チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか

  • 368人登録
  • 4.17評価
    • (47)
    • (44)
    • (21)
    • (2)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 青野慶久
制作 : 疋田千里 
  • ダイヤモンド社 (2015年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478068410

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グループウェアのサイボウズ、その創業者で社長によるワークスタイルに関するエッセイ。全て、サイボウズでの経験談で、一見、空論のような制度でも実際にやってるのがすごい。一人ひとりが自分に合った働き方をできるように、さまざまな制度が作られ、ちゃんと利用されている。

    いろいろなワークスタイルが共存するために、サイボウズのグループウェアを活用している、と、頻繁に宣伝が入るのは半分洒落なのか?

    意思決定、目標管理など、今の働き方で不満のない人でも仕事のやり方について参考になる内容があった。

  • サイボウズでは、チームワークとは何かという問いに対して明確な答えを持っている。

    共通のビジョンを持ち、役割分担をして、理想を実現すること。

    多様性を認めることをビジョンとしているのではなく、ビジョンを実現するチームを作るために、多様性が必要だったのだ。

    目的がブレないすごい経営者だ。

  • ⚫︎理想への共感(多様性のあるメンバーを束ねる軸がビジョンや理想)
    ⚫︎言葉の定義(当たり前に使用している言葉も、誰もがわかる言葉で再定義することで、共通理解のベースがつくれる)

    働き方改革だけでなく、チームでワークすることについて深く学べた。

  • 【概要】
    サイボウズ社長のチームの考え方の本。
    「多様性」を軸に、一人一人の人事制度を実施しているという話。具体的な施策よりも、考え方をベースにしている。時系列に沿った話になっているためうまくいかない事例も想像でき、実践しやすい良書。

    【評価】
    88点(多様性という自分が作っていきたい組織の考え方についていい表現を使ってくれている。)
    【共有したい内容】
    ・「誠実ではなく、正直でもなく「公明正大」であることが多様性には大事」
    ・「自立という言葉は、自分で立つと書く。自分で選択し、自分で責任を取る覚悟。多様性には「自立」も大事」
    ・「「事実」と「解釈」は別物である。実際に怒ったことが事実で、それを見て思ったことが解釈。たいていの場合、事実は大したことはない。解釈を付け加えることで、人は感情的になってしまう」

    【悪いところ】
    上場企業ならではの、もともと入ってる人のレベルが高いとか、人の採用が出来る前提にはなってる点で、その前で悩んでる人にはうまくいくのか?ってのはある

    【どういう時に役に立つか】
    人事評価を考えるとき
    組織文化を作っていきたいと思った時
    【ターゲット】
    人事部
    経営者
    経営幹部
    【自由記述】
    社員一人一人の多様性を認めようとしているし、実際にそういうのを実行しているんだというのは分かる。
    制度に対して目的を考えないと誰かにはプラスで、誰かにはマイナスでとか、
    給与についてもそうだったり、
    多様性を受け入れることのデメリットについても実際の経験に基づいた考え方が記述されており、非常に参考になる。

    定期的に読み直して、多様性についての考察や、言葉の定義をしっかりと突き詰めていきたいと思える。

    【合わせて読みたい】
    日本一働きたい会社の作り方
    ゆっくり、いそげ
    自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 覚悟を決めて、真剣にやる!
    真剣とただ頑張るとは訳が違う!

  • もっと早く読んでおけばよかった。「働き方改革」が叫ばれる中、自由な働き方を実践している企業として取り上げられることが多いサイボウズ。社長である青野さんが、自社の取り組みを事例として紹介しながら、その施策ができた背景、そしてさらにその裏にある自らの理想、信念について書いている。外から見て理想的に思えるサイボウズの働き方は福利厚生でなければ社員を甘やかすためのものでもない。サイボウズが掲げる理想を現実するために必要だから実施しているのだ。だからこの本は人事制度の本ではない。組織マネジメントの本である。

  • サイボイズの黎明期、チームに貢献する世界一のグループウェアメーカーというビジョン、そしてそのための多様性、多様性に応じた会社の制度&風土づくりについての会社紹介の一冊。

    真剣という言葉
    覚悟とは、リスクを受け止める心構え、あきらめ。できることに集中する。
    人間は理想に向かって行動する
    チームには、共通のビジョン、チームの構成員、役割分担、仕事の連携の4要素が必要
    チームワークの良し悪しは、効果、効率、満足、学習で決まる
    100人に100通りの人事
    昭和型は製品サービスの均質的なレベルアップを図るため、全員に規律を求め、一律に扱った。その結果、社員は自律心を失い、企業にぶら下がるマインドを生み出した。
    事実と解釈は別物
    問題は理想と現実の差。現実、原因、理想、課題に分けて考える
    成功は目標を達成、失敗はふ達成
    問題の範囲(横軸)を確認して議論、ど短期、短期、中期、長期
    縦軸は誰が問題解決に参加するか
    目の前にあることから解釈していく
    意思決定は起案と承認、承認者は決めることから逃げてはいけない
    モチベーションは理想に対する思いの強さ、やりたいこと、やれること、やるべきことの三つの条件が揃ったときに高まる

  • 全ての人は自分が望んでいるみらいに向ってこうどうする。こうなるといいなぁという未来。みんなが気持ちよく活動してくれるには何が最善かを考えていた

  • ストーリーのナレッジがあって、とても良かった。
    社内のインフラの話は汎用的でうちのチームでも検討してみようと思った

  • チームワークを測る4つの要素。「効果」「効率」「満足」「学習」p66

    多様性を維持するための「公明正大」と「自立」p91

全44件中 1 - 10件を表示

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったかのその他の作品

青野慶久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
リンダ グラット...
ベン・ホロウィッ...
デール カーネギ...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったかはこんな本です

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったかを本棚に登録しているひと

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったかを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする