ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法

  • 221人登録
  • 3.11評価
    • (5)
    • (10)
    • (16)
    • (11)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 佐藤大和
  • ダイヤモンド社 (2015年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478067505

ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 試験勉強は、まず答えから見て問題を見る。

    暗記は寝る30分前に覚え、起きてすぐ書き出すこと。

  • ×
    参考書を読む→問題を解く→答えを確認する


    答えを見る→問題を見る→参考書を読む

    端的に言ってしまえば,過去問重視の勉強法。
    特に真新しい知見はなかった。

    とりま,参考になりそうなところを書き出しておく。

    ■寝る直前をピークにして勉強する。
    暗記に関しては,寝る直前がベスト。
    ■起きたらすぐ昨日の続きをする。
    ■暗記術の最大の目的は,「答えを思い出すこと」
    ■その日やった勉強を夜寝る前の5分間に書き出す→それを翌日の朝5分間で思い出す。
    ■夜5分→朝5分の間隔をさらに空けるようにする。
    月(夜)→火(朝)→水(午前中)→金(午前中)→月(午前中)のスケジュール。
    ■最終的には「思い出し」さえもいらない。
    試験本番には「思い出し」は必要ない。
    今までやってきたことは,すべて0コンマ数秒で答えを出せるようにするため,考える時間を限りなくゼロにする「思考力ゼロ」の状態にするためである。

  • 答えから覚えるのが最短ルート、らしい。
    ただ、具体的によくわからない。
    法学部の暗記問題のことだろうか。

    夜寝る直前に暗記し、朝起きたら復習が効果的、ってところは納得。
    そこで気づかされたのだが、
    学生でもない身分で何を一生懸命暗記すればよいのかと。
    自分の生活で勉強は必要だが、大量に暗記するものは今必要とされていない。
    暗記=英単語のイメージになってしまう。
    JAVAとかプログラム的なものでも努力してみるか。

  •  理解をしなくてもよいというが結局覚えるための肝は理解をするということなんだよね。だとするとそこそこの自頭がない限りこの方法はうまくいかないということなのかもしれない。

     忘れたら何回も覚え直すということに尽きる。

  • 図書館で借りた。暗記がきも

  • 20160620サクッと30分で読了。忘れることを前提にどれだけ忘れたか思い出すこと。
    思い出すたった五分が作れないからだめなんだよなぁ(笑)

  • 習慣化しよう。できることは今しかできない。

  • 参考書を読む→問題を解く→答えを見る、ではなく
    答えを見る→問題を見る→参考書を読む、の順。

    勉強は、「ウォーリーを探せ」と同じ。問題を先に見ると、疑問点がわかる。

    忘れることを前提に何回も覚える。
    長い時間×勉強量、ではなく、短い時間×回数×勉強量

    ラクな基礎だけやって、脳にか印鑑を覚えさせる。応用、細かいところはやらない。

    暗記は渦巻きのように。何回も繰り返してだんだん大きく広げる。

    1、答えだけ見る(論文式の場合。選択式の場合は答えと問題)頭を使わず読むだけ。
    2、問題と答えを見る。何回か繰り返す。
    3、解説を読む。何回か繰り返す。
    10回くらい繰り返したら、薄い問題集をやる。

    問題はランクわけする。
    毎年出る=A、2~3年に一度=B、めったに出ない=C。
    超基礎は++、基礎は+、応用はー、
    優先順位は、A+>B++>Aー
    毎年出るものが優先。

    参考書は答えを知ってから読む。あらかじめ必要なところがわかっている。

    ノートはとらない。インプットよりアウトプットを重視。思い出す訓練が勉強。
    寝る直前5分がゴールデンタイム。
    起きたらすぐに前の晩の続きを行う。
    睡眠時間は十分に。
    瞑想する。10~20分、無になる。
    1週間に一日、新規の勉強をしない日をつくる。
    好きなもの、を暗記に結びつける。好きなことをしながら覚える。

    問題を見る→答えを思い出す、の訓練。
    アウトプットしながらインプット。
    思い出すスピードをアップ。10秒かかったらまだ覚えていない証拠。

    キーワードを選ぶ。マーカーをつける。
    キーワードを中心に、10個の関連するワードを周りに配置する。これが知識の本棚になる。

    夜5分、その日にやったことを箇条書きで書き出す。これが復習系のアウトプット。
    朝5分、前日の分を思い出す。できればメモを見ないで。2回目の復習系アウトプット。
    間隔をあけて、再度思い出す。
    翌々日の午前中、4日後の午前中、1週間後の午前中。最長1週間。
    これを同時並行で。日曜日は新規学習はしない。

    翌週の月曜から。朝はなし、午前中に1の5回目、4の4回目、6の3回目、午後に7のメイン学習、夜に7の1回目。
    火曜日は、朝7の2回目、午前中に2の5回目、5の4回目、午後に8のメイン、夜に8の1回目。
    水曜日 朝8の2回目、午前3の5回目、6の4回目、7の3回目、午後9のメイン、夜に9の1回目。
    木曜日 朝9の2回目、午前4の5回目、8の3回目、午後10のメイン、夜10の1回目。
    金曜日 朝10の2回目、午前5の5回目、7の4回目、9の3回目、午後11メイン、夜に11の1回目。
    土曜日、朝11の2回目、午前6の5回目、8の4回目、10の3回目、午後12メイン、夜に12の1回目。
    日曜日 朝12の2回目、午前9の4回目、11の3回目、メイン、夜はなし。
    翌月曜からは、それぞれ6を足したもの。


    キーワードをマークしてある参考書、問題集を1ページ1秒程度で見ていく。記憶を思い出す訓練。

    誰かと話す。いないときは一人で2役の自分プレゼンテーション。
    日常生活で自分で問題を作って答える。

    煮詰まったら散歩をする。何も持たずに。内容を思い出す。散歩のときにアウトプットの練習。

    勉強のモチベーションアップは、
    自分はできない、と認めること。できる喜びが倍増する。できなくてもガッカリしない。
    マイナスの状況も、一回りするとポジティブ思考を引き寄せる。
    意味のないルールを作らない=時間、量、禁止事項を作らない。
    ライバルをイメージする。
    自分の行動を記録する(セーブする)=その日やった寮を書く。どれだけやったか、ひと目でわかる。

    欲求と素直に向き合い、モチベーションにする。

    習慣化したほうが一番ラク。
    習慣化は恐怖心から生まれる。
    やらなかったらどうなるだろう、と最悪を想像する。ネガティブ感情もプラスに転じる。
    机に向かわず、別の場所で勉強する。

    TODOリストを作って潰す楽しみを覚える。
    朝の復習を終えてから。前の日に作ると過剰になりやすくできないときにがっかりする。
    溜まったリストを毎日眺めることは復習にもなる。
    具体的な項目、内容を書く。
    リストの数は5個程度、勉強3に、その他2.高いハードルにしない。

  • 93)夜5分→朝5分記憶出し入れ
     日付,曜日,勉強の項目,箇所→時系列に箇条書
     問題集,参考書のページ

全22件中 1 - 10件を表示

佐藤大和の作品

ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法を本棚に「積読」で登録しているひと

ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法の作品紹介

今までの勉強法を捨てた瞬間から人生は劇的に変わる!「理解」はいらない!「ノート」もいらない!ラクして覚えられる裏ワザが満載!資格試験、英語、大学受験、入社試験ほかで効果絶大!

ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法はこんな本です

ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法のKindle版

ツイートする