新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信

  • 185人登録
  • 3.62評価
    • (7)
    • (21)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 竹川美奈子
  • ダイヤモンド社 (2014年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478027622

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ロバート キヨサ...
池井戸 潤
デール カーネギ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信の感想・レビュー・書評

  • 株式と債権は補完するような値動きをする
    4つの資産の中で長期を見据えるなら複数の地域に分散投資する新興国のインデックスファンドを組み合わせるとよい
    同じカテゴリの資産に偏らせない
    ■グローバルバランス型チェックすべき点(手数料が高め
    投資対象、資産配分(資産配分決定のプロセス)、運用スタイル(パッシブorアクティブ)、手数料、運用実績

    手数料が安いか、純資産総額が順調に増えているか、指数(ベンチマーク)の動きと同じように動くか

  • [図書館]
    読了:2017/7/26

    働いてる間の積み立てだけでなく、リタイア後・目標金額に達した後・取り崩しながら使って行く時のこともしっかり書いてあるのが良かった。

    「最大の味方は『時間』」
    リタイア後も運用するなら10年以上運用できる余裕資金がある場合ならやっても良い

    リタイア間近で世界的に株が急騰などどなったら、8割程度解約して安全資金にシフトするという選択肢もある。「リタイア直前に大きく下落して資産を大きく減らしてしまった」という場合もある。リタイア間近だとリカバリするのがかなりきつくなる。
    積立投資はあとになればなるほど運用金額が増えて行くため、最後に上昇するようなパターンには強いが最後に大きく下落するパターンには脆弱である。

    「運用報告書の見方」は説明が雑だと思った。

    資産総額が少ないうちのリバランスは、解約せずに「買い」だせで資産の比率を調整する方が良い。売るときに税金がかかるため。

    取り崩すときは、「一定率」で1年あるいは半年に1回解約すると、投資環境が悪くて元本が減っている時に解約額を抑え、結果的に長持ちする可能性が高くなる。

    貯蓄預金?

  • 分散投資
    購入手数料のないもの
    ドルコスト平均法
    分配がなく、
    複利で長期運用すること

    初心者なので。勉強になります。

  • 前作は前に読んだ。最近イデコに興味を持ち始めたところに古本屋で売っていたので購入。たぶん前作と主張するところはほとんど同じ。NISAとかが付けたされたくらいかな。
    正直真新しさはあまり感じなかったけど、やっぱり良心的な内容だと思う。イデコを始めるときも本書の内容を大切にしたい。

  • インデックス投資の大切さを教えてくれる本。

  • 投信をはじめるにあたって読むべき一冊。
    確定拠出年金はじめる時にも読んでおけばよかった。

  • わかりやすかった。
    今まで何冊も投資信託の本を読んできた。やっとわかってきた気がする。

  • 今一度投資信託についての復習

    前半は買ってはいけないもの
    後半はどのような商品をかったら良いか、NISAも含めながら具体的に説明している。

    基本的なことだがとても大切。

  • 2007年に出版された『投資信託にだまされるな!』に続いて読んだ。
    手数料のない/少ないインデックス投信をドルコスト平均法で毎月購入する方法を推奨されていて納得。
    この『新・…』を読めば前作は読めずとも良い。
    やはり投資関連では良心的な本だと思う。
    著者のお人柄が偲ばれる。

    ★メモ★
    手数料は投信情報サイト「モーニングスター」で調べる。

  • 旧版にNISAの話とかが加わった内容。
    繰り返される主張の根拠も絶対的なものではなく、インデックス投資というのも、数ある手法の一つと冷静に捉えるようにしたほうがいいと、同じ著者の本をいろいろ読むうちにふと思った。

  • 日本株、外国株、日本債券、外国債券のインデックスファンドに分散投資する。
    基本、インデックスファンドが初心者にはお勧めとのこと。
    具体例も説明されていて参考になった。
    これから投資信託を購入しようという人向きの本かな。

  • 複雑で、理解できない商品は購入しないというのが投資の原則
    日本を含む、世界の株式や債券に幅広く分散投資を行うことで、長期的に安定した運用を目指す。

  • 竹川先生の投資信託の指南本。前作までと、大きなアプローチは変わっていません。毎月分配やテーマ型など、窓口で勧めらる商品の現実を訴えます。王道な長期分散や、インデックスファンドを推奨するのも、正直、面白味は欠けますが、素人が投資を行う上では、ベストな選択だと理解できます。投資信託に騙されたくない方には、教科書として手元に置いておくのが良い一冊だと思います。

  • 「新」じゃない前作も読みましたが、基本的な内容は変わりません。具体的にオススメの投資信託を挙げていますが、それが変わったくらいかな? あとはNISA絡みの話ですね。
    個人的には前作を含めた複数の著書などを参考に、インデックスファンドを定時定額積立していました(事情により今は凍結中)。アベノミクスとやらの恩恵はそこだけに現れていますが、数年前までは大幅なマイナスでしたので、それを受け入れられる人にしか投資は勧められないと言う事ですし、そもそも勉強もしていない人が投資商品に手を出してはいけないと言うことが大前提です。
    なのに――自分の親が「だまされていた」のは愕然としました・・・言っても聞かない人なので、何気なくこの本を置いておきました。
    金融機関に頼らなければならないくらい知識のない人は、素直に預貯金か個人向け国債にしておきましょうね。

  • 投信の選び方や投資家、販売会社、運用会社、管理会社の関係、どこで手数料がかかってくるのかなど、非常にわかりやすく、これから投資信託を始めようとしている人には手にとってみる価値はあると思う。
    30代から毎月少額ずつ投資し、60歳までに老後資金を増やしていければ理想なのだろうな。

  • 初心者にも分かるように丁寧に解説。手数料の安いファンドのレナども載っていて参考になる。

全20件中 1 - 20件を表示

竹川美奈子の作品一覧

竹川美奈子の作品ランキング・新刊情報

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信の作品紹介

日本の投信は問題だらけです。金融機関で配布されるきれいなパンフレットや親切そうな営業トークにだまされてはいけません。人気の投資信託にはプロの仕掛けた巧妙なワナがたくさん隠されています。広告例を通じて「投信のワナ」の見破り方を解説し、その後に、数少ない良質な投信の使い方をやさしく解説。

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信はこんな本です

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信のKindle版

ツイートする