1分間意思決定[新装版]――決断力が身につくたった1つのルール

  • 51人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 門田 美鈴 
  • ダイヤモンド社 (2015年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478066553

1分間意思決定[新装版]――決断力が身につくたった1つのルールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズは読みやすいですが、奥は深いです。
    簡単な質問に答えていき、意思決定をしていく方法。
    なるほど。
    使えそうな質問もありますね。
    シンプルながら、考えさせられます。

  • 決断力に自信の持てない若者が3日間のキャンプに参加し意思決定の本質について身につけてゆく姿を通して、意思決定法についてを問う自己啓発本。本書にもあるが「この方法は実践しなければ意味がない」やってみようと思わせる力をもつ。明日からの自分を変える意思決定ができたひとはぜひ。

  • 1分間マネジャーほどのインパクトなし。

    しかしながら、yes or noという二択で意思決定するというのは、色々あり、なかなかそうはいかないが、とどのつまりは二択なんだし、これを意識するのは大切。

    次は、意思決定だけでは、タスクは片づかないということ。決定に基づき行動、処理できるスキルがないといけない。

    そして、この本の意思決定が、なんとなく独りよがりな意思決定になってしまうような印象を受けてしまった。自信を持つのは大切だけど、その裏づけとなるものがないとね。

  • 原題は、『「Yes」 or 「No」』で、92年に米国で発売されたもの。09年に「世界で一番シンプルな決め方の技術」の邦題で出版されたものを改題、修正したもの。一番印象に残ったフレーズは「これはただ望んでいるだけのものだろうか、それとも本当に必要なものだろうか?」「本当に必要なことだけを追求すれば、意思決定しやすくなり、的確な決定をより早く下すことができる。」

  • ついつい後まわしにしてしまう自分のためにも「決断力」をつけたいと思ったので。

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50105279&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 一分間マネージャーが良かったので
    それに比べると期待より下がる。

    でも、意思決定をするときに
    「ほしい」ではなく「必要」で
    判断するのは大切なんだと気付かされた。

    新しい家(ほしい)が必要なのではなく
    そこにある温かい家庭が必要なのだ。

    必要とか欲しいなどの動詞を入れ替えても
    通じるので混乱してしまうけど

    本質的なものを見つめ求めなさいということ。

    選択肢が全て洗い出せているかなど

    意思決定に必要なヒントがたくさん詰まっていた

  • 簡単だけど難しい。
    簡単だけど効果が疑わしい。
    1ページぐらいでまとまりそうなことを1冊にして説明してるけど、ぼんやりしてる。
    宗教観の違いで受け入れにくいところがあるのかも?
    キリスト教とかを知れば理解が深まりそう。
    簡単なのでとりあえず試す。

全7件中 1 - 7件を表示

1分間意思決定[新装版]――決断力が身につくたった1つのルールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

1分間意思決定[新装版]――決断力が身につくたった1つのルールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

1分間意思決定[新装版]――決断力が身につくたった1つのルールを本棚に「積読」で登録しているひと

1分間意思決定[新装版]――決断力が身につくたった1つのルールの作品紹介

やるか、やらないか。すべてを2択に持ち込めば、正しく、早く、決められる!『チーズはどこへ消えた?』のスペンサー・ジョンソンが、悩める若者の気づきと成長の物語を通して教える、驚くほどシンプルで、本質的な「決断の技術」

1分間意思決定[新装版]――決断力が身につくたった1つのルールはこんな本です

ツイートする