A01 地球の歩き方 ヨーロッパ 2009~2010

  • 33人登録
  • 3.69評価
    • (4)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • ダイヤモンド社 (2009年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (824ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478056974

A01 地球の歩き方 ヨーロッパ 2009~2010の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初にヨーロッパにいったのが、スペインとオーストリアだったので、「ヨーロッパ編」を買いました。

    その後イタリア、フランス、ドイツ、オランダ、フィンランド、スエーデン、アイスランドに行きました。

    ヨーロッパが文化的に近いことは痛感しました。特に、ユーロが通用するようになって、ヨーロッパの統一感は増しています。

    言語が違うことと、電話、鉄道、バスの乗り方などが違うことがまだ不便です。

    もっとヨーロッパで統一感が増してくると嬉しいかもしれません。
    地球の歩き方は、ヨーロッパを旅行するときにはとても便利です。
    特に、EUになってから、EU国間の入出国が簡単になったので、急遽別の国に行くこともあるので、ヨーロッパのどの国に行くにも、「ヨーロッパ編」もついでに持っていくようにしています。

    ps.
    アイスランドの記事がないのは残念でした。

  • これがなかったら、旅行出来なかった。

    でも、無かったら、もっと面白い旅が出来たかもしれない。


    でも、助かった。

  • 各都市の大まかな観光情報とヨーロッパのスケジューリングには役立つかな

  • 記念すべき地球の歩き方シリーズ1冊目、どーんと広く「ヨーロッパ」(!)という、800ページに及ぶ辞書のような地球の歩き方です。持ち運びが辛すぎです。取り上げられているのは、イギリス、アイルランド、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、オーストリア、スイス、スペイン、ポルトガル、イタリア、ギリシア、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイスランドの合計17ヵ国。ユーレイルパス等の記述が豊富です。

    背表紙が青色だった時代のキャッチフレーズ「ヨーロッパを1ヵ月以上の期間、1日7000円以内で、ホテルなどの予約なしに、鉄道を使って…」というのが何だかやたら郷愁を誘います。

全5件中 1 - 5件を表示

地球の歩き方編集室の作品

A01 地球の歩き方 ヨーロッパ 2009~2010を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

A01 地球の歩き方 ヨーロッパ 2009~2010を本棚に「積読」で登録しているひと

A01 地球の歩き方 ヨーロッパ 2009~2010はこんな本です

ツイートする