一生モノのファイナンス入門―――あなたの市場価値を高める必修知識

  • 184人登録
  • 3.97評価
    • (10)
    • (12)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 朝倉智也
  • ダイヤモンド社 (2016年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478068359

一生モノのファイナンス入門―――あなたの市場価値を高める必修知識の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今まで曖昧だったのが整理できた。

    ・貸借対照表(B/S)・・・決算時点の資金の調達と運用の状況を示したもの。負債か資産か=家計でいえば、住宅ローン・カードローンvs預貯金・年金保険・不動産

    ・損益計算書(P/L)・・・事業期間の収益の増減。家計でいえば、家計簿。

    ・キャッシュフロー計算書(C/F)・・・事業期間の現金又は現金相当額を示したもの。
    (※貸借対照表が会計上の処理(=減価償却等含む)のため、「お化粧」できるのに対し、こちらは、純粋に今使える現金or現金相当額を示したもの。貸借対照表だけでは、黒字倒産のリスクなどもあるため。)

    二度読みして、やっと半分分かった感覚。
    もっと深めるには、三度読みが必要な気がするが、取り急ぎ次へ進む。

  • 自社の損益計算書を解読するために購入。
    貸借対照表やキャッシュフローと併せた会計の基本から解説されていて、いまの私にちょうどよかった。あとはたぶん実践あるのみ。
    それにしてもやっぱり数学的な考え方は苦手だ…。

    244p/3.0H

  • 初心者向けかな?わかりやすいんだろうけど、深みはない

  • 年金が出ないかも、と思ったところで、出入りの生命保険会社の営業さんから、うっかりパンフレットをもらってしまうくらいの方にはオススメです。
    基本から、単利・福利の違いや、将来価値を現在に割り引いて換算する考え方などが理解できます。

  • ・モーニングスター社長の著書で、投資信託以外の初めての著作。
    ・ファイナンスとは何かを非常に分かり易くまとめており、手元に置いておきたい本である。
    ・会計の目的は、企業の過去と現在を示す財務3表から「現在の企業の状態を把握」すること。
    ・ファイナンスの目的は、「企業価値を最大化させるためにこれからどうすべきか」を考えること。
    ・財務3表の細部まで理解する必要はなく、企業の全体像を掴めれば十分。
    ・貸借対照表には、資産の部に流動資産と固定資産、負債の部に流動資産と固定資産、純資産があり、「資産の部」=「負債の部」+「純資産」となる。流動と固定は1年以内に現金化されるかどうかの違い。
    ・貸借対照表では以下の3点がポイント。
    1.「純資産」>「負債」であれば安全な状態。自己資本比率=純資産÷(負債+純資産)であり、自己資本比率は一般に40%以上あると比較的安定していると言える。
    2.「流動資産」>「流動負債」であれば安全。
    3.「純資産」>「固定資産」であれば極めて安全。(「純資産」+「固定負債」)>「純資産」であれば比較的安全。
    4.損益計算書では、売上高と営業利益(本業での利益)が前期比でどれくらい伸びたかをチェック。さらに売上高に占める各利益の割合がどれくらいかもチェック。また「販管費」の内訳として、「人件費」「賃貸費」「販売促進費」「研究開発費」「事務関連費&その他」をチェックし、どの費用が大きいのか、無駄がないかをチェック。
    ・キャッシュフロー計算書では、「営業キャッシュフロー」が企業の本業からあがるキャッシュであり、プラスなら利益が出ている状態、「投資キャッシュフロー」が設備や有価証券等に投資したり売却したりした際のキャッシュであり、マイナスなら積極的に投資をしている状態でプラスなら現金化している状態、「財務キャッシュフロー」が借り入れや株式発行による資金調達、配当金の支払いや自己株取得のキャッシュであり、マイナスなら株主還元を積極的に行っている状態、マイナスなら資金調達を行っている状態を示す。
    ・営業キャッシュフローはプラス、投資と財務キャッシュフローは何によってプラスなのかマイナスなのかによって分析する必要がある。
    ・ファイナンスでは利益よりキャッシュを重要視する。利益は減価償却費によって調整できてしまう。
    ・財務分析のポイントは、成長性、収益性、効率性、安全性の4項目。
    ・成長性は、売上高や営業利益の成長率を損益計算書でチェック。
    ・収益性と効率性は、ROE(株主資本利益率)とROA(純資産利益率)でチェック。
    ・ROE=当期純利益÷自己資本であり、株主に帰属する資産を使って、企業がどれだけ利益を上げたかを示す。
    ・ROA=利益÷純資産であり、企業が資産全体を使ってどれだけ稼いだかを示す。この時の利益には複数の利益を使えるが、重要なのは「営業利益」を使うことで本業での効率性をチェックすることができる。
    ・ROEは、「収益性(売上高当期純利益率)を高める」「効率性(総資産回転率)を上げる」「負債を増やす(安全性=財務レバレッジ)」によって高めることが出来る。一方ROAは「収益性を高める」「効率性を上げる」ことによて高めることができる。ROEは借り入れを増やすことで高めることが出来てしまうため、ROEよりROAを重視すべき。
    ・財務分析をする際は、同業他社と比較する必要がある。
    ・財務分析では、成長性として「対前年売上高成長率」「対前年営業利益成長率」、ROEとその内訳として「売上高当期純利益率」「総資産回転率」「財務レバレッジ」、ROAとその内訳として「売上高当期純利益率」「総資産回転率」、その他の安全性として「自己資本比率」「流動比率」、P/Lの内訳として「売上高」「原価率」「売上高総利益率」「販管費率」「営業利益」をまとめた表をエクセルで作成しておく。その際、B/Sから自己資本、総資産、流動資産、流動負債、P/Lから売上高、売上総利益、販管費、営業利益、当期純利益をピックアップすれば全て計算できる。
    ・従来の日本企業では、目先の「費用対効果」を重視していたが、今後は過去のデータから将来を予測して「投資すべきビジネス」を見極め、「企業価値向上」を目指す必要がある。
    ・ここからが本題(第3章以降)だが、これを要約することは難しいので、必要であれば購入するしかない。
    ・ちなみに最終章ではファイナンスを家計に適用した考えも掲載されている。
    ・著者のお薦め投資はインデックスファンドへの分散投資で、国内株式ファンドはニッセイTOPIXインデックスファンド(0.31%)、先進国株式ファンドはたわらノーロード先進国株式(0.24%)、新興国株式ファンドはEXE-i新興国株式ファンド(0.39%)、先進国債券ファンドはたわらノーロード先進国債券(0.22%)、新興国債券ファンドはeMAXIS新興国債権インデックス(0.65%)を、10:40:20:20:10の比率。()内は信託報酬。

  • 初心者向けファイナンス本。最低限知っておいたほうがいい知識が分かりやすくまとめられているので、全く知らない人にはいいかも。最後は結局、筆者お得意の資産運用の必要性に帰着するのはどうかと思うけどw最後の人的資本と金融資産の関係については納得。

  • 「キャッシュフローは企業の”素顔”」

    ファイナンスにまったく知識がない人が読んでもわかりやすい本。
    知識がある人が読んでも後半は勉強になるだろう。

    IRRは投資案件が、平均何%で収益を上げられるかを示すもの。

  • 財務諸表分析の仕方と企業価値分析のさわり。財務諸表分析は具体例が豊富でレポートとを書く前に読みたかった。机の上に置いておきたい本。

  • ファイナンスという言葉はよく聞くが、何となくかっこよく英語で言っているが会計の一種だと思っていた。

    しかし会計とファイナンスは別だという事を最初に説明している。

    会計:時間軸は「過去と現在」、目的は「企業の現状を把握」
    ファイナンス:時間軸は「未来」、目的は「企業価値の向上」

    PLやBS、CFなどは聞いたこともあるし実際チラッと見たこともあるがその見方などは良く分かっていなかったが、それほど難しくないように感じた。

    ファイナンスの知識は一生役に立つ知識であり、ビジネス世界における「成功への登竜門」と書いているが確かにその通りかもしれないと思った。

    この手の本は過去に読んだことはあったがその中で一番わかりやすく、専門家ではない我々に必要十分なレベルの知識を網羅的に抑えている印象を持った。
    ファイナンスに興味があるが何をすればいいかと思っている自分のような人には最適な1冊だと感じた。

全10件中 1 - 10件を表示

朝倉智也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ベン・ホロウィッ...
トマ・ピケティ
ジェームス W....
佐々木 圭一
冨田 和成
アーノルド ベネ...
有効な右矢印 無効な右矢印

一生モノのファイナンス入門―――あなたの市場価値を高める必修知識を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一生モノのファイナンス入門―――あなたの市場価値を高める必修知識の作品紹介

ファイナンスは、ビジネスにも人生にも役立つ「一生もの」の知識。ファイナンスがわかると自分の仕事を「企業価値の向上」という観点から考えるようになり、会社の未来を語れる人材になれる。決算書が読めなくても大丈夫。財務3表の読み方からファイナンス理論の基本までが一気に学べる!

一生モノのファイナンス入門―――あなたの市場価値を高める必修知識はこんな本です

一生モノのファイナンス入門―――あなたの市場価値を高める必修知識のKindle版

ツイートする