システムを「外注」するときに読む本

  • 148人登録
  • 4.06評価
    • (7)
    • (21)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 細川義洋
  • ダイヤモンド社 (2017年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478065792

システムを「外注」するときに読む本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 基本的なことで、頭ではわかっていることが中心。
    ただ、実際は工数の関係やコミニュケーション不足で、できてないことも多い。
    発注者、ベンダーで立ち位置は異なっても、プロジェクトを成功させるために、お互い意見を交換して、進めていくことが大切。

  • プロジェクトマネジメントの面ではいい本なんだけど、ストーリーの仕舞い方が下手くそに感じた。

  • システム開発に関わらず、発注者は他部署に影響するサービスを購入する場合、サービスの基礎知識・周りを巻き込む力・目的、手段を伝える力がないと優秀なコンサル、商品力があってもビジネスの成功率は低い。業者への丸投げ体質が負の遺産を作る仕組みになってるように思えた。

  • Appendixに価値がある。発注者の役割や要件定義のチェックリスト、プロジェクト計画書に盛り込むべき項目に、リスクを洗い出すときのチェックリスト等。

    全体的に外注する場合の注意点として、主にリスク管理に重点を置かれている。特に、発注者側のベンダの内部に潜むリスクへの対応の仕方やスタンスは参考にする価値あり。

    ただ、ストーリーはやや冗長でコスパは若干悪い。

  • 発注者側の視点で考えてみようと思い、読んだ本。ケーススタディのようなストーリー形式になっているので内容が分かりやすい。

  • 普段システムを受注して作る側なわけなんですが、一方で発注側支援コンサルみたいなこともやっていて、お客様側の話も理解したいなと常々思ってました。
    わりと最後の方ですが、発注側がベンダのキャリアパスとか考えてモチベートしていかないとみたいな話があって、まさか、お金出す側がそんなこと考えないといけないなんて、、と思いますが、私も最大限気を遣っていただいているのだなと思うと、なかなか胸熱だったりします。
    しかし、ヒューマンドラマの最後のオチ、あれはないわあ。

  • 本書は各章でよく起こりそうな問題をストーリ仕立てで紹介しており、解決に導くにはどうしたらよいか?を考えさせる内容になっている。とはいうものの所々に「Hint」が記載されており、理解の助けとなっている。読み物としてみればなかなか面白いが、よくある一般的な管理手法等を体系的に学びたい人には不向きである。
    また合間合間にチェックリストの付録があり、自分が使用しているひな形と比べる事が出来た。
    開発側としてはプロジェクトスタート時には無関心でいられ、出来上がってから文句を言われるのが一番困る。システム開発はあくまでも協調作業という事がこれを読んで広まればうれしい。

  • 業務フローにメリデメ追記、社内巻き込み

  • 知ってるつもり、復習のつもりで読んだのだが、
    全然できてない、全然足りなかった。

    失敗したプロジェクト(検収とか納品はした)の分析・総括ができてなかったんだな。

    発注者・ベンダ、その時々でどちらの立場でもあるわけだが、
    大変に勉強・参考になりました。

    これ、ITだけじゃなく様々な企画のプロジェクトへ通じると感じました。

  • 面白い。システム開発のベンダーに何かを注文したとしても、発注主はただ任せるのでは駄目だというのがよく分かる。こういう世界に無知な自分にとってはとても参考になった。

全12件中 1 - 10件を表示

細川義洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ジェームス W....
伊賀 泰代
リンダ グラット...
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

システムを「外注」するときに読む本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

システムを「外注」するときに読む本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

システムを「外注」するときに読む本を本棚に「積読」で登録しているひと

システムを「外注」するときに読む本はこんな本です

システムを「外注」するときに読む本のKindle版

ツイートする