、……わたしには合わなかったです。考え方とかは良いなと思ったのですが、その、対話形式の部分に何やら引っ掛かりを覚えまして。
     ほら、若者は苦労が足りない!とか、そんな事くらいで!とか言う世代が垣間見えて。対比を出すためにこういった形になったのかもしれませんが、なんか……違う。

  • この本を読んでいちばん良かったのは、この本が平積みになってベストセラーになるってことは、意外とみんなもくっだらないことで悩んでるんだなと言うことがわかって共同体感覚を得られたことです。
    えっ、その感覚ゆがんでますか?そうですか。

    このタイトルは秀逸ですね。センセーショナル。でも嫌われる勇気を持つことがテーマなわけじゃなくて、自分のタスクと他人のタスクを分けましょう、嫌われたとしても誰かが自分を嫌うのはその人の問題だから思い煩わずに自分にフォーカスしましょうってところがメッセージ(多分)。同様に褒められることも期待しなさんな、あなたは生きてるだけでこの世界の何かに貢献してるんだから、その貢献感と今ここにいることを大事にしなさい、みたいな話でした。
    承認欲求が強い私には簡単に変えるのは難しいけど、まあ言いたいことはわかる本でした。2、3度くらいは読み直したほうがいいかもなので年末あたりにまた読んでみます

  • 「アルフレッド・アドラー」、フロイトやユングの名前は聞いた事あるけどアドラーは聞いた事無いという人がいるのではないでしょうか。僕もその一人なのですが、この本は青年の哲人の対話形式でアドラーの思想を判り易く書かれている本です。冒頭で青年が哲人の”世界はどこまでもシンプルである”と言う事について訊ねますが、読み終わる頃にはこの言葉が理解出来ます。どんな意味なのか予想しながら読んでみて下さい♪

  • 【内容】
    人生を幸せに生きるための考え方

    【面白かった点】
    自分にできることと自分ではできないことを分けて考える思考
    また、その上で、できる範囲をやりきる考え方
    他人との競争は行わず、自己と競争する考え方

    【使ってみたい点】
    面白かった点に同じ

  • 面白い!
    自分が、考えていることが角度を変えて見える本だと思います。

  • アドラー心理学を対話形式でわかりやすくまとめた本

    具体的行動
    ・自分の行動の中で、周りを気にしているために出来ていないことを書き出す
    └書き出したら内容についての具体的改善策を1つ実行する

  • なんだっけか?
    自己中でいいじゃんってほんだったような。

  • 「嫌われることを気にしているようでは人のレールの人生のまま。嫌われる勇気を持って、自分の人生を生きろ。」というメッセージの本。
    目的論で自分の人生を見つめる視点は無かったので、ここは非常に勉強になった。確かに「時間がない」とか「能力が無い」とかって大抵が言い訳で、無意識のうちに楽しようとしている自分の方が先行しているなーと。
    対話形式で分かりやすく分解してくれているので、哲学や理想的な話が苦手な人でも問題なく読了できると思う。

  • 2017.4.30-5.2
    青年は幼い頃から自分に自信が持てず出自や学歴、さらには容姿についても強い劣等感を持っていた。そのおかげで過剰なほど他者の視線を気にしてしまうところがあった。
    ・ライフスタイル(性格、気質、世界観、人生観)は先天的に与えられたものではなく、自分で選んだものであるから再び自分で選び直すことが可能。これまで通りのライフスタイルを選び続けることも新しいライフスタイルを選び直すことも全ては自分の選択次第。人はいつでもどんな環境においても変わることができる。
    →変われないでいるのは、自らに対して「変わらない」という決心を下しているから。新しいライフスタイルを選択する、変わる勇気が足りていない。
    ・人は常に自らのライフスタイルを選択している

    ◆どうすればライフスタイルを変えることができるのか?(具体的な方策)

    1.今のライフスタイルをやめるという決心

    ・アドラーの目的論
    「これまでの人生に何があったとしても今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない。自分の人生を決めるのは「いま、ここ」に生きるあなた次第」

    ・なぜあなたは自分が嫌いなのか?なぜ短所ばかり見つめ、自分を好きにならないでおこうとしているのか?
    「他者から嫌われ、対人関係のなかで傷つくことを過剰に恐れているから」
    →あなたの目的は「他者との関係のなかで傷つかないこと」

    ・「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」
    ・われわれを苦しめる劣等感は「客観的な事実」ではなく、「主観的な解釈」である。問題は、その客観的な事実に対して自分がどのような意味づけをほどこすか、どのような価値を与えるか
    ・健全な劣等感とは、他者との比較の中で生まれるものではなく、「理想の自分」との比較から生まれるものである。今の自分よりも前に進もうとすることにこそ、価値がある
    ・人は誰しも違っている。その「違い」を善悪や優劣と絡めてはいけない。どんな違いがあろうともわれわれは対等である。「全ての人間は同じではないければ対等」
    ・幸せそうにしている他者を心から祝福することができない
    →それは対人関係を競争で考え、他者の幸せを「自分の負け」であるかのようにとらえているから祝福できない
    →しかし、一度競争の図式から解放されれば誰かに勝つ必要がなくなる。「負けるかもしれない」という恐怖からも解放される。他者の幸せを心から祝福できるようになるし、他者の幸せの為に積極的な貢献ができるようになる。その人が困難になった時、いつでも援助しようと思える他者。それは自分にとって「仲間」と呼べる存在
    ・「世界の人々はわたしの仲間である」と実感できていれば世界の見え方は全く違ったものになる。世界を危険な場所だと思うこともなく、不要な猜疑心にかられることもなく、世界は安全で快適な場所に変わる。対人関係の悩みもなくなる
    ・勝ち負けにこだわっていると正しい選択ができなくなる。道を間違えてしまう。競争や勝ち負けの眼鏡を外してこそ、自分を正し、自分を変えていくことができる。
    ・どうして他者を「敵」だと見なし、「仲間」だと思えないか。それは勇気をくじかれたあなたが「人生のタスク」から逃げているせい
    ◆アドラー心理学の人間の行動面と心理面のあり方(目標)
    〈行動面〉
    ・自立すること
    ・社会と調和して暮らせること

    〈心理面〉
    ・「わたしには能力がある」という意識
    ・「人々はわたしの仲間である」という意識

    ◆アドラーの「人生のタスク」-対人関係を軸-
    ・仕事のタスク
    ・交友のタスク
    ・愛のタスク

    ・われわれは「他者の期待を満たす為に生きているのではない」他者の期待など満たす必要はない

    ・他者からの承認を求め、他者からの評価ばかり気にしていると、最終的に他者の人生を生きることになる。
    →承認されることを願うあまりに他者が抱い... 続きを読む

  • 嫌われる勇気 自分を変えることができるのは、自分しかいない。 他者はあなたの期待を満たすために生きているのではない。 アドラー心理学は放任主義を推奨するものではない。放任は子供が何をしているか知らない、知ろうともしないこと。そうではなく、子供が何をしているか知った上で、見守ること。勉強に関しては、それが本人の課題であることを伝え。もし本人が勉強したいと思った時はいつでも援助する用意があることを伝えておく。けれども、課題に土足で踏み込むことはしない。課題を分離すること。対等な横の関係を築くこと。 他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを恐れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫くことはできない。 幸福とは貢献感である。 われわれは今ここにしか生きることができない。今できることを真剣かつ丁寧にやっていくこと。 より大きな共同体の声を聞け。

  • タイトルからして、「他人の目を気にせず自分の好きに生きよう」というありがちな内容かと思ってたんだけど、実際読んでみるとアドラー心理学のアカデミックさを正統にわかりやすく会話形式で書いている本でした。

    売れているのも納得。

    日本では引きこもりや少年犯罪などは過去のトラウマが理由とする原因論がメインだけど、アドラー心理学では、そういう行動は親の気持ちを独占したいからとか、注目を浴びたいからという目的論で説明できるとしている。

    読み進めれば読み進めるほど、なるほどと納得してしまう内容。もちろん心理学の1分野なので、どの理論が正しいかなんて性善説と性悪説のどれが正しいかと同様に答えが出ないものなんだけど、物事を違った角度から見てみる勉強という意味でも読んでよかった本です。

  • 大好きな本。読みやすくて、勉強になって、初めて活字で3回か4回も読んでいる。
    この本アドラーが言っていることは全て自己がそのようにさせているということ。
    それらはわかるけど正しいと思うけど、実行できるも出来ないも本人の努力次第なんじゃないかって視点を聞いたときなるほどなと思った。

  • 自己受容、他者信頼、他者貢献

  • オーディオだけで聞いていたが、興味深かった。
    ただ、音声では完全理解は難しいので、本まで買って読んだ。

    今までの人生でだいたい知っている内容だったが、こういう風にまとめられているのはありがたい。
    名著だと思う。
    凄まじく売れたのは納得がいく。
    今も読まれ続ける古典になかなか現代書籍は勝つことが出来ないが、遂に一冊その歴史に長く残るであろう名著が誕生したと言って良いと思う。
    文句なしの★5つ。

全1456件中 1 - 25件を表示

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えに関連する談話室の質問

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えに関連するまとめ

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えを本棚に「読みたい」で登録しているひと

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えを本棚に「積読」で登録しているひと

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えのKindle版

ツイートする