できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則

  • 274人登録
  • 3.37評価
    • (6)
    • (30)
    • (34)
    • (10)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 大山旬
  • ダイヤモンド社 (2015年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478066386

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男性向けの話と女性向けの話が混ざって若干読みづらい。
    店員さんとのコミュニケーション方法が書いてあるのは、とてもいい。

  • 体にあったサイズの、ラインの良い服を、シンプルに選びましょうというメッセージ。

    最初の方に紹介されている失敗例「無頓着型」「独自センス型」どちらにも自分があてはまりそうで、怖い。。。

    「背筋がピンと伸びていて、堂々と歩いている人にはやはり素敵な雰囲気がただよいますし、なにより着こなしがグンと映えます。」という記載に、明日から姿勢に気を付けようと気づかさせてくれました。

  • 私はフェミニンなおしゃれよりもかっこいい男性ファッションを参考にしたいほうなので、手に取ってみた。本当におしゃれには興味はない、でも自分の周囲の人たちにみっともないと思われたくはない、という人向けで常識的な内容ばかりでした。でもこういう服は選んではいけない、こういう風に着るともっさりしていて素敵ではない、と理屈で教えてくれたのでそれは参考になりました。なるほど!ダサさの原因はここかとわかり易い。おしゃれ本はあふれてるけど、このようにNG例を理屈で教えてくれる本は少ないのです。

  • 服にお金を使うことや考えるのは面倒で仕方ない。選ぶ服に自信が無い。そんな人のための服選びの教科書。昔は服を買うのは人並みに好きだったが、今はとにかく面倒くさい!そんな自分にピッタリだと手に取った一冊。大人の着こなしに必要なのはセンスではなく、必要最低限の知識と技術。そして、それは「ふつう」が一番なのを知り、「客観性」を持つこと。つまり、清潔感を意識し、周りを不快にさせないシンプルな服装に。紹介されたアイテムはどれも結構いい値段で、基本的知識は身に付いたかもしれないが、結局お金がかかるのだと少し期待外れ。

  • 男性向けかな?
    女性のことも少々記載がありましたが、基本は男性向けです。
    ベーシックスタイルを知るにはとてもいい本だと思います。

  • 【Fashion】一生使える服選びの法則/大山 旬/20160224(24/450)<174/33951>
    ◆きっかけ
    ・?
    ◆感想
    ・これらを知っていれば、まわり道をせず余計な時間と出費を抑えて、ファンショナブルになれるのかも。
    ・ファッションセンス:感覚も大切だが、ある程度ロジカルな部分もあるのだと再認識。

    ◆引用
    ・大人の普通のファッション
     -ベーシックであること
     -自然であること
     -清潔感があること(洗濯、サイズがあっているか)
     -シンプルであること
    ・人から自分はどのように見られているかを意識する。服は自分はどのような人間かを示す一つの指標。
    ・ファッションの良し悪し:シルエットに左右される
    ・服選びの半分は店選びで決まる:ファストファッション、スーツショップ(スーツカンパニーのシンプルなジャケット)、セレクトショップ(ユナイティッドアローズ)を利用。
    ・ユニクロ(ジーンズ、ニット、インナー)、GAP、バナナリパブリックを部分的に取り入れる
    ・ジャケット:襟と着丈の長さ(首元~裾の長さ)に注意
    ・Tシャツ:着丈の長さ
    ・ニット:ゆとりのあるものではなく少々きついくらいがベスト。何枚も重ねて着るものではない。
    ・パンツの裾:ハーフクッション程度(かるくたわみが出る)
    ・鞄:どんなファションでも溶け込みやすいもの。紺、こげ茶、黒。ユナイティッドアローズ、アニアリ、エルゴポック等。
    ・似合っているか不安なら、この服あまり見慣れないのですが、似合ってますか?と尋ねる。
    ・似合うかどうかは3分待って判断すること。
    ・ベーシックな色:ネイビー、グレー、白、ベージュ、淡いブルー、こげ茶、黒
    ・アクセントカラー(少しアクセントを加える為):パープル、ターコイズ、オレンジ、淡いピンク+ギンガムチェック、
    ・こなれ感を出す:きくずし(例:腕まくる等)
    ・ファッション雑誌:テーマを集中して読む
    ・ファッション管理リスト(現在保有する服)+買ったものリストを作成する。=>足りないものをリストアップしておく。

  • 服に興味がないのでお金も時間もかけたくない。でも女の子には好意的な印象を与えたい。そんな人(私)をターゲットとしたファッション本。

    重要なのはサイズと色と柄。サイズはジャストサイズ、色は単色、そして柄は無地。ご想像の通りものすごく無難な感じに仕上がりますが、ベースの考え方としてはシンプルで徹底していて良いと思います。

    間違えてはいけません。あくまで「できれば服にお金と時間を使いたくないひとのため」の一冊です。

  • ベーシックな洋服をリーズナブルに着こなすための実践書。
    下手すると個性がなくなるかも…

  • これまで全く服に興味がなかった人向けに
    「おまえらの待ってる変なチェック柄のシャツは全部捨てて、とりあえず、ユニクロで白シャツとジーンズ揃えて、ジャケットくらいはアローズで買っとけ。店員さんとの会話の仕方も載っけとくから」という、新聞の生活欄に連載されてそうな教科書的な本。

    基本はシンプル&ベーシック。それとジャストサイズ。

    ”服の着方”の初歩的なノウハウ本であり、それが”おしゃれ”かどうかは別の話。

    あくまで、これまで全く服に興味がなかった人向けなので、そうでない人には…?

  • 新社会人になるので、学生の服から脱皮したいと思っていたところ、たまたまネットで紹介されていたので手に取ってみました!

    どんな店で、どんな服を、どんな考え方で選べばいいのかを丁寧に解説してくれているので、あまりファッションに深く気をつけていなかった人には勉強になると思います。

    毎回、なんの気なしに服選びをしている人はこの本を読んでから行くだけで「おしゃれ度」が違ってくるんじゃないでしょうか。

全27件中 1 - 10件を表示

大山旬の作品

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則を本棚に「読みたい」で登録しているひと

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則を本棚に「積読」で登録しているひと

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則はこんな本です

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則のKindle版

ツイートする