組織が動くシンプルな6つの原則---部門の壁を越えて問題を解決する方法

  • 92人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : 重竹 尚基  東海林 一 
  • ダイヤモンド社 (2014年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478027486

組織が動くシンプルな6つの原則---部門の壁を越えて問題を解決する方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 概念的過ぎるのとアカデミックな内容過ぎて頭の中に入ってこない。

  • 冒頭から、煩雑と繁雑の違いがわからない人が訳したと思うと、全てを読む気が失せてしまった。

  • 12/18

  • ■書名

    書名:組織が動くシンプルな6つの原則---部門の壁を越えて問題を解決する方法
    著者:イヴ・モリュー、ピーター・トールマン

    ■概要

    マネジャーが抱えるトラブルは、一問一答で解決するほど簡単では
    ない。
    みなそれぞれに一生懸命に考え、合理的な行動をとっていても、全
    体として大きな不具合に発展しているからだ。
    そしてそれが顧客を怒らせ、現場を困らせ、マネジャーの悩みとな
    って帰ってくる。なんという悪循環!

    業務プロセスや組織体制、報酬制度を変えればいい、とあたかも簡
    単に言う人がいるが、ハードだけいじったところで、何も変わらない。
    それどころか、単に混乱を深めるだけという、どうしょうもない事態に陥る。
    本当は、それぞれの部署、現場の仕事の背景、コンテクスト、つま
    り組織のソフトの部分を理解しなければ、真の原因はつかめないのだ。

    必要なのは、他の部門に、他のメンバーに対する際の、原理原則で
    ある。シンプルな6つのルールを把握すれば、行動が変わり、リア
    クションが変わる。
    (From amazon)

    ■気になった点

    ・失敗を責めるな。救いの手を差し伸べなかったもの、救いを求めな
     かったものを責めろ!

  • 戦略ゴールの多様化に追い付かない企業の実態を踏まえ、組織を動かすための「シンプルな6つの法則」をBCGが提示。言わんとするところはよく分かるが、原書の翻訳ということもあってか、解決策の具体的なイメージが湧かないところが少しつらい。

全5件中 1 - 5件を表示

組織が動くシンプルな6つの原則---部門の壁を越えて問題を解決する方法を本棚に「積読」で登録しているひと

組織が動くシンプルな6つの原則---部門の壁を越えて問題を解決する方法の作品紹介

なぜ仕事は、業務プロセスは、こんなにも複雑に絡み合っているのか?BCGが提示する新たな解決策。部門の壁を越えて組織をスムーズに動かすために必要な、シンプルな原則。

組織が動くシンプルな6つの原則---部門の壁を越えて問題を解決する方法はこんな本です

組織が動くシンプルな6つの原則---部門の壁を越えて問題を解決する方法のKindle版

ツイートする