やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

  • 1947人登録
  • 4.00評価
    • (144)
    • (171)
    • (94)
    • (12)
    • (9)
  • 192レビュー
制作 : 神崎 朗子 
  • ダイヤモンド社 (2016年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478064801

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
チップ・ハース
アーノルド ベネ...
メンタリストDa...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるの感想・レビュー・書評

  • 物事の成功は才能や遺伝だけで決まるのではなくGRIT(やり抜く力)が重要な要素になる。

    1万時間の法則は有名ですが、ポイントは時間だけでなく質という面。

    この本ではこれを「意図的な練習」と言っていますが、その説明を読むとまさに!と思わず膝を叩いてしまいそうなぐらい納得です。

    「才能×努力=スキル→スキル×努力=達成」

    この法則も非常に簡潔でありながら本質を捉えており、これが理解出来ると上達の近道が見えてきます。

    読めば読むほど今までもやもやとした部分がすっきりと腑に落ちていきます。

    非常に面白くためになる本でした。

    とてもおすすめです。

  • 一流と言われる人たちは何がすごいかというと、
    才能もそうかもしれないがそれ以上にたゆまぬ努力の
    積み重ねにより才能を開花させたことである。
    このたゆまぬ努力、やり抜く力のことをGRITという。
     GRIT = 情熱 × 粘り強さ

    また、GRITがある人は幸福であるとの統計的結果もあり、
     GRITがある→やりたいことを実現出来る→幸せ
    といった流れが確立されている。

    このGRITは後天的に身につけられる能力らしく、
    独自でも他力でも身につけることは可能。
    GRITが無い人は実践してみてはどうだろうか?

    【勉強になったこと】
    ・大きな成功を収めた人に共通する特徴
     並外れて粘り強く、努力家である
     自分が何を求めているかを理解している

    ・偉業というのは、小さなことを一つずつ達成して、
     それを無数に積み重ねた成果のこと。

    ・才能とは、スキルが上達する速さであり、
     スキルは努力によって培われ、かつ培ったスキルは、
     努力によって生産的になる。

    ・取り組むべきことの優先順位を決めるための3段階方式
     1. 仕事の目標を25個、神に書き出す。
     2. 自分にとって何が重要かをよく考え、もっとも重要な
       5つの目標に丸をつける。
     3. 丸をつけなかった目標を目に焼き付ける。
       そしてそれらの目標には、今後は絶対に関わらない。

    ・やり抜く力を持つ人に共通する特徴
     1. 興味を持って取り組んでいる
      自分のやっていることを心から楽しんでいる
     2. 日々練習している
      昨日よりも上手になるようにと継続的に練習している
     3. 目的意識を感じている
      自分の仕事が周りにとって重要だと確信している
     4. 自分のやっていることに希望を持っている
      どんなに困難な状態になったとしても諦めない

    ・GRITを伸ばすアプローチとして、内側・外側から伸ばす
     方法がある。
      内側から伸ばす方法:
       自分でマインドセットして努力する方法
      外側から伸ばす方法:
       上司などメンターをつけてもらったり、
       環境を変えることで意識を変える方法

    ・目的達成のためのアプローチ
     1. ある一点に的を絞って、ストレッチ目標を設定する
     2. しっかりと集中して、目標達成を目指す
     3. 改善すべき点がわかったら、すんなり出来るまで繰り返す

    ・ストレッチ目標に向けて努力し続けるのは苦しい。
     だからこそ、強制的に時間を取るといった強制力が必要。
     習慣化させてしまえば、苦にはならない。

    ・そもそも最初から他者のために役立つ目的を立てる必要は
     全くない。まずは個人的な興味からスタートして、真剣に
     取り組んでいくなかで人の役に立つ目的を見つけるのがよい。

    ・人は成長思考と固定思考の両方を持ち合わせており、
     成長思考の割合が大きくなればなるほどGRITは高い。
      成長思考:
       チャンスと周囲のサポートに恵まれれ、
       かつ努力すれば自分の能力を伸ばせる
      固定思考:
       人生には浮き沈みがあるだけで、
       そもそも人の能力というのは生まれ持ったもの。
     成長思考の人は、挫折を味わったとしても
     アプローチを変えれば乗り越えられるはずと解釈する。

    ・困難にぶつかり躊躇している人に対して、
     きっと困難を克服できると応援しても意味がない。
     そもそも乗り越える経験があるかないかなので、
     アドバイスをするのはよいが応援は意味がない。

    ・目的達成のためには、目的に向かってやるべきタスクを
     洗い出し、それを体系化して最初に取り組むべきタスクを
     選定す... 続きを読む

  • ○この本を一言で表すと?
     GRIT(やり抜く力)について様々な方向から書かれた本


    ○この本を読んで興味深かった点・考えたこと
    ・「やり抜く力」の定義や計測方法、その効果の研究や訓練方法など、多面的に書かれていて興味深かったです。サンプル数や母集団の適性性に疑義があることなど、研究としてはまだまだ不足していることなどが率直に述べられているところに好感が持てるなと思いました。何かを達成した結果、を導き出すための力、をつけるための根源的な能力、みたいな間接的な能力で、結果を計測しても他の様々な要因を排せないだろうなと思いました。

    ・自身が根性論を実践してきた方ですが、それを正しい方法だとは考えておらず、一時的な根性だけでは足りないと明確に書かれていたこの本を読んで少しホッとする思いがありました。根性による一時的な努力より、継続的な努力の方が重要だと何となく理解していながら実践できていませんでしたが、この本を読んで「結果を出すまでやり抜く力」を養う大事さを学べたように思えました。

    ・米国陸軍士官学校や「スペリング・ビー」で結果を出した者が、IQや測定された能力で優秀と判断された者とは限らず、「やり抜く力」がある者ということだけが有意だったと書かれていました。(第1章 「やり抜く力」の秘密)

    ・著者が教職に就いていた時に、呑み込みが悪くても授業の内容に集中して楽しんでいる生徒が結果を出していたことなどが挙げられ、多くの人が「努力家」よりも「天才」を評価する傾向にあることを実験結果と共に示していました。学校や企業など、様々な場所でそのバイアスがあるそうです。(第2章 「才能」では成功できない)

    ・すごい人を見ると、その人の努力を見るのではなく、「才能がある」「天才だから」と自分とは違う種類の人間とみなすことが、自分を楽にしたいからだと書かれていましたが、本当にその通りだと思いました。これまでにあった人の中で、そういった傾向のある人はかなりの数になると思います。(第3章 努力と才能の「達成の方程式」)

    ・著者のざっくりとした方程式「スキル=才能×努力」「達成=スキル×努力」で「達成=才能×努力×努力」として、努力こそ才能より必要なものであるとしているのは、この方程式の数字が正しいかは別として、実感として近いように思えました。(第3章 努力と才能の「達成の方程式」)

    ・「ものすごくがんばること」と「やり抜くこと」は異なると書かれていて、自分が前者のタイプだけにその通りだなと実感として思いました。短期間に努力することより、長期的に取り組み続ける方が困難で、結果が出るだろうなと思います。(第4章 あなたには「やり抜く力」がどれだけあるか?)

    ・グリット・スケールをやってみて、最初は自己評価のみで考えるとかなり低い点数になりましたが、「周りと比べてどうか」という尺度でやり直すと平均より上くらいにはなりそうでした。(第4章 あなたには「やり抜く力」がどれだけあるか?)

    ・何でもやり抜く、というのはおかしな話で、自分の動機の中で高位の大きなものに繋がる動機、譲れない動機に対してやり抜く、というのは重要な考えだと思いました。司馬遼太郎の小説で、知行同一の陽明学を信奉する者が所与の条件に異議を挟まずとにかくやり抜くケースが何例か書かれていて、どこか正しいとは思えなかったのですが、自己啓発オタクと呼ばれるような人は「とにかくやり抜く」という方向に走りそうで、「何を」やり抜くかという視点は重要だなと思いました。(第4章 あなたには「やり抜く力」がどれだけあるか?)

    ・やり抜く力は伸ばせること、年齢層の高いものほどやり抜く力が強いことなどが書かれていました。やり抜く力の鉄人に共通する4つ... 続きを読む

  • やり抜くことの重要さを様々な根拠をもとに訴える。とても説得力があり、驚きの研究などもあるので楽しく読める。一方で具体的にどうすればよいか、どう教育したらよいかについては、知ってたというようなことが多いのが若干不満だが、王道に近道はないのだろう。

  • 成果=努力投入量×能力, 能力=努力投入量×才能
    従って、長い目で見れば努力がモノをいうことを科学的に証明したアンジェラ・ダックワースの本。
    ただむやみに努力しては時間の無駄、と単なる根性論で終わっているわけではないところもポイント。一度挫折したときにもう一度挑むことは難しいが、そうすることのできる人間がより成果を上げる。

  • 成功するためには、才能ではなくGRIT(やり抜く力)が大切である、というのが本書の主旨である。

    何かを成し遂げるためには努力が必要であるが、そのための能力をGRITと定義し、それは粘り強さと情熱に分解できるとする。

    このGRITは遺伝の影響を受けながらも、後天的に伸ばすことが出来る。これは我々平凡な人間にとって朗報である。

    伸ばすためにはどうすればいいのか?GRITに必要な要素は4つ:興味、練習、目的、希望である。何かを心から楽しむ興味ややっていることをの重要性を理解する目的は情熱を育み、何かをやり続ける練習や困難に立ち向かうための希望は粘り強さを強化する。後半はこれらをどう伸ばすかが説明されており、GRITを伸ばすことに特化しているが教育方法にも触れられている。

    才能か努力か。そして努力する才能なのか。これは長年議論されてきていることだが、科学的なアプローチで努力が重要であり、そのための能力が伸ばせるということがわかったのは非常にありがたい。結局は何かを成し遂げるための簡単な道はないのだが、今歩んでいる道が間違いではないことがわかったのは大きな自信にもなる。

  • やり抜く力が人生では一番大切であり、やり抜く力を強化するにはどうしたら良いのか、が端的に書いてある本。まだ研究中という話なので、「○○するだけでOK」という事がまとめて書いてあると言うよりは、成功した人達にはこういう共通点があるよ、というのが淡々と書いてある本。頷けることも多かったし、非常にサクサクと読めたんだけど、読み終わった後に「あれ?じゃあグリットを高めるには何をやれば良かったんだっけ?」という妙な感覚に包まれてしまった。要は本の内容が頭に殆ど残らなかったというか。また読み直してみたい。

  • 情熱と粘り強さ。
    やり抜く力は伸ばせる。
    興味を掘り下げる、練習・意図的な練習、目的を意識する、希望を持つ。
    外側から伸ばす。

  • かなり興味深かった。子育ての参考にしたい。出来れば論文のサイテーションが欲しかった。

  • やり抜く力 GRIT(グリット)
    2016/9/9 著:アンジェラ・ダックワース

    持っている能力を十分に発揮するためには、「やり抜く力」が重要である。私たちが人生のマラソンで何を成し遂げられるかは、まさに「やり抜く力」-長期的な目標に向けた「情熱」と粘り強さ」-にかかっている。

    「情熱」とは、自分のもっとも重要な目標に対して、興味を持ち続け、ひたむきに取り組むこと。「粘り強さ」とは、困難や挫折を味わってもあきらめずに努力を続けることである。

    本書では、人々がそれぞれに分野で成功し、偉業を達成するには、「才能」よりも「やり抜く力」が重要であることを科学的に以下の3章により証明している。
    ①「やり抜く力」とは何か?なぜそれが重要なのか?
    ②「やり抜く力」を内側から伸ばす
    ③「やり抜く力」を外側から伸ばす

    本書に救われる人は私以外にも多いのではないだろうか。
    全てのこの世の成功者は「才能」があるから成功しているのである。そう言われてしまうとそうだと思ってしまいたくもなるが、本書ではそうではなく「才能」よりも「情熱」と「粘り強さ」から構成される「やり抜く力」が成功に大きく起因しているという。

    さらに「やり抜く力」は環境や努力次第で「伸ばすこと」が出来る。なおかつそれが科学的に立証されているという。この世はうまくできているものでやはり「努力」により如何にも変わる。変えることができる。

    ぐいっと背中を押してもらえる本。
    訳本ではあるものの、非常に読みやすい一冊。
    読む価値は十二分にある。

  • まさに私に足りないもの。この本を読んでもいやー私にはやり抜く力はないなーなんて感じながら読んでたけれでも、読み進めるうちに、やり抜けるものを見つけてみようかなと思った。

    とりあずは、昔やってたものからまた始めてみようかなー
    「やり抜く力」が身につく4つのルールで書いてあったけど、”やめてもいい”だしね。条件付きだけど。

    とりあえず、やる気を出させてくれる本でした。
    もっと著者が研究を進めて、より具体的な研究結果が出たらそれもまた読みたいな♪

  • 「どうすればやり抜く力(グリット)が身につくのか?」というよりも、「いかに人生で成功を勝ちとるにはグリットが大切か」という部分に重点が置かれていて、「で、具体的にはどうすればいいの?」という部分には余り対応していない。また、翻訳されたビジネス書にはよくありがちだが、ダラダラとしたあまり意味のない例文が続いて、読んでいると結局この章では何が言いたかったのかがよくわからなくなる。帯で煽るほど確立されたメソッドはかかれていないので、読み物として読んだほうがいいかもしれない。

  • 自分は楽天的と思ったが、そうではなかった。ポジティブ心理学や習慣に関して興味深かった。本中に紹介されている。天才たちの日課とポジティブ心理学は読み始めた。

  • 昨年のTEDでも取り上げられた流行りモノを一足遅れで(笑)ビジネス、アカデミア、アスリートどの世界もトップパフォーマーの成功は才能よりもGrit(やり抜く力)の要素が強いらしい。本書はそのやり抜く力は何であるか、それを自発的に伸ばす方法、外から育成する方法について、自らの研究結果や経験、知見をまじえて自伝的に語っています。ともすると、成功体験をダシに使った単なる精神論や根性論になりがちな内容ですが、心理学の研究や実験などでの裏付けを多く提示しており、感覚的にも説得力ある説明がなされています。ただ、いかんせん自伝的要素が強く、研究成果も道半ばな感がありますので、これから色々な分野での適用例が待たれます。使えるネタは満載です。

  • 何かを成し遂げるには、才能よりもやり抜く力が必要ということを心理学の実験を通して解説されていた。

    やり抜く力が必要なのは当たり前のことだと思うが、この本に書かれていた“『才能』とは努力によってスキルが上達する速さのこと。一方、『達成』は習得したスキルを活用することによって表れる成果のこと”という文を読み、自分の考えの甘さを痛感した。

    スキルを身につけるのに努力を必要とし、身につけたスキルを活かし努力することで物事を成し遂げることが出来る。つまり、才能以上に努力を要さないと何事も達成出来ないということであり、とても厳しいなと感じると同時に努力を怠らなければ大抵のことは何とかなるという希望を持つことが出来た。

    この本を読んでコツコツと前に進んでいこうと思えるようになった。

  • まず、やり抜く力は伸ばせる。
    伸ばす方法には2つあって、一つは「内側から伸ばす」。
    つまり「興味を掘り下げる」「自分のスキルを上回る目標を設定してそれをクリアする練習を習慣化する」などがある。
    2つ目は「外側から伸ばす」。
    つまり親や周囲の人が重要な役目を果たす。
    楽な方法は、集団に溶け込もうとする人間の欲求を利用して、意識の高い人達と一緒の環境にいることが良い。


    子どものころになにかを乗り越えた、うまくできたという経験は、ずっとあとまでに効果をおよぼすと考えられる。
    習い事、課外活動は効果的。

  • 書名は似ているが、こちらは心理学の教授による研究の成果という感じのやり抜く力GRITに関する本。
    本気になれる高次の目標を自分で設定し、少しずつでも具体的な行動として継続する、練習を重ねることで必ず熟達することを忘れず意図的な練習を一定期間は続ける、失敗に学びを見出す前向きなマインドセット、そして周囲からの厳しくも暖かい支援。熱意が持てるような理想の目標を見出すにも、まずは実際にトライして判断すること。
    やり抜く力をつけることができると信じられる。一方で、やり抜く・諦めない一辺倒ではだめで、例えば登山のように、目標にしがみつかずに撤退を決断する勇気が必要になることもある。
    バランスをとりながらも、情熱をもって真剣に人生を歩むことが、自分自身の期待に応えることだろうなと感じた。
    興味のある人物を知ったら直接会って話を聞く著者の行動力にも感心させられた。
    17-26

  • この本おもしろい!
    才能✕努力=スキル、スキル✕努力=達成、「達成」を得るには「努力」が2回影響する。
    「やり抜く力」が強いということは、一歩ずつでも前に進むこと。興味のある重要な目標に、粘り強く取り組むこと。厳しい練習を毎日、何時間も続けること。七回転んだら八回起き上がること。
    結論に意外な内容はないが(むしろ真っ当)、膨大なエビデンスに基づき科学的に導かれている、しかも平易な文章で。
    今後継続して再読することになるだろう。“GRIT, GRIT, GRIT, …”と唱えながら。

  • 「やり抜く力」をいかに育むか、本人の意志ももちろんだが、周りのサポートする環境も大事だ、という印象。
    職場に置き換えて考えると、いかにメンバーに気持ちよく働いてもらうか
    その環境をつくるマネジメント力が大事ではないかと、この本を読んで自分の環境に置き換えて感じた。

  • 話題の本なので読んでみた。全編通して”やり抜く力”の重要性を説いており説得力はあったが、少々疑問の感じた。やり抜くことの大切さは分かるが、時には逃げることも必要ではないか?この本の論でいけば、ある程度の期間はやり続けなければならない、それより見極める力を養うほうが重要かもしれない。個人的にはやり抜く力を備えさせるための環境づくりの下りは興味をもって読めた。

  • 『「GRIT」すなわち「やり抜く力」は、「情熱」と「粘り強さ」のふたつの要素から成る。長期的にみれば、「才能」よりも「GRIT」が成功への鍵であり、それが幸福にもつながる。』非常にポジティブな理論で良本。アメリカの教育省において、この「GRIT」が教育の最重要課題として提唱されているらしい。もう一度読み返し、自分なりにまとめようと思う。

  • 前半がやり抜く力の定義と測定法、後半が自分と子供のについてどうやってやり抜く力を伸ばすか。
    グリッドスコアが見事に低くて納得。続けるには、興味、練習、目的、希望が必要。仕事を、どれだけ切望し、強い情熱と興味を持っているかが成功にかかわる。エキスパートと初心者では動機づけが異なって当然。
    ショートターマーかもしれない。どんなことを考えるのが好きか。いつの間にか考えることは何か。本当に大切に思うのは何か。もっとも重要なことは何か。何をしている時が最も楽しいか。これだけは耐えられないことは何か。
    頭打ち状態に陥らないための取り組みとしての改善。1万時間は平均。意図的な練習が重要。ある一転に絞ってすとれっち(高めの)目標を設定する。しっかり集中し、努力を惜しまずにストレッチ目標の達成を目指す。改善点を見つける作業をする。速やかなフィードバック。改善点がわかったらうまくできるまで何度でも繰り返し練習する。小さな弱点の克服を重ねる。一人で練習する。意図的な練習は大変で楽しくない。苛酷に感じられるはず。最大日1時間程度、休憩を入れても3-5時間が限界。フローとは別。フローは本番型というか結果。努力の結果が出たときの高揚感を体験するのことの重要さ。練習を習慣化する必要性。ひとのやくに立っている感覚。そのものへの興味。私ならきっと変化をもたらせるという確信。失敗を努力不足とみなす。

  • 世界中の起業家も注目する「GRIT」
    ・何かを成し遂げるには才能ではなく努力
    ・スキルを持つには才能ではなく努力
    ・遠大な目標がないと続けることはできない

  • この間読んだ鬼速PDCAでもそうだったけど、成功成長するためには一つの目的のために日々の小さな努力を重ね続ける事なんだよね。目的がはっきりしてれば、小さな努力は喜びにつながる。

  • やり抜くということがタイトル通りだが、いかに大切かを伝える本。ちなみに精神論ではなく、科学的な調査に基づいている。
    頑張ることに対してはすごく励みになる本。
    だけど、成功するためには正しい方法で目標に向かわないといけないので、そこを履き違えないように。

全192件中 1 - 25件を表示

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるを本棚に登録しているひと

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるを本棚に「積読」で登録しているひと

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるはこんな本です

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるのKindle版

ツイートする