オープン・イノベーションの教科書――社外の技術でビジネスをつくる実践ステップ

  • 152人登録
  • 3.29評価
    • (3)
    • (7)
    • (14)
    • (3)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 星野達也
  • ダイヤモンド社 (2015年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478039229

オープン・イノベーションの教科書――社外の技術でビジネスをつくる実践ステップの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 題名のとおり、まさに「教科書」
    日本のオープンイノベーションの事例を細かに紹介するとともに、そのHowToをまとめている本。

    まず、オープンイノベーションとして、埋もれている技術を探し出す方法を4つのステップとして紹介しています。
    (0)啓蒙活動実施
    (1)社外に求める技術の確定
    (2)技術の探索
    (3)技術の評価
    (4)技術の取り組み
    当たり前のステップですが、それぞれのステップで何をやらなければいけないか、何を気をつけるべきか、どのようにそれをするのかを具体的に記述しています。
    そして、それを大手企業5つの事例として紹介しています。
    東レ、味の素、大阪ガス、デンソー、医薬品業界
    企業のトップが自ら情報発信したり、組織を直轄にしたり、推進チームがいたり、現場からボトムアップの活動だったりとさまざまです。

    さらに、技術提供側にもフォーカスをあてており、どうやって優れた技術を提供するかについても記載されています。
    提供のアプローチの仕方としては
    売り込み型アプローチ
    提案型アプローチ
    どちらの方法にしろ、具体的にそのやり方を伝授してくれています。
    そして、やはり、その実例として大企業からベンチャー、大学まで4つの事例として紹介しています。
    大企業(帝人)、中小企業(ハタ研削)、ベンチャー企業(JAC)、大学(香川大学)
    それぞれがどのようにして技術を売り出したのかこれまた具体的に書かれています。

    オープンイノベーションといえば海外とばかり思っていましたが、日本国内にもこのような事例があるのが驚きでした。
    筆者は日本の技術力は間違いなく世界一と言い切っており、オープンイノベーションを通して、日本のものづくりを強くしようとしています。
    大企業だけでなく、中小企業、ベンチャー企業にもすごい技術があり、本書をよむとオープンイノベーションが日本のものづくり復活のポイントになるということが理解できます。

    筆者の会社のホームページに行くと、まさに技術の出会い系サイトとなっていました。

    http://www.ninesigma.co.jp/

    ここで見てしまったものは、弊社のコンペチターがすでにオープンイノベーションを取り組んでいるということ。弊社は遅れているなぁ...って感じてしまうHPでした(苦笑)

  • 20170718読了

  • 著者:ナインシグマジャパン顧問星野達也氏の思いとして「日本のモノづくりの復活に賭ける!」というタイトルがあった。「自分の頭脳を駆使して、価値を創造し、それを社会に提供する事で、人々を幸せにするのが製造業だ」。欧米において急激にモノづくりのあり方が変化しつつあるなかで、日本だけ取り残されるという事は絶対に避けたい。むしろこの流れに上手く乗って、日本がモノづくりで復活するチャンスに変えて生きたい。本書はモノづくりにかかわる全ての肩に対するメッセージである。というところに、モノづくりをしている一人として感動を覚えました。以下備忘録です。
    ---------------------------------------
    大企業と中小企業、両者の強みを開発に生かす
    フィリップスのオープンイノベーションがうまくいく背景は、組織的に活動する点と、協業相手に最大限の敬意を払い、対等な関係を構築して、信頼のもとに協業を進める姿勢にある。オープンイノベーションは、技術を導入する企業と技術を提供する企業があってはじめて成り立つ。かつ、両者がWin-うぃnとならない限り継続性がない。大企業が中小・ベンチャー企業から技術を導入する事は、大企業の豊富な資金力の恩恵を受けつつ自分達の技術が世に出るため、中小ベンチャー企業にとって大きなチャンスである事は間違いない。一方、大企業に有利な条件で交渉を進められたり、技術を掠め取られたりするのではという懸念も、中小ベンチャー企業側には常に付きまとう。フィリップスは自ら「外から選ばれる企業になる」というメッセージを発信していることもあり安心してコンタクトできる組織なのである。
    自前主義に訪れた限界
    研究開発において、常に「競争に勝つために達成すべきレベル(MustDo)」と「自社で達成できるレベル(CanDo)」の間に乗り越えなければならないギャップが生じる。以前はそのギャップを埋めるためには「自分達で頑張る」が一般的な姿であったが、昨今求められるレベルが高まる一方で、達成するまでに許される時間はどんどん短縮している。その結果、ギャップを埋めるためには「既存のネットワークの外の技術を活用する」という発送に変わってきているのである。
    オープンイノベーションは武器になる
    日本の製造業は優れた組織力をもとに1970年代から80年代まで急成長を遂げたが、90年代以降は苦戦を強いられている。韓国、中国、台湾といったライバル国の台頭、IT化やグローバル化の並への乗り遅れ、進まない水平分業、国内メーカ同士の消耗戦・・・苦戦の理由は一つではなくさまざまな要因がじわじわと効いてきている。
    とくに90年代になると、技術の多様化が急激に進み、研究開発の全てを自分達だけで行っても市場のスピードについていけなくなった。そうしたなか、必要に応じて外部の技術を利用することで研究開発をスピードアップさせる、いわゆる「オーぷにのベーション」の発送が芽生えてきた。
    オープンイノベーションとは、モノづくり企業(いわゆるメーカ)が、モノづくりの過程で見えてきた課題に対して、自分達だけで解決することにこだわらず、必要に応じて社外から最適な策を探し出す事で、より迅速に課題を解決するための手段である。全てを自社開発する「自前主義」(クローズドイノベーション)とは大きく異なる考え方であり、「スピードを優先し。自分達でできなければ、外部の知見を活用してでも何とかする」という狙いがそこにはある。
    なぜオープンイノベーションは広がっているのか
    1.知識労働者の増加と分散
    研究開発に携わる人材は世界に800万人。研究者の数が増加するとともに世界中に分散する傾向にあるので、最適な技術を探すには世界中を広くカバーしなければいけないことになった。これまでのような、近所の大学やサプライヤーとのお付き合いなど限られた範囲だけで、全てを解決する時代ではなくなってきている。
    2.社外組織の技術力向上
    90年代からシリコンバレーを中心として起業ブームが起こり、西海岸を中心に有望なベンチャー企業が次々と設立された。大学や大手メーカから優れた技術を持ってスピンアウトするようなケースが良い例であるが、それらはここでいう中小企業に含まれる。ベンチャーキャピタルなどの登場と共に、優れた技術を持つ企業に投資マネーが回るようになり、さらなる技術の磨き込みが行われ、まずますお金が回るようになるという循環が生まれている。彼らは大手メーカに対する技術提供に前向きである事が多く(むしろそれを目標とする企業も多い)、大手メーカとしては組みやすい相手となる。つまり、高い技術を保有し大手企業との連携を希望する中小企業fが急増しており、それがオープンイノベーションの広がりを後押しする一つの動きとなっているのである。
    3.仲介業の設立
    800万人いると言われる研究開発人材のなかで、日本におけるその数は86万人。たかだか11%にすぎない。グローバルなものづくりの世界において、日本の存在はごく一部であり、優れた技術が日本以外にあるという可能性はけして否定できない。
    オープンイノベーションの誤解
    「近くの大学とのお付き合い」「グループ内連携」とオープンイノベーションの違いは、想定内の範囲でよしとするか、可能な限り最高の技術を求めるかの違いにある。フィリップスは、自社のオープンイノベーションを定義する際に、あえて「これまで付き合った事のない組織の技術を取り込む」としている。「2番目の技術をつかむことはリスク」という言葉もあるが、モノづくりの世界においては、いつでも逆転される可能性があるため、できる限り高みを目指す意識は重要である。
    アウトソーシングではなくインソーシング
    アウトソーシングは、空洞化や技術情報の流出などを想像しアレルギー反応を起こす。オープンイノベーションは「インソーシング」であり技術の強化なのである。アウトソーシングとはコスト削減などを目的として、本来社内に保有していた機能、たとえば生産設備などを、社会組織や第三国に委託することである。その際には、委託先に十分な技術力がないので、技術指導を伴う事とし、社内から社外へ移した機能・設備の分だけ空洞化が進むのだ。一方で、社外技術の探索は、社外の優れた技術を自社内に取り込む事であり、アウトソーシングとは真逆にある。技術やノウハウの流れは「外から中」であり、技術の流出を気にするのはむしろ技術を提供する側である。さらには、単に技術を買うだけでは使えないので、必ず何らかの追加開発が必要となる。そのため、最終的には自社に特化したオンリーワンの技術が確立される事となるのである。それゆえ、技術探索型のオープンイノベーションをインソーシングと呼ぶ事も多い。
    コストは増えるが投資効率は高まる
    売り上げ高8兆円のP&Gは、年間20億ドル(約2000億円)という巨額の研究開発費を使い、研究開発部門には9000人規模の研究者を擁し、世界トップレベルの研究開発を行っている。それでもオープンイノベーションによって社外技術を世界中から集めるのは、研究開発において「スピード」を最重要視しているためである。「外部技術を使ってでもいち早く商品を送り出すことが重要である。コネクト・アンド・ディベロップ戦略によって、これまで3,4年かかっていた商品化が2年でできるようになった」と発表している。商品化が早まる事で、当初予定していた売上げ計上のタイミングも早まる事となり、競合との差別化やキャッシュフローの点で有利になるだけでなく、リソースを次の開発に向ける事ができるため、そのインパクトは絶大である。
    技術探索型オープンイノベーションの4つのステップ
    オープンイノベーションには2つの形がある。1つが自社にない技術を探し出して導入する技術探索型(インバウンド型)オープンイノベーション、もう一つが自社の保有する技術を価値に変える技術提供型(アウトバウンド型)オープンイノベーションである。技術探索型オープンイノベーションのプロセスは1~4の4つのステップに分ける事ができる。なおこのフレームワークはグローバルに認識されたステップであり、1.What社外に求める技術の選定、2.Find技術の探索、3.Get技術の評価、4.Manage技術の取り込み、と表現される。なおその前のステップ0として、社内の啓蒙活動が必要。
    啓蒙活動の中心は、理想的には社長、少なくとも研究開発のトップがなるべきだ。フェイリップスやP&Gのような先行企業ではCEOやCTOが社内に対してメッセージを送り活動を鼓舞している。
    技術探索の3つのフェーズ
    研究、開発、量産、いずれのステージでもオープンイノベーションは威力を発揮する。
    ①研究フェーズの技術探索:例1)新規ビジネスの加速(共同研究パートナー探索)、例2)将来技術の早期取り込み(材料の開発パートナー探索)、3)他のアプローチで保険をかける
    ②開発フェーズの技術探索:例1)製品化直前のトラブルシューティング、例2)長寿命化(封止剤募集、例3)既存品の改良(表面に汚れを付きにくくする技術)
    ③量産化フェーズの技術探索:例1)検査技術(不良品検査技術募集)、例2)省人化(組立工程のロボット化)、例3)不具合の解決(鉄板の二枚取り帽子技術)、例4)低コスト化(有機化合物の反応経路を最適化するアイデア)
    大阪ガスの例
    2009-2012、ニーズ205、集めた提案2500(ニーズあたりの提案数12.2)、社内へ展開した提案数900、協業開始126(5.0%)
    2013上半期、ニーズ78、集めた提案283(ニーズあたりの提案数3.6)、社内へ展開した提案数118、協業開始22(7.8%)

  • オープンイノベーションは、外部連携という技術開発におけるひとつの手段な訳だが、Best of breedは無く、各事例から何を共通項と見るかは読者それぞれ。ただイノベーションは1つのゴールに対してどう同じ目線で向き合うかだと言え、「日本企業がより本質的かつ広い視野持てるか」ではないかと感じる。

  • 「オープン・イノベーション」というキーワードについて予備知識を持っておきたいと手にとった1冊。数回の転職と自分で動いてきた取り組みのおかげで、社外に多くの友人ができた自分としては進めやすい概念ですでに一部やっていることもあったけど、それを企業が一枚岩になってやっていることを知って衝撃を受けたしこの1つの進め方を知ってるか知らないかで今後の企業の業績は大きく左右されていきそうなイメージを持ちました。なんにせよ、やりとりするには相応の「自分たちの武器」が必要で、それにプラス情報収集と情報発信のスキルを磨いていくことが求められていると感じた一冊でした。

  • オープンイノベーションの具体的な導入、定着のさせ方について、主にマネジメントへのメッセージとして書かれていた。
    大阪ガスの松本氏が平素講演などで話しているのを聞いていたこともあり、内容としてはさほど新しいものは無かったが、体系的にまとめられていて読み易く感じた。

  • 2016.3.6 P64まで読了

  • 主に"モノづくり"をする企業向けの内容。

    ソフトェア業界に従事していると、「シェア」の概念は割と基本的なマインドセットとして持つことになるので、そんなに目新しい発見はなかった。

    ただ、第6章にもある通り、"オープンイノベーションは技術だけに適用されるものではない"ので、あらゆる状況で自身の思考がタコツボ化してしまわないように、常にこの概念を意識しておきたいと思った。

  • 事例も豊富でわかりやすい。サービス業、金融業などの非製造業はどうすべきか?

  • 抽象的な議論で終わりやすいオープン・イノベーションに関して、豊富な事例と理論的背景をもとにまとめられている良書です。

    ①トップが率先してオープン・イノベーションという言葉を使い、伝える
    >重要なポイントは、そのメッセージがトップ・マネジメントから発せられることである。オープン・イノベーションの効果を理解し、興味を持った研究者が「やってみたい」と思いつつも、みずから手を上げるのに躊躇することも多い。彼らの背中を押すためには、トップ・メッセージは有効である。社内説明会の冒頭の5分程度、CTOのビデオ・メッセージを流しただけで雰囲気ががらりと変わったケースもある。

    ②パートナー選定をする前に徹底的に調査をする
    >真っ先に行うべきは、自社の独自調査である。論文データベース、特許データベース、新聞・雑誌の記事、学会や企業・大学のHPなど、公知になっている情報ソースを最大限に活用するのだ。最近では、大学の産学連携本部や地方の産業クラスターなどが、傘下の技術に対して積極的に情報公開を行っているので、そのような情報源を当たることも有効だ。キーワードを駆使しながらしかるべき情報を集め、そこから技術を探索し、興味を持った組織があればコンタクトして、協業の可能性を探るのである。地味な作業だが、研究者の基本動作だとも言える。

    ===

    最近はオープン・イノベーションを生み出すためのラボを設立する会社が増えてきていますね。

    この記事はリクルートのMedia Technology Labに関する記事。

    「大企業からイノベーションは生まれない」の常識は覆せるか?
    https://newspicks.com/news/1181608/body/?ref=search

    オープンイノベーションは、定義が曖昧なところがあります。ただ、わからないから取り組まないより、本書に紹介されている事例や手法をもとに、手探りをしながら実践していくことが大切だと思います。

全17件中 1 - 10件を表示

星野達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
リンダ グラット...
クリス・アンダー...
リチャード・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

オープン・イノベーションの教科書――社外の技術でビジネスをつくる実践ステップを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オープン・イノベーションの教科書――社外の技術でビジネスをつくる実践ステップを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オープン・イノベーションの教科書――社外の技術でビジネスをつくる実践ステップを本棚に「積読」で登録しているひと

オープン・イノベーションの教科書――社外の技術でビジネスをつくる実践ステップの作品紹介

自前主義を貫くのか、外部の叡智を活かすのか、日本企業の生き残りを賭けた選択のとき。東レ、デンソー、帝人、味の素、大阪ガスからフィリップス、P&G、GEまで、国内外の成長企業が実行する新戦略のすべて。

オープン・イノベーションの教科書――社外の技術でビジネスをつくる実践ステップはこんな本です

オープン・イノベーションの教科書――社外の技術でビジネスをつくる実践ステップのKindle版

ツイートする