戦略読書

  • 841人登録
  • 3.77評価
    • (39)
    • (91)
    • (54)
    • (6)
    • (6)
  • 84レビュー
著者 : 三谷宏治
  • ダイヤモンド社 (2015年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478065693

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

戦略読書の感想・レビュー・書評

  • 来年、新卒1年目の自分としては、大学4年のこの時期に出会って良かった本。

    漠然と、来年からの社会人としての準備をしようとビジネス書を読んだりしてたけれど、「どういう本を、どんな目的で、どんな読み方をして読めばいいか」という点について全然考えていなかった。

    その意識を変えてくれただけでも、この本を読んで良かったと思います。

    ただ、半分くらいは著者が好きな本をこれでもかってくらいオススメする内容で、本の大事な点を要約してみるとページ数の割に、情報量が少ないです。もう少し値段安くして、100ページくらい省略したほうが売れる気がしました。

  • みんなが読む本を読んでいたら、考え方もみんなと同じようになる。だから、みんなと差別化を図るために選書も読み方にも戦略が必要だということが400ページを超す分厚い本に著者の読書遍歴や本への愛着を交えながら熱く語られた、いわゆる本好きには、たまらなく嬉しくなる本です。

  • 沢山本を読んでいて発想力豊かな三谷さんの、読書戦略及び、具体的な選定方法や読み方、そしておすすめの本の書評などがあるだけで、十分価値のある本だと思います。

  • 本屋にあふれるビジネス本でコモディティ化しないために読書にもポートフォリオを。といいつつ、中身はとてもありきたり。ビジネス本ゴロの作者が、ビジネス本に飽きつつある人たちに、新たな売りつけ方を考えた、という感じ。具体的な本も、まったく新しい本と出会えと言いながら、かなり偏りがある、SFか、自分の職業柄のコーチング的なものばかり、いい感じの想定とタイトルにだまされたかも。成熟市場で新たにモノを売る手法としては勉強になるかも…。

  • 本の読み方の本。古典~小説まで必読書を羅列。
    筆者の言葉を借りれば、何を薦めているか、「粗読」みすればよい書籍。

  • 著者によると私たちの精神や思考は読んだ本で出来ているということです。
    著者自身の精神と思考を公開するという意味もあるのでしょうか、
    巻頭ページのカラー写真には著者の自宅の写真が掲載されています。

    書斎は壁一面の本棚に蔵書がずらりと並んでいます。
    漫画部屋の中ではハンモックが吊ってあり
    優雅にマンガを読んだりしています。
    その他家中に本が置いてあります。
    しかし乱雑な感じは全くありません。
    とてもよく整理されています。
    かなりうらやましい家です。
    本棚がその人を表すというのなら
    とても豊かで鋭い思考をお持ちの方なのだろうと推測できる写真です。

    著者は経営コンサルタントなどをしてきた方です。
    よっていかにビジネス社会でとんがったオリジナルな人材になれるか?
    という視点で読書の効用を研究してきたようです。

    その研究結果がこの本のタイトル「戦略読書」だということです。
    《読書生産性=読書から得るもの(リターン)÷かかった時間や手間(コスト)》
    そして読書は生きて行くための武器だとはっきりと定義しています。
    そこまではっきりしてもらえるとスッキリしますね。

    面白いなと思ったのが「読書ポートフォリオ」という考え方です。
    あらゆる本を4つのタイプにわけます。
    ①ビジネス基礎
    ②ビジネス応用
    ③非ビジネス基礎
    ④非ビジネス新奇
    そして自分のキャリア、年齢などに合わせて
    バランス良く読んでいく、という考え方です。

    本書にはそれぞれのキャリアに応じたモデルケースも掲載されています。
    新社会人なら、①ビジネス基礎を重視、こんな本がおすすめですよーと
    いうような感じですね。

    もうひとつ読書から効率よく情報を得るための5つ視点というのも参考になります。
    視点は5つに分かれます。
    ①反常識 それまでの常識を覆している部分をさがす
    ②数字 数字で表されている部分を探す
    ③対比 過去や他業界との比較をしている部分を探す
    ④一段深く 出典まで読む。関連書籍を探す
    ⑤抽象化 事例を一段だけ抽象化して記憶する
    なるほどこの5点に注目していくだけでも
    ポイントを絞った効率に良い読書が可能になるかもしれません。

    少し本の体裁のためか?情報量が多すぎるためか?
    読み進めづらい感もありました。
    だけど少しずつでも読み進めてみたいなあと思わせる本ですね。
    身近なマンガからSF小説、ビジネス書、古典まで
    あらゆるジャンルを網羅したブックガイドとしても高いレベルの一冊です。

  • 「読書ポートフォリオ」なる概念を提唱する読書術の本。書店で立ち読みして、ああ読んでみたい、でもサイズがでかいしマンガとか興味ないし最近こういう本いっぱいあって粗製乱造気味だし、と逡巡したあげく電子書籍版で読むことにしました。

    「読書ポートフォリオ」とは、読むべき本を①ビジネス基礎、②ビジネス応用、③非ビジネス基礎、④非ビジネス新奇、という4つの象限に区分けして、これを自分のキャリアの位置づけに応じて比重を変えて管理するというもの。

    試しにわたしが今月読んだ16冊の本をこの区分に従って分けてみると、①ビジネス基礎:0冊、②ビジネス応用:5冊、③非ビジネス基礎:10冊、④非ビジネス新奇:1冊、という結果になりました。予想通りといえば予想通り、仕事とは無関係な本、しかも自分が知っている分野を掘り下げるような本ばかり選んでいるということです。

    著者は「ビジネス基礎」をある程度読んだ読者には"ビジネス書を1冊読もうと思ったなら、同時に1冊、非ビジネス系の本を探しましょう。買うとき・借りるときは、いつも2冊同時です"とアドバイスしています。わたしはビジネス系が手薄なので方向性は逆ですが、やはりこの1対1方式を導入すべきでしょう。

    趣味である読書に「効率」なんて求めてどうする、速読なんて美食家に早食い競争させるようなものだ、というのがわたしの持論です。それは変わりません。でも読む本が偏るというのは望ましい姿ではないとも思いますので、本書の指摘はすんなり腑に落ちました。類書と比べて押しつけがましい感じもなく、良い本です。

  • 16.1.16
    せっかく本好きなので、今までの偏った読者から何か高められる読み方をしたいなぁ、とこの本を読むことに。
    読書ポートフォリオとして読書の管理、配分、読み方の工夫、読め方による理解と応用。
    趣味としての読書しかしてこなかったのでなかなか実践は難しそうだけど、ひとまずビジネス、非ビジネスを半々で一年間実践してみよう。

  • 限られた時間の中で読みたい本や読むべき本がたくさんある際、どうしたらいいのだろうと本書を手に取りました。技術論ではなくどちらかというと、読む本の選定や時間配分についてが主な内容。
    筆者が社会人になり、他人と同じ本を読んでいたら、同じことを言う自分になってしまったことにショックを受け、読んだ本が思考を形成していることを実感、意識して読むもののポートフォリを組み立てた経験から編み出された理論。ぼんやり疑問に思っても、あまりその部分を強調する読書論はなかったので新しい視点でした。

  • 読書という行為に対して、PPMというフレームワークを適用して、自分のキャリア形成に効く読書法が提案されます。

    大学4年生の時に出会っていたかった本です。

    就職先の決まった大学4年生、社会人1年目の方はまさに戦略読書を進めていく上での一例として挙げられているので、おすすめします。

    また、読書を自分の成長のための活動と位置付ける方にも刺激が得られる内容だと思います。

    内容については…本書のp363〜p.365を読んでみて下さい。
    ここに著者自身がまとめと本書の目的を簡潔に書いてくれています。

    本と、本を読む人への愛が詰まった本です。
    本が好きであることが嬉しくなります。

  • 戦略読書

    本書も私の大好きな読書指南本。



    結構なボリュームがあり
    400ページを超える。


    装丁も非常にスマートで恰好が良く
    見た目も、勿論内容も好きな一冊。


    著者は子どもの頃から所謂「本の虫」で
    小学校に入学して間もなく入院をしてしまうが、
    その時に先生方から差し入れとして多くの本を
    頂いたという。


    それらの本を読み漁りなんと40日間で100冊を
    読破したという。


    その読書体験をきっかけに読み続けている。


    本が凄く好きという単純な事ではなく、本書を読むと
    お分かり頂けると思うが「文字」に興味があり
    「文字」「活字」なら何でも「読む」という
    活字中毒でもある。


    そんな著者ですが、勿論社会人になっても年間100冊は
    読み続ける。


    その時は社会人らしく「ビジネス本」100%だったという。


    ある会社の中で何気ない話しで回りの人間と同じ話し、
    同じような言葉を発したという。


    その時「ツマラナイ奴」になってしまったという感覚をもち
    愕然とする。


    以前は科学、SFなど様々な本を読んできた著者だか
    皆と同じ本を読み同じ思考が出来上がってしまった。


    人体の細胞の多くが一か月から半年強で入れ替わる。


    人の身体が食べるものからできているように
    人の精神は読むものからできている。


    その経験から「読書ポートフォリオ」を意識して「戦略読書」を実践するように。
    また、人生のステージ事に「読書ポートフォリオ」を組みなおす必要性も
    謳っている。


    本書は少し違った読書術なるものを学ぶ事が出来る。


    本書の中で紹介されている435冊もの書籍群も定番の書、古典は勿論、
    SF、科学、心理学、脳科学とバラエティに富んで興味深い。


    同じカテゴリの「読書術」について書かれている本でも
    色々な人の思考に触れる事が出来る。


    これだから読書は面白い。


    冒頭にも書いたが400ページを超えてはいるものの
    読みやすく、紹介されている中にマンガもあり
    本を読む事のハードルも高くならないように
    設計?されているのでスラスラを読めると思う。


    興味があれば本書から、紹介されている本と辿っていき、
    様々な知識に触れて欲しい。


    インターネット上のリンクをクリックし続け
    新しいページを発見するように。


    http://blog.livedoor.jp/book_dokushonikki/

    http://jisho.blog.jp

    http://shingorin-kimagu.blog.jp

  • ・私は読むことも好きでしたが、得意だったのはそこから何を読み取るか。一葉知秋。
    秋が来たことを知るのに、葉っぱ全部の紅葉や落葉を待つ必要はありません。1枚の落葉がそれを知らせてくれます。問題はそれに気づくかどうかだけ。

    ・人の体は食べるものからできているように、人(の精神)は読む者からできている。

    ・読書の目的は「自由に生きる」こと。自由に生きるために必要な3つの力。
    ①想像力:自分で多くを想像しなくてはなりません。状況を思い浮かべ、登場人物たちの心情を思いやる。
    ②クリティカルシンキング:より複雑で美しい言語に親しむことができ、きちんとした合理的・論理的な思考力を身につけられます。
    ③メタ認知能力:メタとは「一階層上の」という意味なので、
    自分がそれを「知らない」ということを知っている(無知の知)
    自分が何をやっているかわかっている
    自分が今はやれないことをやれるように改善する(PDCA)
    というような心の動きや、そこからの行動を指します。要は、自分を客観視し、変革できる力といえる。
    読むで終わらず「教える」ことも、メタ認知能力向上にききます。学んだことの一つで構いません。得た知識を「相手に合わせて自分の言葉で説明する」という行為が、メタ認知を生み出します。

    リベラルアーツの原義は「非奴隷たる自由人としての力を得る、人を自由にする学問」。
    人や社会を対象にするときは「言語」が言葉で、「哲学」が論理。
    自然を相手にすれば「数学」が言葉で、「物理学」が論理。

    ・若者の前には「経験の壁」が立ちはだかっています。世の中がどんなに複雑でも、さして変化がないのであれば、経験こそがものをいいます。たまたま先に生まれた者の経験と勘が、後輩のそれに優るのです。でも、本のような「知の集積」が存在すれば逆転が可能です。

    ・誰とでも取り換え可能な大量に存在するコモディティ人材になってしまっては話になりません自分をこれまでより少しだけ、取り換え困難で、少数しか存在しない価値ある存在にしていくことが、必要です。自身をオリジナリティある、時間効率の高い人間に高めていく。

    自分がいかに優れていても、「競合」がそれ以上であれば事業は失敗してしまいます。自分の強みを磨くより、敵の弱みを研究することでこそ、突破口も見つかるかもしれません。

    「便利な作業者」は仕事を断りもせずどんどんこなしてくれるので、仕事がさらに集まります。そうして作業だけに没頭して1年ほど経った時、その職場の常識に染まった、自分でものを考えない「スーパー作業者」ができあがるのです。「便利な作業者」は数年後にきっとこういわれます。「物足りないな」「自分の意見はないの?」

    【セグメントことに読み方をかえる】
    ビジネス基礎:少数の個展をじっくりと読む。
    ビジネス応用:成功・失敗事例やファクトのみをピックアップし、新しいコンセプトやフレームワークの学習は最小限にとどめる。どうせ使いこなせないから。1冊の本から、新しく自分の身につけられる習慣やスキルなど、せいぜい1つか2つ。
    非ビジネス基礎:ヒトやコトの本質に迫る本を選んでじっくり読む。良いと思ったら、その本質をちゃんと抽象化して記憶しておこう。
    非ビジネス新奇:売れたモノや信頼する人のお勧め本を斜め読み
    ・発見につながる5つの視点
    ①反常識:それまでの常識・固定観念が覆された部分を探す
    ②数字:とにかく数字に落ちるものを見逃さず発見する
    ③対比:過去や他業界の例と比較して差を見つけ出し、それが大事かどうか見極める
    ④一段深く:出典まで読む。関連書籍を読む。
    ⑤抽象化:事例や情報をそのままでなく、一段だけ抽象化して記憶する。

    ・人は、その時々の流行の学問やテーマに流されてい... 続きを読む

  • データ,インフォメーション,インサイト,コンセプトに示された知の構築法により,自身の頭が整理された.図書館借用.

  • 人は、その人が食べたものでできている
    とよく言われます。

    同じように、人の精神は
    その人が触れてきた考え方でできます。

    そして考え方に触れるためのひとつに
    読書があります。


    本日ご紹介する本は、
    読む本を戦略的にすることで
    自分を作る考え方を紹介した1冊。


    ポイントは
    「ステージ」


    「ステージ1」

    ビジネスの基礎を身につける。

    100%ビジネス系の本を読んで、
    セオリーを学ぶ。
    基礎ができると本を読むスピードは5倍になります。


    「ステージ2」

    ビジネスの基礎が身につけば、
    次は、一般常識からの離脱。

    ビジネス系非ビジネス系の本を1:1の割合で読む。
     何をビジネス系の強みにしたいのか?
     非ビズネス系で好きなジャンルは?
     自分をどんな存在にしたいのか?
    などを考えることが重要。


    「ステージ3」

    一般常識に囚われなくなれば、
    次は、新しい領域を切り開く。

    新奇なモノや教養分野の本を増やす。

    本の中から、
    常識が覆されたポイントや
    過去や他業界と比較して吐出するポイントなどを
    発見することが重要。

    ぜひ、読んでみてください。

    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    幅広いジャンルの本を読むことは、新しい発想を生み出すことにつながる
    戦略とは資源配分そのもの
    同じ情報でも何を読み取るかは自分次第
    読み方でなく、読め方の差が本当の差になる
    発想のためには、自分自身の視点にこだわらず、他人の視点を借りるのが早道
    T型人材になることで、幅広く他人の視点を借りられるようになる
    他者から学んでもそれについて自分なりに考えなくては身につかない
    思考とは広げることと絞ること
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    序章 戦略読書のススメ――読書には戦略が必要なのだ
    第1章 読書ポートフォリオ・シフト――セグメント管理で資源配分を変える
    第2章 セグメント別戦略読書――読み方を変えて効率的にリターンを得る
    楽章1 ボクたちは読んだものでできている――私的読書全史
    第3章 発見型読書法――5つの視点で5倍読み取る読め方革命
    第4章 知のオープン化――書斎と本棚と魔法の1冊
    楽章2 みんなと同じ本を読んではいけない――オリジナリティを育てる珠玉の12冊
    終章 知と行のサイクル――読書→思索・行動→発信→スキル
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 【No.97】「人の体が食べるものからできているように、人(の精神)は読むものからできている」「”みんながしていることをやる”という同質化戦略をとるなら、みんなの3倍頑張る努力か、みんなと一緒に絶滅する覚悟が必要。もし、そのどちらもないというなら、他人とはちょっと違う道を選ぶことをお勧めする」「人と同じことをしていれば、同じ思考や行動になってしまうのは当然」「人間は接する情報に左右される」「普段の生活の中でも、何かが気になる瞬間がある。それを決して見逃さないこと。そして軽んじないこと。それは貴重な発見。考えてわからなければ、すぐ調べるか、あとで調べられるように書き留める。”何かに気がついたのだけれど”ということだけ覚えていることほど、悔しいことはない」「相手の知識レベルや情報処理能力に合わせて、伝えなくてはいけない。短くしたり長くしたり、抽象的にしたり具体化したり。ダメなら何度も繰り返す」「自分の好きなテーマ・得意なテーマが、いつか流行ると信じて、発信を続けましょう」

  • 「読書という個人の学習活動」を、企業に対する経営戦略論の視点から考える本。全437pと分厚いが読みやすい。
    著者の提案は以下の通り。
    1 年間100冊の本や雑誌を読むべし。
    2 読んだ本を「読書ポートフィリオ」として管理・再配分しよう。
    3 ポートフィリオは自分の社会人ステージに合わせて、意思をもって変えていこう。
    4 各セグメントでの読み方も、意図的に変えていこう。→粗読み、斜め読み、熟読、重読。
    5 「読め方」によって価値が変わる。→対比、反常識、数字、一段深く、抽象化の5つの視点を用いる。
    6 小さくてもよいので書斎コーナーを持つ。
    7 読書→思索・行動→発信→スキルのサイクルを回す。

    忙しい社会人はただの娯楽としてだけで本を読むことは許されないのが悲しいところ。何か役に立つかも、立たせよう、として読む本は辛いことも多い。仕事で読まなくてはならないのならなるべく小さい努力で最大限の効率を挙げたい。そのような時、このような達人の読書術は大変参考になる。
    社会人としてのライフステージに合わせてポートフィリオを変化させる必要性、またその構築の仕方のくだりが特に興味深く読めた。

  • 結構なボリューム
    社会人1年目、2年目~10年目と読む本を変える
    人気の本ばかり読んでいると皆と同じ考えになる
    1年で100冊
    コンサルティング
    おすすめ本が記載

  • 読書に戦略を、具体的にはビジネスとそれ以外、基本とそれ以外の4象限でのポートフォリオを作成し、状況に応じた配分移動を、百聞は一見にしかずにしかり、実践のための発信を、と言う本。具体的な書籍の紹介もあり、時宜に応じて読み返したいとも感じた。

  • 企業コンサルタントでビジネス書を出している著者による、読書法やお勧め本紹介の本。
    書かれている読書法は、読む本を効率的に選ぶために、ビジネス・非ビジネスの横軸と、基礎・応用新奇の縦軸の4象限(読書ポートフォリオ・マトリクス)で考える、というもの。具体的には以下の4分類をバランス良く読む(自分の場合)。

    1.ビジネス基礎(カメ)
    ・IT・生産管理・プロジェクト管理・論理思考に関する古典、ビジネス小説
    2.ビジネス応用(ウサギ)
    ・最新IT・ビジネススキル・ 企業事例・自己啓発書
    3.非ビジネス基礎(リュウ)
    ・小説(歴史・SF・文学古典)
    ・ノンフィクション(歴史・科学・教養)
    4.非ビジネス新奇(トリ)
    ・はやり物・人からのお勧め・書評から・本屋で偶然見つけた本

    ここまでストイックにならなくても、好きな本だけ読めば良いのではという考えもあるけど、一方で、知識・教養を広げたいという欲求が年々強くなっている自分もいる。なので今後は、これまであまり読んでいなかった、ビジネス書や、古典文学もたまには読んでいきたい。

    もう一つ、この本を読んで納得したことは、広い視点を持つ上で 、歴史小説とSF小説が特に重要だと述べている点。
    歴史小説は、過去に実際に生きた人たちの成功・失敗体験であり、組織管理・人心掌握・処世術・生き様などを追体験して自身の人生に活かすという考え方は昔からある。
    それに対し、SF小説は、未来に起こりうること。つまり、IT・医学の発達や、異星人・超能力者という地球一般人と違う価値観の存在、という"IF"を描くことにより、現代社会に生活して、その中だけを見ていたら気付きにくいことを浮き彫りにしてくれる。そんな効果があると、以前から思っていた。つまり、著者曰く、SF小説の名作は『ヒトやコトの本質を描いている』のだ。
    その「本質」を抽象化して、自分の思考の棚に保管しておき、仕事やプライベートで課題があった時にひっぱり出してきて道具として使う。そのために、SF小説の名作を大人ももっと読むべきだ、という意見に同意。
    つまり、歴史小説は「過去」、SF小説は「未来」というそれぞれの舞台を通して、頭の中の棚を豊かにしてくれる、対になる存在なのだ。みたいな、ここ数年間、僕が考えていたことを「腹落ち」させてくれた。

  •  人生のステージに合わせて、読書のポートフォリオを変えていく。その発想が自分にとっては衝撃でした。読書術の本は好きなので他の著者の本も何冊か読んでいるのですが、その中でも本書は抜きん出ています。
     著者の圧倒的な読書量も驚くことながら、その1冊1冊への思い入れが熱く、ブックガイドとしても抜群の面白さ。ビジネス書ばかり読んでいたので、帯にもある「みんなと同じ本を読んでないけない」というフレーズは心に刺さりました。
     量産型から脱するために、自分の強みを読書から作っていく。自分が好きなジャンルってなんだろう、とか、自分の課題解決のための選書をどうしよう、など、本が読みたくてしょうがなくなる珠玉の一冊。本の虫もそうじゃない人にもおすすめです!

  • 2015年刊。

     ビジネスパースン用読書指南書兼読書遍歴兼参考文献。
     内容を要約すれば「みんなと同じ本を読みつつ、それだけで満足せず、他の(思いもよらない)本に手を伸ばす」というあたりか。

     ビジネス本の被りは少ない(社会人になる前後数年で読み漁ってから余り読んでない)が、この選書よりは選書愛が詰まっている楠木建「戦略読書日記」に食指が動く。
     一方、サイエンスの多さと選書は納得できるものだが、被りが多く、これまた…という感じ。
     勿論、石の多いこの種の書籍ではかなり上質なのは確かだ。もっとも、歴史・哲学(就中、西洋哲学)は殆どない。これで古典と言われても、とは感じる。

     なお、著者の小中学時代の読書遍歴は凄いの一言で言い表せる。

  • カタカナ用語が乱立し、要点がやや散漫な印象。
    絵本や漫画はいらなかったが、巻末の文献リストのみ有効。
    SF好きな方向け。

    食べ物がからだをつくる。
    読んだものが心をつくる。

  • 読了。著者 大阪生まれの福井育ち。東大の物理学科卒業後、BCG,アンダーセンにてコンサルを経て、現在、金沢工業大学虎ノ門大学院主任教授他。
    437ページあった。途中、本の表紙を載せたブックガイドもあり、全て活字でなかったので時間はかかったが読みやすかった。本屋でみつけたら、ブックガイドとして使おうと思った。読書ポートフォリオマトリックスは、おもしろそうだが、今までの読書リストを分類するのは大変そうかなと思ったが、自分頭の中では、ボンヤリとできているかもしれない。自分の読書意欲は、いつも逃げである。テスト前、大事な仕事前。逃げずにやることやれば、もう少し楽な生き方ができるのにと考える。治らないと思ったり、まあいいかと思ったりである。

全84件中 1 - 25件を表示

戦略読書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦略読書の作品紹介

私たちは読んだ本でできている-。ビジネス、SF、科学、歴史、マンガ、心理、哲学…他「何を」「いつ」「どう」読むかを戦略的に変えてコモディティ化しない自分をつくる「読み方」大全。

戦略読書のKindle版

ツイートする