A30 地球の歩き方 バルトの国々 2009~2010

  • 15人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • ダイヤモンド社 (2009年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478056905

A30 地球の歩き方 バルトの国々 2009~2010の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょつと難易度高いけど行ってみたくなった

  • 【最終レビュー】

    13年・12/19(木)BSーTBS放映済

    『地球バス紀行 エストニア/タリン発 古きを訪ねる島巡り』編。内容に関連して。自身でリサーチし著書を選択。図書館貸出。 

    来週(12/26)で、今年の『地球バス紀行』放映終了。あっという間でした。一度もチェックし損なうことなく、全回見ることができました。

    ここまで来たらほぼ

    [日常の「日課の一つそのもの」]って感じです。

    只今、来週の紹介地域に関する図書館貸出著書をチェックの真っ最中。

    今、手元には、読む予定の図書館貸出著書が、○冊。今しばらくは、返却日を気にせず読めるかなと。

    では、放映内容に。

    今回は、女性に関する内容が結構ありました。

    「女性に対するささやかな想い」

    といいますか、そんな雰囲気の下で、旅は進んでいった感じでした。

    〈1〉タリン 首都・出発地

    タリン中心部へ向かう、バスの車内からスタート。

    旧市街地(中心部)=世界文化遺産のエリア

    綺麗な女性たちとすれ違っては、その度に見とれてしまうんですが(笑)確かに、それは分かるんです。表情の裏側にある

    「目には決して見えない、健やかさが備わっているかのような」

    彼女達の光景を自身は感じました。

    楽器を弾いている姿には、敏感に反応してますよ、やはり(笑)

    「カンテレ」という、バイオリンに近い楽器=民族楽器

    1600年代に、エストニアで作られたもの。音色も心地よく落ち着きを感じます。

    腹ごしらえということで、「中世のエストニア料理店」へ。

    [ローソクのみの照明から醸し出している雰囲気=ヨーロピアン風]

    こういうのが、自身は好きなわけでして…

    オススメ料理・バラエティーに富んだ[珍味盛り合わせ]をいただき、次に向かうオススメスポットを聞き、そちらへ向かうことになります。

    島めぐりということで、バス+フェリーの繰り返しですが、空気は「サラッとして」いる感じ。こういった
    「淡々とした旅程」
    も楽しそうで、むしろ自身は
    [より肌で感じられる]かなといった所でしょうか…

    〈2〉ハープサル(掲載有) 西の島の玄関口

    タリン→ハープサル 2時間 6ユーロ

    行く途中の車内で、家族連れの女性客から、奇妙?(それは後程)なスポットを聞いて、翌日にいくことにします。

    何故なら、バスの時計表示が

    「19:38」ですが、まだまだ明るさ存分にあります。

    *宿泊先

    朝食(豪華で種類豊富でした)付・95ユーロで。

    〔翌朝〕

    昨日、バス車内で教えられた場所へ。そこは

    『教会にオバケがでるというエリア』に

    ホラーのようでないような、そんな感じですが、何故そのような由来になったのか。

    「かつて、教会の僧侶と[恋に落ちた少女]が、教会の[掟を破って]、密かに変装して、僧侶に会いに行くものの、つかまってしまい、教会の壁に塗り込められてしまった」という悲哀。こういう風なスポットになったということです。

    それを聞き、『なぜ、恋をしただけなのに、こんなことを…』と旅人、切なくなりながらこんな風に…ふと、複雑な心境になったのかもしれません。

    「旅人の、心からのありのままの優しさ」

    と、自身、そう純粋に思わずにはいられなかったですね。

    異様な雰囲気に、だんだん耐えきれず、即退散です。
    近くのお店で、吹っ切ろうと、腹ごしらえをします。

    豚肉のソテイ+赤かぶのすりおろしソース=ランチに近いです。

    値段、41.5ユーロ 

    本格的に島めぐりを始めます。

    〈3〉ヒーウマ島(掲載有)

    二階建てバスに乗り、バスごとフェリーに乗ります。

    曇りがちの中で。20km・1時間半で到着。

    *エストニアで一番古い灯台(1530年に建築)に

    500年現役で活躍中です。

    灯台近くのお土産屋に立ち寄り、灯台が描かれた雑貨=5ユーロを購入。

    そこで、店主の男性が、さりげなく、民族楽器を生演奏♪音色も心地いいです。

    海が一望できる灯台でしばらく佇んで…

    〈4〉サーレマー島 島の中で最も大きな島(掲載有)

    島へ向かうヒーウマ島南端・スルへ向かい、そこからはフェリーで。 料金・6ユーロ

    フェリー代…6ユーロ・1時間

    ただ、この日は、海風がかなり強く荒れていた環境下だったので、バスが島へあいにく来れないことになり、バスでの行程を断念し、予定を変えなければいけないという状況でした。

    バス停の近くにある、バーに立ち寄って、スペシャルカクテル(ウォッカ+10種類のハーブ)をいただきます。

    ホテルはないので、「民宿ならある」と聞いて、やや時間がかかりながらも、民宿を探し出します。

    そこは

    『1819年に建築された「小民家」』

    人が泊まれるように改装しながも

    [昔の名残がそのまま存在する「匂い」=丸太に囲まれた部屋の装い(ロッジ風)・茅葺きの屋根。日本の農家の落ち着いた雰囲気が漂う中で]

    にて、切り盛りしているご夫婦にお世話になります。

    ご主人は、主に、首都・タリンをメインにし、実質的に奥様が民宿を切り盛りしてます。

    2000年~営業し、旅行客が泊まれるように創意工夫をなされたとのことです。

    一泊・31ユーロ。豪華な朝食(洋食)でした。

    バーベキューハウスもあったり、できたてのソーセージも味見したりと、リフレッシュできる環境にしているなといった感じで。

    そして、風車があると、あらかじめ聴いていたので、そちらへ向かい、ここがラストの目的地になります。

    *アングラ風車群(掲載有)

    4台の風車。受付で、爽やかな装いをした、飾り気のない女性(シキリット・アノさん。23歳)が迎えてくれて、旅人も、ややホロリきたようです(笑)

    彼女は受付から離れられないので、別の方(年配の方)に案内してもらいます。

    風車の、実年齢【100歳】

    手作業で風車の「角度」が変えられたりと

    [風車そのものの風情]が伝わってきました。中にあった大きな「歯車」がその証であるかのように…

    案内してもらった女性と、受付の彼女と、容姿がよく似ているので、よく「親子」と間違われると言われていて、確かに似ていましたが、[実際は、親子ではないとのことで]

    受付の彼女に後ろ髪をひかれるように去っていくわけで、相当に、存在感に惹かれてしまっていたかのようでしたが…

    そんな感じで、和やかさある雰囲気を残しながら。

    『優しい人達に囲まれて、一期一会の仲間達、古きよき…暖かい笑顔』

    ということで、完結。

    ありがとうございました♪

全2件中 1 - 2件を表示

地球の歩き方編集室の作品

ツイートする