サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい――1000万円生活を謳歌する

  • 91人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (8)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 吉川英一
  • ダイヤモンド社 (2015年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478067444

サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい――1000万円生活を謳歌するの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい」
    本当?と思いつつの読んで見ました。

     いやいや、簡単に書いてるようで、起業することの大変さを感じました。
     自分が起業なんて、やっぱり無理だな。と改めて実感。

     個人事業主として仕事している人で、会社形態を作るか悩んでる人、読む価値は有ります。

  • サラリーマン向けに法人を作って節税を促す本はよく見かけるが、好感を持てるのはデメリットも章を割いて伝えているところだろう(特に所得ラダー、法人税、社会保険料)。

    ほか内容は類書とほぼ同じで、中身も濃いものではないが、さらっと読めるので通勤途中の手持無沙汰な際に読むにはよいかもしれない。

  • 事業の拡大を一人で出来る範囲にする。

    そうだな~と思いました。
    この本は、買うかな?

  • 不動産仲介業のススメという感じ。

  • 脱サラ起業を勧める本です。著者の成功体験(不動産投資)がしっかりと書かれていますので、ある程度は参考になるかも。ただ、会社員・公務員の人でもそれなりに主体的に仕事が出来て給料を貰って満足している人にとっては、「この著者、可哀想だったんだな。。。」という感想で終わるかも。

  • 今や、副業、いや、複業として、収入源を増やす時代に変わろうとしている。
    サラリーマンを続けながら、自分会社を作れ!というタイトル通りの一冊。

    しかも、個人より法人を優遇する税制度が進む以上、個人も会社を立ち上げることを推奨されるのは、納得できました。

    雇われの身でもなく、雇用主でもなく、個人経営の自分会社で生きていくスタイル。

    ノマド的で、フリーな働き方は、広がるのかもしれないと感じました。

  • 個人事業主か株式会社か?サラリーマンが独立するとどう税金を節約出来るかが勝負?といった感じの内容。

    サラリーマンで一生やっても面白くないよてなことも。


    サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい 目次
    はじめに
    第1章 サラリーマンだからこそ 社長になれる
    生え抜きで社長になる確率は恐ろしく低い
    サラリーマンは一生の仕事ではなくなった
    イヤなことを続けるのは最悪の人生
    奴隷労働はもうやめよう!
    日本に生まれたことでチャンスはいくらでもある
    最初は個人事業主から始めるほうがいい
    サラリーマンの地位を利用して起業の準備
    準備が整ったときにチャンスは向こうからやって来る!
    まわりに喜びを与え続けるとお金はあとからついてくる
    自分株式会社とはどんな会社?

    第2章 会社に頼らない人生を生きよう!
    何度も転職してわかったことはどんな会社に入つても同じ
    成果主義に騙されるな
    会社とは倒産するもの
    派遣とフリーターの行きつく先はホームレス
    公務員だってある意味ブラック企業
    人生は常に二股をかけろ!
    起業のリスクは軽減された
    まずはこれまでの洗脳を解くことから始めよう!
    開業資金を貯める努力を続けよう!

    第3章 自分株式会社のつくり方
    法人化の時期はいつがいいのか?
    社会的信用を考えれば株式会社が一番
    資本金はいくら必要か?
    株主は誰にするのが一番得なのか?
    定款のつくり方
    税理士さんとは準備段階から打ち合わせ
    法人の決算期は個人の申告時期に合わせるのがいい
    監査役設置会社にするといい
    自宅を事務所にするメリツト
    自分株式会社に社員はいらない
    パソコンと電話とファックスでできる商売を選ぶ
    簿記3級レベルの事前学習は必要
    サラリーマン時代に得た知識や経験がものをいう

    第4章 個人より法人のほうが節税メリツト大
    個人は増税、法人は減税の政府方針を利用する
    税率の違いを見れば、法人のほうが有利悩
    会社から給料をもらうメリツト
    消費税の納税が2年間免除される
    法人は欠損金を9年も繰り越し可能
    自分に退職金を支払って節税
    死亡退職金と弔慰金を支払って節税
    生命保険料を経費化し将来満期返戻金で受け取り
    小規模企業共済と中小企業倒産防止共済で節税
    法人は減価償却しなくてもいい?
    社長の家は会社で買ってもらう?

    第5章 法人化によるデメリツト
    設立費用と一定の維持費が必要
    接待交際費の損金算入が制限される
    法人は社会保険料負担が増える
    労働保険は他人を雇用すると加入が必要
    株式会社は決算公告が必要
    法人名義で電話を引くと料金がアップ
    不要なファツクスやメールが多くなる

    第6章 自分株式会社 成功の方程式
    独立起業で成功するにはストック型ビジネスがいい
    副業禁止規定に抵触しない仕事をまず始める
    在庫や資産を持ち過ぎないこと
    自分株式会社の登記は自宅に……
    失敗しないためにまずやるべきこと
    資金調達は日本政策金融公庫を利用
    売り上げを伸ばそうと、ガツガツしないこと
    人の喜ぶ商品や情報、サービスを提供すること
    自分が楽しいと思う集まりや飲み会にだけ顔を出す
    決して他人を雇わないこと

    第7章 遊びや趣味を追求すると、売り上げは自然に伸びていく
    趣味のランニングは効果絶大
    華道教室で癒やしと芸術の世界に浸る
    大人の部活動に参加する
    夜の国際交流で仕事が増える?
    年に数回の南の島ツアーが仕事につながる?
    不動産業は最強のフィービジネス
    楽しくリフォームして700万円の利益
    不動産セドラーが最強のビジネス

    第8章 小さくてもいい会社をつくろう
    安定収入を確保することがいい会社の条件複数の収入源を持つことの重要性
    原価率が低い業種を選ぶのがコツ
    自分株式会社の粗利目標は2000万円
    自己資本比率を早期に上昇させる
    目指すは無借金経営
    会社の資産は売却しやすいものしか持たない
    リスクマネジメントを怠らないことがいい会社の条件
    足るを知る経営が大事

    おわりに
    参考文献

  • 株、不動産投資で成功した著者の新著。サラリーマン以上に稼ぎたければ、自分で会社を興す。そこまで行かなくても、自分自身でやりたい事を仕事にする。サラリー以上に自由な環境と、やる気次第ではそれ以上に稼げる。このような感じで書かれている印象です。稼ぎ方は色々とあれど、そのヒントの一部が分かる一冊かもしれません。

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
クリス・ギレボー
ベン・ホロウィッ...
エリック・リース
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

吉川英一の作品一覧

吉川英一の作品ランキング・新刊情報

サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい――1000万円生活を謳歌するを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい――1000万円生活を謳歌するを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい――1000万円生活を謳歌するを本棚に「積読」で登録しているひと

サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい――1000万円生活を謳歌するの作品紹介

日本では今後、法人に対しては減税され、個人への課税がますます強化されていく。それなら、個人でも自分株式会社をつくって、来る増税に備えよう。「自分株式会社」をつくる最大のメリットは、自分に役員報酬をたくさん払って法人税をゼロにできること。その上、役員報酬についても、給与所得控除というサラリーマンの必要経費相当分が控除される。つまり、会社で一度まるまる損金控除して、さらにそれを個人で受け取って所得控除できるのだ。この「控除の二重取りシステム」こそ、国が公然と認めている最強の錬金術である。

サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい――1000万円生活を謳歌するはこんな本です

ツイートする