21世紀のブランドを創る 「星乃珈琲店」誕生物語---超積極策によるドトール日レスグループの復活劇

  • 22人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 大林豁史
  • ダイヤモンド社 (2014年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478029671

21世紀のブランドを創る 「星乃珈琲店」誕生物語---超積極策によるドトール日レスグループの復活劇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ある時期から新宿でとても目につくなあと思っていたがあっという間に100店舗超えていた。現在新宿だけで4店舗もあった。どのようにして星乃珈琲店の店舗を展開していたのか以前から疑問があったのでこの本を読んだ。
    日本レストランシステムは多くのブランドを手がけている。

    ### 主なブランド

    - 洋麺屋五右衛門
    - OSLO COFFEE
    - 卵と私
    - 安心・安全・健康 さんるーむ
    - 牛たん焼き 仙台辺見
    - etc...

    日レスは不景気のときに土地を買い、そこに自社グループの店舗を出店している。そのため、大きな赤字を出している店は閉店し、別の業態のお店を出店することができる。星乃珈琲店は赤字で困っているお店の代わりに出店していた。失敗しても、もともと赤字のため大きな損失ではないようだ。出店のためのコストは掛かっているだろうがリスクをとらないと新しい利益を得ることができないからだろう。

    星乃珈琲店はコーヒーの味を大事にするブランド、コーヒーファーストのブランドだと書かれていて、その味をどのように決めるのかとても疑問に思ったが、会長の大林氏の好みで決めたようだ。コーヒーは嗜好品であり、最大公約数を狙っても仕方がないという理由だ。大事な決定をトップが独断で決めれるのはとても大きなことだなあと思った。

    あと、借地借家法のこと全然知らなかったので面白かった。法改正があり、貸し手が強くなった。定期借家での契約になり契約が満了した場合は更新するかどうかは貸し手側が決めることができる。そうなると、内装にコストをかけて長期でお店を開けたくても開けれない。また、契約が切れるときには原状復帰を求められるので飲食店は向かないとのこと。

    このような知識はなかったので今後ショッピングモールの飲食店の見方が変わりそうだ。
    思い出してみると、ショッピングモールにドトールコーヒーが入っているのを見ないようなきがする。コーヒーショップの多くはスターバックスとタリーズコーヒーだ。また、ドトールの客層が違うからというのもあるのかもしれない。

    星乃珈琲店のメニューはかなりの頻度で入れ替わっているのも面白かった。新店舗をオープンするときに新しいメニューを試し反響が良ければ他の店舗に展開する。また、同じグループのレストランのノウハウがあるため一からメニューを考えなくても上手に作るノウハウがあるところも面白い。小さく試して大きく展開するのはどの業界でも通じるのだと思った。

    星乃珈琲店のスフレパンケーキを久しぶりに食べたくなった。

  • 価格が安い時に好立地の土地を取得し、後はそこにどういった店舗を載せるか。
    時代に合わせて、不採算ブランドの店舗をつぶし、新しい業態を次々と開発していくことが飲食店業界における勝ちパターンの一つ。また、それを実現するためには、グループ内に様々なリソースを確保しておくことが重要。

  • 最近よく目にするようになった星乃珈琲の誕生から現在までの記録が書かれている
    飲食業界は入れ替わりが激しく、人口減の影響をもろに受ける。
    トライアンドエラーの精神で業容を変えていく日レス。
    面白い会社ですが、今後は後継の方がどのような姿勢で取り組んでいくのかにかかっているように思います。

全3件中 1 - 3件を表示

大林豁史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
又吉 直樹
齊藤 孝浩
小保方 晴子
クリス・アンダー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

21世紀のブランドを創る 「星乃珈琲店」誕生物語---超積極策によるドトール日レスグループの復活劇を本棚に「読みたい」で登録しているひと

21世紀のブランドを創る 「星乃珈琲店」誕生物語---超積極策によるドトール日レスグループの復活劇を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

21世紀のブランドを創る 「星乃珈琲店」誕生物語---超積極策によるドトール日レスグループの復活劇の作品紹介

だから、私は「星乃珈琲店」を立ち上げた。創業から35年目にして初めて対前年比100%を切った。翌月には85.5%まで落ち込んだ。-私は逆転の発想、新たな可能性に思い当たった。準備されたシナリオどおりに事を進めたのではなく、どのように風を読んできたか、いかに市場に聞きながら、微調整をしてきたかの物語。

21世紀のブランドを創る 「星乃珈琲店」誕生物語---超積極策によるドトール日レスグループの復活劇はこんな本です

ツイートする