ブクログ大賞

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

  • 1785人登録
  • 3.99評価
    • (128)
    • (156)
    • (83)
    • (12)
    • (8)
  • 167レビュー
制作 : 神崎 朗子 
  • ダイヤモンド社 (2016年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478064801

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
冨田 和成
チップ・ハース
リンダ グラット...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
三谷 宏治
ベン・ホロウィッ...
アーノルド ベネ...
有効な右矢印 無効な右矢印

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるの感想・レビュー・書評

  • かなり興味深かった。子育ての参考にしたい。出来れば論文のサイテーションが欲しかった。

  • Angela Duckworthの"GRIT"読了。ものごとをやり抜くには、passionとperseverance (情熱と粘り強さ)が必要と。スポーツにしても芸術にしても天才と思しき人たちが、普通の人とどこが違うかってことについちゃ、昔から多くの心理学者が研究し尽くしてるんですね。この本は、その具体例も満載しているので、Angelaの話の展開に説得力が出る。途中で投げ出すことがままあるだけに、読んでて辛い部分もありますね。

  • 最後までやり通すこと。

  • 人生でなにを成し遂げられるかは、生まれ持った才能より、情熱と粘り強さによって決まる可能性が高い。

    自分の経験、経歴、研究成果があいまって、説得力、効果抜群です。

  • 正論だが、無意味な繰り返しが続く。

    どんな分野でも「とにかく続けること、やり続けることが成功への秘訣」という主張です。

    簡単に才能がないからと諦めず、試行錯誤を継続することが大事で、成功者はそういう人が多いよって話。
    (一般的なレベルではって前提が付くけどね)

    主張は正しいし納得もしてるんだが、とりとめのないエピソードの繰り返しで、9割ぐらいは雑談レベル。

    誰かのレビューを見るだけで事足りると思います。

    わざわざ買って読む価値はないかと…

  • やり抜く力 GRIT(グリット)
    2016/9/9 著:アンジェラ・ダックワース

    持っている能力を十分に発揮するためには、「やり抜く力」が重要である。私たちが人生のマラソンで何を成し遂げられるかは、まさに「やり抜く力」-長期的な目標に向けた「情熱」と粘り強さ」-にかかっている。

    「情熱」とは、自分のもっとも重要な目標に対して、興味を持ち続け、ひたむきに取り組むこと。「粘り強さ」とは、困難や挫折を味わってもあきらめずに努力を続けることである。

    本書では、人々がそれぞれに分野で成功し、偉業を達成するには、「才能」よりも「やり抜く力」が重要であることを科学的に以下の3章により証明している。
    ①「やり抜く力」とは何か?なぜそれが重要なのか?
    ②「やり抜く力」を内側から伸ばす
    ③「やり抜く力」を外側から伸ばす

    本書に救われる人は私以外にも多いのではないだろうか。
    全てのこの世の成功者は「才能」があるから成功しているのである。そう言われてしまうとそうだと思ってしまいたくもなるが、本書ではそうではなく「才能」よりも「情熱」と「粘り強さ」から構成される「やり抜く力」が成功に大きく起因しているという。

    さらに「やり抜く力」は環境や努力次第で「伸ばすこと」が出来る。なおかつそれが科学的に立証されているという。この世はうまくできているものでやはり「努力」により如何にも変わる。変えることができる。

    ぐいっと背中を押してもらえる本。
    訳本ではあるものの、非常に読みやすい一冊。
    読む価値は十二分にある。

  • まさに私に足りないもの。この本を読んでもいやー私にはやり抜く力はないなーなんて感じながら読んでたけれでも、読み進めるうちに、やり抜けるものを見つけてみようかなと思った。

    とりあずは、昔やってたものからまた始めてみようかなー
    「やり抜く力」が身につく4つのルールで書いてあったけど、”やめてもいい”だしね。条件付きだけど。

    とりあえず、やる気を出させてくれる本でした。
    もっと著者が研究を進めて、より具体的な研究結果が出たらそれもまた読みたいな♪

  • 途中までは面白く読み進んだが、後半1/3にペースダウン。具体的にどうGRITを鍛えるかがわからない。精神論みたいで、実行に移すために「どう良い指導者を見つけるのか」「どのようにブレイクダウンして具体化したら良いのか」など、自分がやるときには疑問点が多かった。

  • 自分のためというよりは育児書として読んだ感じ。
    「こんなときどうしたらいいの?」という具体的な疑問にも対処法が載っているように感じた。

    自分に当てはめると、「そうだよね、わかる、わかるんだけど難しいなあ」という感想で、自分のダメっぷりを痛感。コツコツやっていくしかないなあ。

  • よく本屋で目にする気になっていた本でした。フェイスブックでptが紹介していたのでこの機会に読んでみました。

    天才はいるけど本当に必要なのはやり続けることだ。この本はこれに尽きると思います。

    以下印象に残った言葉です。

    ・「重要な課題を克服するために、挫折を乗り越えた経験がある」
    ・「いちど始めたことは、必ずやり遂げる」
    →この力が必要

    ・「興味の対象が毎年のように変わる」
    ・「アイデアやプロジェクトに夢中になっても、すぐに興味を失ってしまったことがある」
    →逆にこれが当てはまると続けにくい。

    ・「難問にぶつかると、ふつうの人は『またあとで考えよう』などと言って、たいていはそのまま忘れてしまう。ところがダーウィンには、そういういい加減さを自分に許さないようなところがあった。」

    ・『ウォー・フォー・タレント』では、競争を勝ち残る企業は、もっとも能力の高い人材を積極的に昇進させるいっぽうで、能力の低い人材は容赦なく切り捨てるべきだと言っている。『ウォー・フォー・タレント』では、競争を勝ち残る企業は、もっとも能力の高い人材を積極的に昇進させるいっぽうで、能力の低い人材は容赦なく切り捨てるべきだと言っている。→一見普通正しいことを言っているようだが結果的には上手くいかなかった。

    ・「誰よりも優秀だと証明してみせろ」と従業員たちを煽り立てることで、ナルシシストの温床ができあがり、信じがたいほどうぬぼれが強いと同時に、つねに「自分の能力を見せつけなければ」という強い不安と衝動に駆られる従業員が増え過ぎたのだ。短期間で結果を出すことをなによりも重視し、長期的な学習や成長を妨げる企業文化だった。

    ・「最高のパフォーマンスは、無数の小さなスキルや行動を積み重ねた結果として生み出される。それは本人が意識的に習得する数々のスキルや、試行錯誤するなかで見出した方法などが、周到な訓練によって叩き込まれ、習慣となり、やがて一体化したものなのだ。やっていることの一つひとつには、特別なことや超人的なところはなにもないが、それらを継続的に正しく積み重ねていくことで生じる相乗効果によって、卓越したレベルに到達できる」

    ・「一つのことをひたすら考え続け、ありとあらゆるものを活用し、自分の内面に観察の目を向けるだけでなく、ほかの人びとの精神生活も熱心に観察し、いたるところに見習うべき人物を見つけては奮起し、あくなき探究心をもってありとあらゆる手段を利用する」

    ・「やり抜く力」のある人にとっては、一日にどれだけ努力するかより、くる日もくる日も、目が覚めたとたんに「きょうもがんばろう」と気合いを入れ、トレッドミルに乗り続けることが重要なのだ。

    1.ある一点に的を絞って、ストレッチ目標〔高めの目標〕を設定する。
    2.しっかりと集中して、努力を惜しまずに、ストレッチ目標の達成を目指す。
    3.改善すべき点がわかったあとは、うまくできるまで何度でも繰り返し練習する。

    ・「そういえば、私はあまり失望することがないかもしれません。どんなできごとからも、なにかしら学べるはずだと思うんです。だから、しょうがない、今回はうまくいかなかったけど、またがんばろうか、そう思ってやっています」

    ・「固定思考」の人はそのような挫折の経験を、自分には能力がない証拠だと解釈してしまうのだ。それに対し「成長思考」の人は、努力すればきっとうまくできると信じている。

    ・「固定思考」の悲観的な自分にあだ名をつけるという方法を提案している。

  • 2017/04/08
    読み終わった

  • 【「教職員から本学学生に推薦する図書」による紹介】
    栗橋祐介 先生の推薦図書です。

    図書館の所蔵状況はこちらから確認できます!
    http://mcatalog.lib.muroran-it.ac.jp/webopac/TW00357290

  • No.951
    1. 目的
     自分と仲間のやる気を引き出すためのヒントが欲しい
    2. 得たこと
     達成の方程式。才能×努力=スキル、スキル×努力=達成。この2ステップを踏むことが重要。
    3. アイデア
     「自分には才能がない」って考えているひとにそうじゃないよって伝える。この本を紹介する。

  • 成功するのの最も必要なのはグリット・やり抜く力だという本。
    若い頃の気合、根性で乗り越える体験こそ、逆境に強い大人になれる。

    マッキンゼーから教師になり、心理学者になったという面白い経歴の筆者。

    ジェフ・ベゾスの家庭環境とか、子どものころのエピソードがいろいろと意外すぎて面白かった。

  • 「どうすればやり抜く力(グリット)が身につくのか?」というよりも、「いかに人生で成功を勝ちとるにはグリットが大切か」という部分に重点が置かれていて、「で、具体的にはどうすればいいの?」という部分には余り対応していない。また、翻訳されたビジネス書にはよくありがちだが、ダラダラとしたあまり意味のない例文が続いて、読んでいると結局この章では何が言いたかったのかがよくわからなくなる。帯で煽るほど確立されたメソッドはかかれていないので、読み物として読んだほうがいいかもしれない。

  • これまでの人生で、自ら限界を言い訳にして、成長を止めてしまっていた。
    小さいことでも目標を立て、一つ一つこなしていきたい。

  • やり抜く力が偉大な業績には一番大切。
    目標設定をして、練習をする。
    練習はみんなつらいと感じている。しかし、楽しい。
    人は努力した人よりも才能がある人をすごいと思う。
    学生の時に2年課外活動を続けることはやり抜く力をつける。

  • 入社1年目です!
    才能に関わらず、個人が持っている「やり抜く力」によって成果は表れるという。
    「やり抜く力」を得るための具体的なアクションの言及はないですが、自分で考えなきゃな!と思いました。
    ビジネス本というより、研究のまとめという印象です。

  • ものすごーく当たり前のこと(=努力が大切)を、数々の研究とともに語られている本。どうやって努力し続けるのか、努力する対象を何にするかも書かれているけど、ウルトラCみたく短時間で解決します!みたいなことは書かれていないので変な期待はしないこと。着実に物事に取り組めてる人には背中を後押ししてくれる一冊。

  • 現在、何かしら目標を立てて打ち込んでいる最中の方、これから何か始めようと思っている方にオススメの一冊。
    GRITを「物事に継続的に取り組み、やり切る能力」と定義し、その重要性についてあらゆる角度と例えから無駄に多い文量と共に述べられている。ここに関しては読み飛ばしていただいて構わない。それよりもよっぽど重要なのは本書で紹介されている目標の立て方や考え方、教育の仕方の部分にあると感じた。悲しいことにGRIT自体はイングリッシュジャーナル3月号に掲載されている著者へのインタビューの方がよっぽどまとまっていて分かりやすい。
    評価するポイントはもう1つある。今から物事を始めても決して遅くはないということを科学的根拠と共に紹介している点である。ここには非常に勇気付けられるし、行動がモチベートされる。GW1冊目としては満足であった。

  • 読了した本が30冊ほど、感想を書かれるのを待っている状態・・・
    なんとかゴールデンウィーク中にしたいなぁ~

    付箋部分を抜粋します


    ・「人間は自分の持っている能力をほとんど使わずに暮らしている。さまざまな潜在能力があるにもかかわらず
     ことごとく生かせていない。自分の能力の限界に挑戦することもなく、適当なところで満足してしまう」(p42)

    ・「最高のパフォーマンスは、無数の小さなスキルや行動を積み重ねた結果として生み出される。・・・中略・・・
     やっていることの一つひとつには、特別なことや超人的なところはなにもないが、それらを継続的に正しく
     積み重ねていくことで生じる相乗効果によって、卓越したレベルに到達できる」(p60)

    ・偉業というのは、小さなことを一つずつ達成して、それらを無数に積み重ねた成果だから。一つひとつのことは
     やればできることなんです(p63)

    ・「あまりにも完璧なものを見たとき、我々は「どうしたらあんなふうになれるのか」とは考えずない。その代わり
     魔法によって目の前で奇跡が起こったかのごとく熱狂してしまう」(p65)

    ・「人生で成功する秘訣の80%は、めげずに顔を出すこと」(p76)

    ・「やり抜く力」のある人にとっては、一日にどれだけ努力するかより、くる日もくる日も、目が覚めたとたんに
     「きょうもがんばろう」と気合を入れ、トレッドミルに乗り続けることが重要なのだ(p77)

    ・努力によって初めて才能は「スキル」になり、努力によってスキルが生かされ、さまざまなものを生み出すことができる(p78)

    ・「あなたは人生でなにをしたいのか」と訊いているのだ。「やり抜く力」の用語で言えば、あなたの「情熱」はなにか
     ということ(p87)

    ・「時間とエネルギーは限られている」という事実をしっかり認識すること(p97)

    ・バスケがうまくなるコツは、自分よりややスキルの高い仲間と一緒にプレーすることなのだ(p122)

    ・「なにをするにしても、自分のやっていることに情熱を持っていない限り、長続きはしないことがわかるでしょう」(p137)

    ・興味は内省によって発見されるものではなく、外の世界と交流するなかで生まれる(p145)

    ・「ただ好きだからといって、上達できるとは限らない。努力をしない限り、上達するはずがないのだ。
     だから多くの人は好きなことをやっていても全然うまくならない」(p147)

    ・初心者にとっての「目新しさ」とベテランにとっての「目新しさ」は、別物だということだ。初心者は初めて経験すること
     ばかりで何でも目新しく感じるが、ベテランが目新しいと感じるのは微妙な差異(ニュアンス)なのだ(p159)

    ・ふつうの人びととちがって、エキスパートたちは、ただ何千時間もの練習を積み重ねているだけではなく、エリクソンのいう
     「意図的な練習」を行っている(p169)

    ・「意図的な練習」は準備の段階で、フローは本番で経験するものだと言える(p187)

    ・100%自分のことだけ考えて行動する人よりも、自分のことも社会のためも考えて行動する人のほうが
     長い目でみた場合に、成功する確率が高いことが明らかになっている(p218)

    ・「やり抜く力」の強い人びとが持つ希望は、運とは関係ない。何度転んでも起き上がる。それがすべてだ。(p227)

    ・「貧困状態の子どもたちのことは、とても心配だ」・・・中略・・・「これならできる、あれならうまくやれる」と
     学習する機会がないんだ。子どものころになにかを乗り越えた、うまくできたという経験は、ずっとあとにまで
     効果をおよぼすと私は考えている。だから、自分の行... 続きを読む

  • 2017.5.4-5.7
    どんな分野であれ大きな成功を収めた人たちは断固たる強い決意があり、「粘り強さ」と「方向性」が定まっていた。
    →「情熱」「粘り強さ」を合わせ持った人たち。
    =グリッド(やり抜く力)が強い人たち

    ・最重要の目標に向かって粘り強く努力を続けるには、ピラミッドの下位の目標に関しては臨機応変に態度を切り替える必要がある。重要度の高い最上位の目標については、よく考え抜いてなっとくしたうえでインクで書くのに対し、重要度の低い目標は鉛筆がきにして、必要に応じて修正したり、削除したり新しい目標を加えたりしていくイメージ。
    スタンスは「何度やってもダメなら他の方法を試す」
    実際、重要度の低い目標をあきらめるのは悪いことではなく、むしろ必要な場合もある。他にもっと良い実行可能な目標があるなら、ひとつの目標だけにいつまでも固執するべきではない。同じ目標を目指すにしてもいまの方法よりもっと効率的な方法やもっと面白い方法があるなら新しい方法に切り替えるのは理にかなっている
    ・1番重要なことは「やり抜く力」の鉄人たちは「コンパス」を替えないということ。彼らはたったひとつの究極の目標があり、ほぼ全ての行動がその目標達成に向けられている。だから究極の目標に関しては、絶対に簡単に投げ出さない。

    ◆やり抜く力を内側から伸ばす
    1.興味
    -情熱を抱き、没頭する技術
    『情熱に従って生きよ』
    ・ほとんどの偉人は、「これだ」と思うものが見つかるまでに何年もかかっており、そのあいだ、さまざまなことに興味をもって挑戦してきたことがわかった。いまは寝ても覚めてもそのことばかり考えてしまうほど夢中になっていることも、最初から「これが自分の天職だ」と悟っていた訳ではなかった。偉人のほとんどが一生をかけてやりたいものが見つかるまでには、かなりの時間がかかっている。
    「思えば、自分が本当に好きなものを見つけるまで、40年もかかった」
    ・興味は内省によって発見はできない。外の世界と交流するなかで生まれるもの。
    ・「好き」にならないと、努力は継続できない。
    →必死に努力する以前に、まずは楽しむことが大事。まずは興味をもったことをひたらさらに楽しんで、どんどん興味が湧くようにした方がいい

    2.成功する練習
    -やってもムダな方法、やっただけ成果の出る方法
    ・成功者は一人の例外もなく「カイゼン」をしている→更に成長したいという前向きな思い、強い意欲がある(向上心)
    ・成長するには「時間の質」と「時間の長さ」が重要。「時間の質」を高くして取り組み、結果として「時間の長さ」になるということをやらないと成長しない。「時間の長さ」ありきで何も考えずに時間の長さだけを求めても成長するわけがない。時間の長さよりも「どう練習するかがカギ」
    〈時間の質を高める成功者の3つの流れの練習法〉
    ①ある1点に的を絞ってストレッチ目標(高めの目標)を設定する

    ②必ず反省、フィードバックを実施しストレッチ目標に到達する為の改善点を明確にする。
    ・自分のパフォーマンスに対するフィードバックを実施する。うまくいった部分より、うまくできなかった部分のフィードバックをより重視し否定的なフィードバックの改善に取り組む

    ③改善すべき点がわかった後は、うまくできるまで何度でも反復で繰り返し練習
    ・克服点、改善点は個々に違うため、一人の練習がより重要
    ・以前できなかったことがすんなりと完璧にできるようになるまで、できないと思っていたことが考えなくてもできるようになるまで。

    ストレッチ目標を達成した後は、新たなストレッチ目標を設定し弱点の克服に努める。小さな弱点の克服をコツコツと積み重ねることが驚異的な成長、熟練の境地に至る

    『痛みなくして得るものなし』

    ・質の高い練習は極めて「大変」で「楽しくない」。「楽しい」し... 続きを読む

  • はっとさせられる内容が多かった。


    <メモ>
    物事の達成に必要なことは、「才能」ではなく、「やり抜く力(情熱を持ち粘り強く取り組むこと)」が重要であり、後者は訓練次第で伸ばせること。

    ・才能<情熱、粘り強さ
    ・才能×努力=スキル
    ・スキル×努力=達成
    ・人生哲学、最上位の目標設定が重要
    ・意図的な練習により、質の高い改善が重要
    ・固定思考ではなく、成長思考で接する
    ・高い要求×支援を惜しまない姿勢でやり抜く力を伸ばす

  • 自分は比較的やり抜く力はある方だと思うけれども、それが何に起因しているのか自分なりにこれから考えたいと思った。

全167件中 1 - 25件を表示

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるを本棚に登録しているひと

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるを本棚に「積読」で登録しているひと

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるはこんな本です

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるのKindle版

ツイートする