決める――すべてを一瞬で判断できるシンプルな技法

  • 204人登録
  • 3.59評価
    • (9)
    • (17)
    • (17)
    • (6)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 花塚 恵 
  • ダイヤモンド社 (2015年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478029589

決める――すべてを一瞬で判断できるシンプルな技法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • D3

  • Yotsuya

  • ペインタスクだけの人生から脱出しゲインタスク満載な人生を過ごさなきゃ。
    不安ではなく欲求を自分のエネルギーにしよう。

  • バシバシと言い切っている文章が小気味良い。

  • 人の動機には「ほしい」のか「避けたい」2種類しかない。
    ゲイン:利得を得たい
    ペイン回避:損失を回避したい

    ゲインタスクに一切手を付けないく手も生活に支障はない。やってみたいことを成し遂げるという経験をしたことがなくても幸せで充実した人生を長く歩み続ける人はたくさんいる。この種のタスクをやり遂げるのはそれによってもたらせる結果を手に入れたいと望むときだけだ。とあるように、ペイン回避タスクをつぶすことは重要でそれが出来るだけでも素晴らしが、人生を豊かにするためにはゲインタスクに手を付ける必要があると思った。

    真の目的とは自分で決めたものであり自分が心から望むものである。自分で決めたからこそ自分にとっていつまでも重要であり、実現したいというモチベーションが生まれ続けるのである。

    優先順位を決める基準を「締切」から「結果」に変える事ができれば、前に進むこともモチベーションから生まれる結果を手に入れる事が出来る。

  • 実証的データはなく、自己啓発本で失敗したかと思った。しかし、決めるための技術をシンプルに記載しており、意外と参考になった。
    「やるべきことではなく、やりたい順に優先順位をつけて予定を組む」ということだけであり、やるべきこと(この本ではゴミ出し)に時間を割かれてしまうことが一番の問題であり、やりたいことを考える時間をも無くしてしまうとしている。またやるべきことは差別化にはつながらず、質を問われるものでもない場合は後回しにすべき。質を問われるやるべきことは余裕を持って取り組む。やりたいことがまず考える時間を少し作り、取り組んでいく。この積み重ねが差別化をうむ。

  • 締め切りがなく、やらなくてもよいことを「やることリスト」の第一、Aタスクにする。それこそが将来の果実につながるゲインタスク。一方で、やらなければマイナスになるリスク回避タスクは、誰かの評価があるものはBタスクとして余裕をもってスケジュールし、そうでないものはCタスクとしてぎりぎりまで先延ばしにする。
    予定を入れるカレンダーと、やることリストは今日のものと未来のものを分け、できる範囲、集中すべきタスクに取り組む。
    なるほどと納得するが、チャートや図表にまとめれば、もっとコンパクトかつ分かりやすいものになると感じた。
    15-157

  • タスクの優先順位の付け方は、これまで緊急度と重要度で決めていたが、そうするといつまでも「やらなきゃいけないこと」でTodoリストがうめつくされてしまう。いわゆるペイン回避しているうちに人生終わっちゃうぜというお話。

    自分のために大切なこと・なりたい自分になるためのタスクを優先していこう。好きな自分なりたいならば、タスクの優先順位を変えることが必要。

  • 20150705 ペインを回避するだけの毎日。後、定年まで10年を切るタイミングで言われると辛い。まだ遅くないというつもりで少しづつゲインタスクをして行こうと思った。作者はゴミ出しに何かトラウマがあるのだろうか?会う機会があったら聞いてみたい。

  • 自己啓発本だが、ごもっともで実践的。

    モチベーションの源は何かを得ようとするゲインと苦痛や損失を回避しようとするペインだ。人生をよくするためにはゲインを重ねていくことだが、このゲインタスクは緊急性がない、放っておいてもよい。ペインタスクは期限がある。ゴミ出しはしなければならないし、食事もとらないといけない。

    ペインタスクは誰かに委ねていかないとゲインタスクに取り組む機会がいつまでたっても得られない。

    優先順位をつけるにあたり、締め切りがいつか、を基準にしてはいけない。締め切りがあるものは、結局いつかやらないといけない。一ヶ月後の締め切りのものを当面放っておいても、一ヶ月後には優先順位が極めて高い、ということになる。基準とすべきは締め切りや緊急度でなく、それをすることによって得られる効果だ。このタスクを実行すると、自分の人生にどのような効果がもたらされるか、だ。

    先送りをして、締め切りギリギリまで延ばすことは時に意味がある。ただし、そのような状況下でなされることの質は低い。質を問われないタスクは先送りにしてもよい。メールのチェックや洗濯、ゴミ出しなど。Todoリストにはこういうことを入れる。

    カレンダーにはゲインタスクを入れる。生活の中にゲインタスクを組み込む習慣を付けないといけない。

全12件中 1 - 10件を表示

スティーブ・マクラッチーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
ジェームス W....
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

決める――すべてを一瞬で判断できるシンプルな技法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

決める――すべてを一瞬で判断できるシンプルな技法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

決める――すべてを一瞬で判断できるシンプルな技法のKindle版

ツイートする