遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

  • 918人登録
  • 3.62評価
    • (36)
    • (105)
    • (96)
    • (11)
    • (5)
  • 119レビュー
著者 : 印南敦史
  • ダイヤモンド社 (2016年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478068571

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
メンタリストDa...
三谷 宏治
又吉 直樹
夏目漱石
有効な右矢印 無効な右矢印

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣の感想・レビュー・書評

  • 読みたい本は沢山あるのに読むのが遅い、読んでも頭に残らない、という悩みがあり、飛びついた本。

    著者もおおむね同じような悩みを抱えていたようだけど、ネットの読書レビューの仕事を引き受けてから変わらざるを得なくなり、年間数百冊を読むまでになったとのこと。

    考え方としては、一冊の本の1%の良いところだけ自分の中に残れば良い、それを年間数十冊、数百冊読むことで、色々な考え方の良い部分を自分の中に積み上げていけばよいのだ、というもの。
    読書をテンポよく読むために読書環境を整えたり、要所要所をかいつまんで読む方法の紹介や、その本の良い部分を記録してモチベーションを上げるノートの作り方などを紹介している。

    最近自分も本の全てを記憶しようとか、著者の意図を全て理解し取り込もうとか言う考えはやめて、少しでも良い部分が読めたらいいやぐらいに変わってきたタイミングでこの本と出会った。

    色々な方法については斎藤孝さんの速読本に書かれていることとあまり大差なく、以前そちらを読んでいた自分としてはあまり参考にはならなかった。

    ただ、1%だけでも良さがわかればよい、という考えでもいいんだ、と思えたことは良かった。

  • 「何かのための読書」なんてつまらない!!

  • 読み心地がとてもよい。30分くらいでサクサクと読めてしまうけど、内容が軽いというわけではなくわかりやすく、まとめられているので、この本自体フローリーディングに適している作りになっていて面白いと感じた。けど難点はミステリなどにこの読書術は向いてないこと。


    実践していることが多かったけど「1ライン・レビュー」が、ついつい2行、3行になってしまうので的確に1ラインを選び抜きたいと思った。3章の「読書の足あとを自己評定する」は、読みながら「なるほどなぁ…」と唸ってしまった。全部実践するとかえって息がつまるので、色々自分に似合った読書術を組み合わせてオリジナルにしたい。


    ブログや書評を書く時は引用を書きながら読むと、まとめる時に楽。確かに…。参考になるし面白い。なによりも、このサクサク感がクセになる。

  • 読書の本当の価値は、書かれていることの「100%を写しとる」ことではなく、価値を感じられるような「1%に出会う」ことにあります。(33ページより)

  • 「たった1つの文」に読書の神は宿る(P.86)
    本の中でたった1つでも感銘を受ける文と巡り合えたらそれで良いという考え方もあるんだなと感じました。

  • アリオのクマザサ書店で立ち読み。
    書いてあるのを見て、その通りに読んでみた。

    ・読んだらレビューを書くのが大切。
    ・覚えようとしなくていい。レビューを書くことで、自然に覚えていく。(僕に言わせれば、そこでRetrieval想起 が起こっているからこそ、記憶に定着すると言えるだろう。)
    ・本をしっかり一文字一文字読むという概念を捨てよう。
    ・本は眺めればいい、パラパラ読めればいい、だいたい内容が分かればいいんじゃないかレベルで、開いてみればいい。
    ・一つの本をじっくり読むよりも、いろんな本をパラパラ読もう。
    ・パラパラ読むためには、大文字とか、見出しとかを見てくことでいい。頭の中で、勝手に内容を予想しながら読む。
    ・読み切らなくていい。流し読みし終えて、そして、いろんな本をいっぱい読むのがいい。
    ・キーワードとかだけでも、結構内容は予測できる。
    ・目次で気になると思う部分を読む。



    これよんで、英語の論文でも、この方法で速読というか、流し読みできるかな?してみようかな?とちょっとまた思った。

  • 1ラインレビュー、読む書くを呼吸の様に行う。本当は手書きが良いけど、今はスマホで書く。

    毎日、同じ時間、同じシチュエーションで10分行う。できれば朝がオススメ。

    引用と感想を読み返す。「自分はどんな本に刺激を受けやすいのか」「自分はどの様な考え方を好むか」「自分はこれからどんな本を読みたいか」

    12冊の中から「ベスト1」

    DISCOVER DIALY 21

    本を読むリズムは変えていい

    ビジネス書、新書は自分を成長させるための本
    ストーリーがある本は自分が楽しむための本

  • 読むの遅いし、あげくに内容覚えないし…と悩んでいた時、本屋で見つけて購入。
    がっつりゆっくり読む本や、さっと流してもいい本、ただ楽しく読む本、読み方がいろいろあるのに、全部統一してしっかり読むって考えるから駄目だった。
    もっと気持ちを楽にして、本に向き合う、あぁしなきゃ、こうしなきゃって、そういう強迫観念みたいなものは仕事や生活だけで充分で、せめて読書の時くらいは、ゆったりした気持ちで文字に向かいたいものだ。

  • 読書本にはありがちな内容であった。
    熟読しても一冊丸ごと覚えていられるわけではないので、読んだ本から最高の一文を見つけ出し、その一文に対する感想を一文にまとめるという読書方法は取り入れたいと思う。

    ・本書のメソッドが対象としているのは、主に「ビジネス書」とか「新書」といった、事実・主張を伝えるコンテンツであり、小説のようなストーリーコンテンツは含まれていません。なぜなら、速く読める本(ビジネス書一新書など)と速く読む必要がない本(小説、エッセイなど)とでは、読む目的が違うからです。①事実・主張コンテンツ(ビジネス書・新書など):自分を成長させるため。②ストーリーコンテンツ(小説・エッセイなど):自分が楽しむため。本書のフロー・リーディング習慣」による年間300冊読書計画は、「①事実・主張コンテンツh速く読める本」を1冊1日で読み終えることを前提としています。
    ・いくら熟読しても、実際には忘れていることのほうが多い。
    ・「頭に入っていないことのほうが多い」ということは、裏を返せば、「忘れていないものの中に、自分にとって大切な部分が凝縮されている」ということだからです。ー冊を読み通したことの意味は、その一節に出会えたことにある。
    ・熟読して覚えた”つもり”になっていることの多くは、時間の経過とともに(しかもごくごく短時間のうちに)記憶から消え去っていきます。結局のところ、「すべてを頭に叩き込むことを前提とした読書」ほどムダなものはないのです。
    ・読書の本当の価値は、書かれていることの「100%を写しとる」ことではなく、価値を感じられるような「1%に出会う」ことにあります。大切なのは、その本を読んだ結果として、知識や発見のひとかけらが頭の中に残ること。ほんの断片でもいいのです。なにか印象的なことが1つでも残ったなら、その読書は成功したと考えるぺきです。「全部残さず取り込んでやろう」と欲張らない。
    ・読書に限らず、なにかを習慣化するうえでの極意は、毎日・同じ時間帯に行一つことです。ちなみに個人的には、頭をスッキリさせられる朝の時間がおすすめ。「寝起き10分読書」を身につければ、寝起きでいちばんつらい10分間のうちに意識が覚醒し、そのままスーツと起きられて一石二烏です。目が覚めたらすやに起き上がらず、あえてそのままべッドに寝転がりながらめ分間だけ本を読むのです。すると、たったそれだけのことで頭がスッキリします。
    ・本を読みながら引用リストをつくり、読了したあとに再びリストに目を通したら、その中から「もっともすばらしいと思った引用」を1つだけ選ぷようにしましよう。自分がこの本を読んだ価値のすべては、この1行に集約されているといえるような部分です。さらにその1文に対して、「なぜこの1行に感動したのか?いという観点で、ひとロメモを「1ライン・エッセンス」として書く習慣が重要。時間が経つとなぜその一文を選んだのかを忘れてしまうため。
    ・小説はあんまり詳しくないという人は、発行部数の多いべストセラー小説などから入ってみるといいと思います。べストセラーになったということは、純粋に内容がおもしろいとうことでもあります。

  • 電子書籍が一般に出回るようになり更に積読本が増える一方なので読んでみた。もちろん電子書籍で。
    早速実践したいのだが、電子書籍では著者の速読術は難しそうだなぁ。

  • 読みたい本がたまっていく一方の現況を改善するヒントになればと思い手に取った。「熟読の呪縛」など本当にその通りで大いに共感したのだが、ではどう読んでいくかということになると、参考になるところもあるし、私にはちょっと違うかなと思うところも。まあこの本に限らず、こういう類の本はそのつもりで読んでいるので、やってみようかなと思った内容については、早速実践してみます。

  • 音楽を聴くように読書ができるかもと感じさせてくれる本です。いつも本を読むのは遅い私でも、この本はさっと読めました。少し自信になりました。

  • ビジネス書などを読むためのハウツー本といったところか…。
    小説や物語には向かない読み方だけど、感想を一行でも残しておくと言う下りは、どんな本でも当てはまる気がする。
    特に、推理小説を読んで、犯人を忘れるような私には(^ ^)

  • メモを取りながら読むという手法を試したら、たしかに本の要点をつかむのにすごく良かった。「こっちから情報取りに行ってやるぞ」という意識が芽生える。

    一冊の本からほんの一粒でも教訓を得られればもうけもの。そんな考えで気軽に本とつきあっていくのもいいのかもしれない。

  • 「1パーセントのめぐりあい」

    著者は年700冊読むという多読家。
    「フローリーディング」という手法を本書で紹介している。

    熟読して記述の全てを頭に入れようとするから読書は辛くなり先に進めなくなる。
    どんなに熟読しても、本当に記憶に残るのは1パーセント程度。これが現実と割り切れば、もっと読書は楽になり、読む速度が上がる。

    記憶している1%、これこそその本との出会いの恐縮であり本質。
    これを大切にすることが読書の喜び。

    そして「読む事は呼吸に似ている」とも著者は言う。
    息を吸ったら吐くように、読むというインプットに対し、書くというアウトプットを励行することが大切。

    書くこと、それも簡潔に書くことを心がけると、読書にもメリハリがつく。

    書いて、蓄積する、シェアする。
    それが自分を形成する。
    「1%のめぐりあい」がもたらす読書の喜びがここにある。

  • この本で述べている重要な問題、「この本を読む目的は何か?」という意識が根本的に欠如していました。読むのが遅いというコンプレックスがあるため、「遅読家」というマジックワードを見た瞬間に読みたくなってしまったけれど、なにをしたかったのかは不明。早くなるわけないもんね。著者が提唱する斜め読みや飛ばし読みはHow-to本でしか使えないし。とりあえずその手の本は端折って読むこととします。複数の本を同時に読むことも、ビルゲイツをはじめあちこちで勧められているので、やってみたい。

  • 音楽を聴くように、本を読むというフレーズが気に入った

  • 「神は一文に宿る」
    全てを本から受け取ろうとするのでなく、エッセンス部分を書き出していく。それを言い得て妙な文。

  • 熟読しなければとの呪縛から自由になれる本。

  • この著者のレビューを読んで、よく読む本を選んでるなと思い読んでみた。アウトプットの方法を模索していたが、この本を読んで読書感想ノートをつける気になった。

  • あえての電子書籍のススメ
    これはもちろん、最終的には好みの問題であるし、著者も電子書籍より紙派とおっしゃってる故、ここに書くべき事ではないのかもしれない。
    でも、自分は遅読家にこそ電子書籍のメリットを享受できる素養があるのではと。あえてここに意見を述べさせていただく。
    まず、本書で述べられているように、
    【遅読家は読書に対する「真面目さ」を捨てきれない人】のこと であり、さらに【フローリーディング(流し読み)が下手くそな人】 なのであって、まさにまさに、ズバリ自分もそんな人なわけで、ずっと読書は紙派だったわけだが。そんなある日、本の虫(本物の虫、ね。)にお気に入りのセーターを軒並み喰われるという大惨事に見舞われ、選択肢のひとつとしてそんなにトキメキもなく電子書籍を選んだのだが、これがなかなかに自分の性質にフィットしていることが判った。
    要は、自分の場合、紙の本を崇高なものとして大切にし過ぎるキライがあるらしく、著者と同じく、本に直に書き込んだり、マーキングするなどもってのほか、単行本なんかを買おうものなら、ひとしきり装丁を愛で、匂いを嗅ぎ、まず紙の質感を楽しむ。これはこれで、読書の醍醐味と言える、言えるのだが、いざ読み始めると、それらの知覚情報に邪魔されて、肝心の内容に没入できないことが多々あり、著者の言葉で言うと、【どんなに興味のあった内容であっても、時間をかけ過ぎたせいで途中で飽きてしまう】のである。
    そんな本が積もり積まれて…
    しかし電子書籍移行後はどうだろう。
    崇高なあの質感、あの匂い、あの手触りから解放され…
    たことにより奇しくも、純粋に「本」を【コンテンツ】として認識できる脳味噌を手に入れてしまったのだった。
    以来、どんなにお堅い内容の本でも、私の脳味噌はネットの記事同様、流し読みや飛ばし読みをしても良い【情報】と認識、要点を拾えさえすれば良い【コンテンツ】と認識してくれ、紙の読書よりむしろストレスフリー。しかも、色んな色でマーキングし放題、書き込みし放題、で、結果、胸を張って速読家ないし多読家とは言えないまでも、以前より読書量は明らかに増えたのだった。
    とまあ、そんな人もいるよと言うことで。
    大切なのは、それぞれのスタイルで自由に文章の大海原に漕ぎ出せばいいわけで。そしてその中からたった一行のトキメク文章に出会えればいいのであって。参考にしていただこうなんておこがましいことは微塵も思ってないです。はい。

  • いわゆる、本の読み方に関する書籍です。フローリーディングと印象に残った行の書き出し、書き出した内容の振り返りから読んだ本の自分にとって一番理解が深まる箇所と感想を抽出するやり方が書いてあります。
    何千行の中から得られるものは多くはありませんから自分にとって必要になる箇所を見る目を養うのが本書の主旨です。だから自己啓発やノンフィクション向けの読書術ですね。
    小説はじっくり味わいながら読みたいものです。

  • 今までほとんどの本を熟読して、さらに内容を記憶に刷り込みたい本はエヴィングハウス理論で次の日に再度軽く読み通す、という半ば苦行的読書を行なってきたが、本書を読んで読み方を変えようと決意できた。
    苦行楽しくない…。楽しくないと続けるのが辛い…。
    お気に入りの一文は「音楽を聴くように本を読む」。

    日本語が表意文字で良かった。

  • タイトルから「遅読家なりの読書の楽しみ方」が紹介されているのかと思いましたが、違いました。
    この本の内容なら「遅読家のための多読術」や「遅読家を卒業するための読書メソッド」にすべきです。

    読書を習慣化するために「多くの本に触れましょう」という考え方は共感できます。ただその方法として『ビジネス書や新書などの「速く読める本」を読み飛ばして、数を増やしましょう』というのは意見が分かれるところだと思います。

    著者と違って読書や感想を仕事にしているわけではないので、音楽を聴くように焦らず読書を楽しんでいきたいと思います。

  • じっくり読んでも結局はほとんど忘れる。ならば、たくさん読んで出会いの数を増やす。201708

全119件中 1 - 25件を表示

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣を本棚に登録しているひと

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣の作品紹介

「なんでこんなに読むのが遅いんだろう…」「以前はもっと本を読めていたのに…」というすべての人へ。積ん読、解消!! 月20冊があたり前になる。なぜ「1ページ5分」の遅読家が年600本の人気書評家になれたのか? 音楽を聴くように本を読む――さあ、「フロー・リーディング」の習慣を始めよう。

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣はこんな本です

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣のKindle版

ツイートする