「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる―――赤字知らずの小さなベンチャー「日本環境設計」のすごいしくみ

  • 53人登録
  • 3.54評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 岩元美智彦
  • ダイヤモンド社 (2015年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478066843

「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる―――赤字知らずの小さなベンチャー「日本環境設計」のすごいしくみの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (特集:「ゴミ問題から環境問題を考える」)

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00541588

  • 「服から燃料ができるんじゃないか」という発想をふくらませ、ビジネスとして成立させている「日本環境設計」の岩元さんの本。「FUKUFUKUプロジェクト」のハチマークをイオンなどのスーパーや無印良品の店頭で見たことがある人もいるのではないでしょうか。あのプロジェクトの発起人の方です。

    第1章は技術の話。服からどうやって燃料を作るのかということを詳しく書いてあります。第2章からはビジネスモデルの話で、どのようにプロジェクトを進めたか、何を重要視していたか、目標はどんなことかが書かれています。

    「服から燃料を」という発想そのものもすごいと思うのですが、個人的には、「できたらいいな」で終わらせず、しっかり設計して実行できているのがまたすごいと思います。意外と思っていてもできないと思うからです。「リサイクルを根付かせ、戦争をなくす」という壮大な目的をもって技術開発をし、それをビジネスとして成立させるための設計をし、それを根付かせるための仕組みづくりをしています。この進め方や目標の実行プロセスへの落とし込み方は事例としても考え方としても参考になりました。

    理想というのは描くのは簡単ですが、実現するのは難しい。しかし、「ならばどうすれば実現できるか」、本書のテーマである「リサイクル」の場合であれば、消費者にとって「どうすれば興味がわき、自発的にやりたくなるのか」という点を、消費者目線で検討し、仕組み化しています。正論の主張ばかりでなく、相手にとってのメリットを用意し、それを伝えることで取り組みの継続的な効果を実現しているのです。

    相手の立場から「仕組みをつくること」と、「参加しやすくすること」、さらに「それを伝えること」。これらはどんなビジネスをやるにせよ、もっと小さく、普段の仕事をする時でも心がけていくべきことだと思いました。

    なお、根本はリサイクルをテーマにした本であり、そういう会社の取り組みのことが書かれていますので、リサイクルに興味のある方には、そのしくみや技術のこともわかって面白いと思います。

  • 事業としての有意義性はよく理解できた。デロリアンの話は結局のところどうなったのか、詳しく書いて欲しかったな。

  • 読み終わっても「本当かな」との点が拭いきれない。ただ、「カネの算段を付けてから独立」という点は意外な盲点である。

  • エネルギー収支が気になります。

  • あるベンチャー・ビジネス「日本環境設計」のサクセスストーリーである。従来、単にゴミとして捨てられていた衣料を回収し、バイオエタノールやポリエステルに戻す技術を開発。そしてそれを回収する仕組みを整え、量販店やメーカー、消費者などを巻き込みながらビジネスを拡大・成長させていったプロセスを岩元美智彦社長自らが綴ったもの。
    大学生の時、映画の「バック・トゥー・ザ・フューチャー」に出てくる車型タイムマシン「デロリアン」を見て衝撃を受けたのがそもそもの始まり。そのデロリアンがワープした未来が2015年10月21日。TVのニュースなどで、まさにその日デロリアンが廃棄物からつくられた燃料を入れて走った姿を見た人もいるのではないだろうか? この夢の実現ともいえるイベントの仕掛け人こそ、岩元社長その人である。石油資源を使わない社会の実現を目指すエコ・ストーリーであると同時に、成功した起業例を取り上げたビジネス書でもある。

全7件中 1 - 7件を表示

岩元美智彦の作品

「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる―――赤字知らずの小さなベンチャー「日本環境設計」のすごいしくみを本棚に「読みたい」で登録しているひと

「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる―――赤字知らずの小さなベンチャー「日本環境設計」のすごいしくみを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる―――赤字知らずの小さなベンチャー「日本環境設計」のすごいしくみを本棚に「積読」で登録しているひと

「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる―――赤字知らずの小さなベンチャー「日本環境設計」のすごいしくみの作品紹介

「今まで誰もできなかったこと」を次々やってのけたのは、知識も伝手もない42歳の元営業マンだった!?"技術"と"しくみ"と"ブランディング"でリサイクルのマネタイズに成功した注目の起業家が、その驚きのビジネスモデルの全貌を語る。

「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる―――赤字知らずの小さなベンチャー「日本環境設計」のすごいしくみはこんな本です

「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる―――赤字知らずの小さなベンチャー「日本環境設計」のすごいしくみのKindle版

ツイートする