もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

  • 625人登録
  • 3.85評価
    • (47)
    • (92)
    • (61)
    • (6)
    • (2)
  • 87レビュー
著者 : 岩崎夏海
  • ダイヤモンド社 (2015年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478066492

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだらの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/business_economy/moshidora2/

    『もしドラ』第1弾ほど話題にならなかったが、『イノベーション』と『企業家精神』を、斬新な青春ストーリーで著しており、『もしドラ』ファンなら文句なくおすすめできる1冊です。

  • 友人に誘われ野球部マネージャーになる決心をした主人公・岡野夢。ところが、夢たちの通う学校にはそもそも野球部がない。そこで夢たちは、ドラッカーの本を読み、その教えに沿って「競争しなくても勝てる野球部」をゼロから自分たちの手で作ろうと奮起する。『もしドラ』シリーズ第2弾。

    女子高生たちがドラッカーの本を読み、その内容に沿って忠実に野球部作りを展開するという流れ自体はやや強引にも感じますが、そもそも物語の部分は二の次と思っているので気になりません。それ以上に、高校・部活・友人関係などといった身近でイメージしやすい舞台が、ドラッカーの教えを明解にしています。彼女たちが起こす様々な改革やその先でぶつかる壁が読み手に具体的に伝わってきてとにかく分かり易い。きっと難解であろう原書をこうも噛み砕いて読めるのは有難いの一言です。

    経済においては勿論、教育の現場やスポーツ、果ては人間関係などにおいても、他者との競い合いが激化しています。数字や目標で優劣を競い合う日々。追い追われ、キリのない競争社会をどう生き抜くかと考えた時、ドラッカーは逆説的に「競争しないためのイノベーション」がますます必要になってくると説きます。
    気付けばドラッカーの教えを、自分の置いている様々な状況にリンクさせながら読み進めていました。自分ひとりの力では及ばない問題を、仲間たちとどのように解決していけば良いか。そのためには自分がどのように振舞い、仲間や部下にどういった言葉で指示を伝えれば良いか。
    部下を持つ立場の方や、人にモノを教える立場の方にとっては、自身の身の振り方について参考になる部分も多いと思います。

  • マネジメントと教育は逆。
    マネジメントは弱みに着目せず、組織の中で中和する。
    教育は弱みに着目して、これを克服させようとする。
    成長というのは、単に強みを伸ばすということだけではなく、弱みを克服することも含まれている。

  • 「もしドラ」の第二段。

    前回ほどのストーリー性がないものの、野球部を「マネジメントを学ぶための組織」と定義してイノベーションを生み出していくところが面白い。

    本書で一番感じたのは帯にも書かれていますが「居場所」を作るということ。野球部員、マネージャそれぞれに最適な「居場所」をどう作っていくかが細かに語られています。
    その人の長所を伸ばし、そして「居場所」をつくること。それは単に適材適所といことを超えていると感じます。それがマネージャの仕事。

    イノベーションがらみでは、
    ・小さくスタートすること
    ・単純なものにすること
    ・最初からトップを狙うこと
    といったことが、ポイントとして残りました。とりわけ、本書では最後まで「小さくスタートすること」のエピソードが出てたので、記憶にも残りやすい。

    ドラッガーからの引用がてんこ盛りであちこちにちりばめられています。さらに、ビジョナリーカンパニー2や人を動かすからも引用して、マネジメント、イノベーションをについての理解をより強固に、よりわかりやすくしています。

    そういった意味では、わかりやすく、さくっと読めますが、実は、じっくりと繰り返し読む必要がある本であると思います。
    全体のストーリを理解した上で、それぞれのエピソードでドラッガーをどう捕らえているのか再度読み直すのがお勧めの読み方なのでは?と思いました。

  • 岩崎夏海著「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの
    『イノベーションと企業家精神』を読んだら」読了。
    旅行先の駅改札で駅員さんとちょっとした会話が楽しかった。
    車で遠出するようになると、高速から出るとき料金所で、
    ご当地情報を聞いたりしたが…有人料金所も無くなりつつある。
    車の調子を話しながらの給油も、価格でセルフを選択する。
    自動運転が主流になればバスの運転手も園児の憧れの職業では
    なくなるのであろう。居場所が無くなる前に自分の長所が発揮
    できる居場所を見つける事がが重要なんだな…イノベーションかぁ。

  • 「もしドラ」の第2段が出た!
    と言うので飛びつきましたが、いまいちでした。

    終盤で面白くなったので、☆×4
    小説的な面白さを求める、私と同じ人は前半は退屈なので、我慢して読んで下さい(笑)

  • 一作目の『もしドラ』は読んでいなかったのですが、取り上げていた『イノベーションと企業家精神』が気になったため、本書を手に取りました。


    【どんな本なのか?】
    高校野球の女子マネージャーが、高校野球にイノベーションを起こすために奮闘する、という話です。
    ドラッカーの本から内容な引用をしながら、マネージャーがそこから知見を得て、改革を進めていきます。

    【良かったところ】
    内容もサクサク読めて面白かったといつのもありますが、ドラッカーの本が読みたくなった、というのが最も良かったことかもしれません。
    いきなりドラッカーの本に手を出すととっつきづらいかもしれませんが、本書から始めてみると読みやすい、ということはあるかもしれません。

    また、著者が本書で「居場所を作る」ということをテーマにしていたのが興味深かったです。
    競争の時代に居場所を失う人が増えていく中で、マネジメントは人の居場所を作ることであるというのは、ハッとさせられました。

    その他、イノベーションを起こす上で大切になるであろうエッセンスが多数盛り込まれていたので、読んで良かったと思います。
    次はイノベーションと企業家精神を読みたいと思います。

  • 「もしドラ」に比べると、話が若干荒唐無稽ですが、ドラッカーのイノベーションについてはしっかりと解説されています。
    小説仕立てだと、分かりやすいです。
    ドラッカーの言葉は干物のようで、戻さないとなかなか理解できないと、本書に書かれていました。
    なるほどそういうところはあるなと思います。
    実際のドラッカーの本は、実例が豊富で、実践的で分かりやすいものです。
    しかし自らの経験値がないと、なかなか理解が進みません。
    自らの経験値が不足している分を補ってくれるのが、本書のような、小説なのでしょう。
    お勧めです。

  • 色あせないドラッカーが凄い。

  • マネジメント、イノベーションの手法を具体的な例(小説)で紹介した本。

    凡人でもエリートに勝てる人生の戦い方

    という本に通ずるものがありました。

全87件中 1 - 10件を表示

岩崎夏海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
北野 武
又吉 直樹
宮下 奈都
デール カーネギ...
瀧本 哲史
みうら じゅん
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだらに関連する談話室の質問

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだらに関連するまとめ

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだらを本棚に登録しているひと

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだらを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだらを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだらを本棚に「積読」で登録しているひと

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだらはこんな本です

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだらのKindle版

ツイートする