まっすぐ バカ正直に やり続ける。

  • 47人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 豊崎賢一
  • ダイヤモンド社 (2014年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478027394

まっすぐ バカ正直に やり続ける。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015/7/20

  •  現在の日本で愚直に物事を進めるのがいかに難しいのかがよくわかる。商売というものはそう単純に行えるものではないのだが。ある面では単純に考えなければうまくいかないこのバランスが大切なのだろう。


     長く商売するには、真面目に正しくやらなあかん
     お客様を驚かせたとき、「値打ち」が生まれる
     お客様に「利」を返し、従業員に「利」を返す。その結果、会社にも「利」が回る。この循環こそが経営
     「できん、できん」言うな。難しいことを、なんとかするのが「仕事」や。
     不利な条件にこそ、チャンスはある。
     「感情」が伴ったとき、「戦略」は動き出す。
     商売のルールは、お客様のためにある。
     喧嘩はしても、絶対に「敵」はつくらない。
     「求める品質」をパートナーに徹底的に伝える。「うるさい」と思われるくらいで、ちょうどいい。
     小さな工夫をひたすら積み重ねることで、圧倒的な「強み」が生まれる。
     「品質」のためには、「効率」も犠牲にする。
     「いい仕事がしたい」その思いで繋がる信頼こそ財産
     「当たり前」のことを、徹底的にやり続けることで、揺るがない「値打ち」が生まれる。
     「作業」ではなく「仕事」をする。
     まず、小さく試せ。
     値段を下げて、品質を上げることに意味がある。
     行動ほど雄弁なものはない。
     異質な者との軋轢が、成長を促す。
     あきらめるな、必ず解決策はある。
     商売は「生き物」「1+1」が「2」になるわけではない
     しょせん、ひとりでは何もできん。困ったら、素直に助けてもらえ。
     居心地が良いだけの場所では、成長が止まる。
     「数字」を追えば、「数字」を失う。
     社内で対立するな。会社を悪くしようとしている人間は一人もいない。
     「値下げ」で勝てば、「値下げ」で負ける。
     次に活かさなかったとき、「失敗」は「失敗」になる
     商売は「人」がすべて。
     仕事の時は、「役者」に徹する。
     意識を変えれば、人生は変わる。
     「自分は少し足りない」と思う人ほど、うまくいく。
     無関心ほど、人を傷つけるものはない。「ちゃんと見てますよ」というサインを送り続ける。
     人は常に、サインを発信している。それを感じ取る力を育てる。
     本気でぶつかるから、信頼関係は生まれる。
     人は「大事にされている」と思えたとき、はじめてお客様を大事にできる。
     「なぜ?」の繰り返しで、「本質」に至る。
     コケるときには、前のめりにコケろ。
     「商品」はマネできても、「心」はマネできない。
     「お客様」と「従業員」に愛される会社になる。

  • 2014/8/25

全3件中 1 - 3件を表示

まっすぐ バカ正直に やり続ける。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まっすぐ バカ正直に やり続ける。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まっすぐ バカ正直に やり続ける。の作品紹介

仕事は、うまくやろうとするな!一軒の寿司屋を1200億円企業に育てた「38の教え」

まっすぐ バカ正直に やり続ける。はこんな本です

まっすぐ バカ正直に やり続ける。のKindle版

ツイートする