アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

  • 1529人登録
  • 3.90評価
    • (119)
    • (176)
    • (101)
    • (25)
    • (3)
  • 153レビュー
著者 : 小倉広
  • ダイヤモンド社 (2014年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478026304

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◎アルフレッド・アドラーはフロイトやユングとも並び称される心理学の巨人でありながら、日本での知名度は低い。しかしながら『7つの習慣』や『人を動かす』をはじめコーチングやNLPの源流でもあり、いわば「自己啓発の父」とも呼べる存在だ。 そんなアドラー心理学を「超訳」し、名言集としてまとめ、わかりやすく具体的な例とともに解説する。 幸せの答え
    【目次】すべてあなたが決めたことー自己決定性について/
    そのままの自分を認めよー劣等感について/感情には隠された目的があるー感情について/性格は今この瞬間に変えられるーライフスタイルについて/あらゆる悩みは対人関係に行き着くーライフタスクについて/家族こそが世界であるー家族構成について/叱ってはいけない、ほめてもいけないー教育について/幸せになる唯一の方法は他者への貢献ー共同体感覚について/困難を克服する勇気を持てー勇気について/他人の課題を背負ってはいけないー課題の分離について

  • 理解しづらい。
    苦しみから抜け出す方法はたった一つ。他の人を喜ばせることだ。自分に何ができるかを考え、それを実行すればよい。

  • あらゆる困難を取り除く助けとなるような統合的視点が存在する。それは共同体感覚を発展させるような視点である。
    「他者は私を援助してくれる」「私は他者に貢献できる」「私は仲間の一員である」
    この感覚がすべての困難からあなたを解放するだろう。

  • 「アドラーの赤本」と勝手に呼んでます。
    (ちなみに、売れまくった『嫌われる勇気』は「青本」)


    ○○学というのを学んでいた頃は、
    もう10年以上も前になるのでエラそうなことは書けないのですが、アドラー心理学というよりは、アドラーの言葉を借りたメンター的自己啓発本といった雰囲気。
    なので、とっつきやすいですよ。

    嫌われる勇気はまだ読んでいないので、
    想像でしか書けないのですが、装丁やナナメ読みをした感じでは、こちらのほうが日々の暮らしにするする溶け込むような。

    20代〜30代の子育て、
    働き世代に響くモノがあると思います。


    以下、抜粋。

    ・遺伝もトラウマもあなたを支配してはいない。
    どんな過去であれ、未来は「今ここにいるあなた」が作るのだ。

    ・To be a human means to feel inferior.
    人間であるということは、劣等感を持っているということである。


    ・ジュースがこぼれてもいいではありませんか。子供が自信を失うほうがはるかに取り返しがつかないことだとは思いませんか?こぼしてもいい。やらせるのです(小倉氏解説)。

  • ◯出会い
    樺沢紫苑さんの「読んだら忘れない読書術」の中でのご紹介。

  • 「嫌われる勇気」のアドラーをさらに噛み砕いてわかりやすく書いた感じ。とても良かったです。自分の人生は全てにおいて自分自身の選択の結果であるということ、だからどんなことでも他人や環境のせいには出来なくなる。非常に共感・出来ます。

  • 嫌われる勇気はまだ読んでいないが、こちらの方がアドラーの名言がうまくまとまっていて読みやすかった。
    黄色のマーカーペンがすでに引いてあるのが難点。

    アドラーの言葉は何度も頭を金づちで殴られたような衝撃を受ける。でもそこには、自分を見つめ直すためのキラキラとしたヒントが隠れている。

  • 何度も読み返したい本。
    今夏に読了してから、もうすでに2回読み返しました。
    年内までにもう一度読み返そうと思っています。

    装丁がきらきらと輝いていて、その本を持つだけでも、装丁を眺めるだけでも力が湧いてくる感じがします。

    一つの項目に対する内容が見開き2ページなのと、重要部分に黄色の線が塗られているので、とても読みやすいです。

    目からウロコというのは、こういう事なのかも!
    と、初めて実感しました。

    今後も時間を空けて、何度も読み返したいです。
    そして、刷り込ませたい(´◡͐`)

  • 何度も読みたくなる本。
    デールカーネギーやスティーブンコーヴィーとはまた違った心理学からみる自己啓発。
    心理学をもとに書かれており、自分の感情の奥底を見抜かれる感じがある。納得できてしまう。
    ・何を持って生まれたれではなく、与えられたものをどう使うか。
    人生が困難ではなく、自分でそういう人生を決めて作っている。
    ・人はそれを変えることはできないが、どのような気持ちで受取、どのような意味づけをするかそれは自分の選択
    ・相手を変えるのではなく自分がかわる
    ・自分を認める勇気
    ・感情に支配されず、使う。
    ・性格は変えられる。
    ・あらゆる悩みは対人関係
    ・幸せになるには他者への貢献

  • 2014.03.30

    アドラー心理学関係の本は2冊目。

    嫌われる勇気以来、改めて読んでみると自分の行動がアドラー心理学とほぼ反対のことをしてると思った。

    読んでてつらいくらいに。。

    頭では理解できてるから、
    人と話したり、嫌なことがあったり、普段何気無く過ごしてるときなんかに、一回アドラー心理学にあてはめて冷静に判断してみるようにしよう。

    まずは課題の分離から。

    10年後33歳のときにはマスターし終えて完全にハッピーな人生になっているはず。
    いま知れてほんまついてる。

    自分が変わろう。

全153件中 1 - 10件を表示

小倉広の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉に関連する談話室の質問

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉を本棚に「積読」で登録しているひと

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉の作品紹介

世界はシンプルで、人生は思いどおり-フロイト、ユングに並ぶ心理学の巨人が出した「幸せの答え」

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉のKindle版

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉のAudible版

ツイートする