生まれつき美人に見せる

  • 169人登録
  • 3.66評価
    • (11)
    • (15)
    • (20)
    • (4)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 吉川康雄
  • ダイヤモンド社 (2015年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478064863

生まれつき美人に見せるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • *あなたの顔はそのまま、それが何倍にも美しく見える。30メートル級の美女オーラが出る方法。NY在住世界的メイクアップアーティスト、初の一冊!! *

    いや、勉強になりました!メイクと言えば雑誌の特集をちらっと読むくらいで、この本のようにメイクに対する姿勢や哲学を理論的にとらえたことがなく…まさに目からウロコでした。無理やり作る美ではなく、「あなたの顔はそのまま、それを何倍にも美しくするメイク」と言うのがいい。とにかくツヤ命!今まで漫然としていたメイク、これからは明確な意識を持ってのぞみたいと思います。美人は気合から。

  • 最近読んだ美容系でいちばん楽しく読めました。言葉のチョイスが面白い!ツボ!
    眉毛裁判だとか、色素沈着がない人は面白みがないとか、その発想はなかったなあ、という話が盛りだくさん。男性目線というのもあるのかな?女性が気にするオイリーだとかニキビ、ソバカスなども些細なこととして放っておく。気分が軽くなりました。
    繰り返し読みたい一冊です。
    2016.09.15

  • [図書館]
    読了:2016/7/30

    やたらオイルファンデを推すなぁと思ったら、この人のプロデュースしてるブランドの商品なのね。なーんだ。

    男性だからか、p. 37「せっかく女に生まれたからには、見えない中身ではなく外見で男を一本釣りしてほしい。でないと、悲しいじゃありませんか」(「ブスだけど性格がいい」女に対する言葉)だとか、あらゆるところに「女は男にいい値段をつけてもらうためにメイクをする」という価値観が出まくっていてうんざりした。まぁしょうがないけれど、共感はしなかった。

    化粧法も、とにかくコッテリ保湿、ニキビができてもいい…って、良くねーよ!とツッコミたくなるものが大半で、モデルばっかり相手にしてる人じゃ一般人の実用には程遠いのか、と思った。
    メイク写真も外国人モデルの雑誌用写真(修正済みでは?)の再録ばかりで、この人のメイク論が最終的にどういう結果になるのか、ほとんど分からなかった。

    アイメイクは「目を大きく見せる」のではなく「黒目を引き立てる」ためにするもの、黒目の少し外側のアイシャドウを濃くする、というところだけが役立った。

  • 髪と眉の色をそろえなくていい、などほかの本・雑誌では見なかったアドバイスが載っていて参考になった。

  • 自分の生まれつき持っている素材を上手く生かすことによって、美人に見せるというコンセプトの本。著者は、NYを中心に活躍しているメイクさんで、この方のメイクの特徴はツヤを一番に考えるナチュラルな美しさという点。
    それゆえ、自分の素顔が好きじゃないという人には、本書の内容を実践するのはかなり難しい。すっぴんだと色々と気になる点もあるけど、自分の顔の作りは好き/嫌いじゃないという人向けという気がする。
    本書は、文章による説明がメインで、メイクだけでなく体や髪についても述べてある、著者の美人総論という内容である。だから、メイク初心者の人が本書を読んで実践するには少々具体性に欠ける。さらに、著者はツヤ感を第一に考えており、テクニックに油分が多く使用される。マットな質感やメイクしてます感が好きな方とは、本書の方向性が違ってくる。

  • 大崎Lib まだ

  • 自分の顔に、少しは自信が持てるようになりました。
    オイルファンデーション使ってみたい。

  • 30m級の美人になるには服で。
    近めの美人になるには肌で。

    とにかく、オイルをぬって艶を出す、と。
    そんなのでいいのかなぁ...と思いながら。。。
    ヴァセリンを買って塗りました。

    美人への道は長い、というのが結論!

  • 髪を先に仕上げる
    顔周りの髪さえ似合っていれば、長さなどなんでもOK

    目を大きくではなく、黒目を引き立たせる
    シャドウを黒目の外側に

    バームを塗ってまぶたにツヤを出す

    口紅を塗る前にリップクリームやバームを塗る

  • この手の本はあまり読まないのだが、意外に読みやすく、楽しめた。
    今の日本人はマットな肌を好むけれど、お肌テカテカでもいいんだよ! といった話。
    美しくないところを受け入れて、より美しいところを磨いていけ、と。

    先日、上司の誕生日プレゼントにラメいりのオイルをプレゼントした。
    上品なラメで、デコルテにつけるととても綺麗だろう。
    大人で色気のある女性にピッタリだと思う。

全21件中 1 - 10件を表示

吉川康雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ロバート キヨサ...
宮下 奈都
村上 春樹
デール カーネギ...
佐々木 圭一
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

生まれつき美人に見せるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生まれつき美人に見せるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生まれつき美人に見せるを本棚に「積読」で登録しているひと

生まれつき美人に見せるの作品紹介

あなたの顔はそのまま、それが何倍にも美しく見える。30メートル級の美女オーラが出る方法。NY在住世界的メイクアップアーティスト、初の一冊!!

生まれつき美人に見せるはこんな本です

生まれつき美人に見せるのKindle版

ツイートする