経済は地理から学べ!

  • 386人登録
  • 3.65評価
    • (13)
    • (35)
    • (27)
    • (4)
    • (2)
  • 29レビュー
著者 : 宮路秀作
  • ダイヤモンド社 (2017年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478068687

経済は地理から学べ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地理を知ることは世界を知ることだった。本来教育の目的は、正解を教えることではなく正解を見つけられるようにすることや選択肢を増やすこと。

  • 土地と資源、気候、風土、人口。経済が発展するにはそれなりの理由がある。より多くの食料を生産できる国は、人口が多い。人口を生かした労働集約型の産業が発展する。
    経済大国の条件は機械と自動車の輸出が多いこと。また、当たり前の様に水が飲めることの幸せであったり。

    予備校の人気講師が書いた本だからという訳ではないですが、分かりやすかったです。

  • 何でアジアは人口が多いのか、とかいろいろ勉強になった。確かに地理が最も基本のような気がする

  • ★地理は現代世界を理解するのに役立つ総合的な学問だとわかった。地理に対するイメージが変わった。

  • タイトルの通り,高校で習った地理を思い出す.
    もう一度流し読みしたい

  • あまり経済という感じでもないが。

  • なかなか、面白い!
    でも、ちょっとだけ若い人向けかな。
    と思ってたら、著者は予備校の先生やん。

  • 地理とは地球上の理

    知識がつながりひとつの物語となる。

    現代社会そのものを学ぶ

    地理と歴史はクルマの両輪


    経済は土地と資源の奪い合いがベース

    景観
    地理学では様々な要素が関わりあって物語が成り立つこと

    視点
    1 自然 エネルギー
    2 スケールメリット
    3 資源 地勢リスク
    4 距離 物理、時間、経済、感覚

    良い土地
    面積が広い、雨が多い、鉱物資源豊富

    立地
    パートナー、時差、流域の河口
    人手か機械か
    パイプラインと地勢リスク

    資源
    発言力、レアメタル、アルミと電力

    貿易
    物流距離とコスト、同じ国で輸出も輸入も
    航空連合とハブ&スポーク路線

    人口
    日本は教育と人口ボーナスで資源不足を補う
    米の人口支持力、アジアの台頭
    東京、大阪、名古屋と平野や遠浅海岸
    神戸、横浜の港湾都市
    人口密度とインターネット

    文化
    資源がないと奪い合いではなく協業
    食文化、芋と豚、ニュージーランド酪農
    世代交代が持続可能な経済発展の最重要
    インドにも牛肉食ニーズは2億人

  • 書き方が面白く、興味がありそうな分野を中心としてるので、楽しく読めた。

  • 地理学の面白いところをかいつまんだ本という感想。朝に1,2くらい記事を読めばいいのでは?という感じ。

    ただ、賃金や要素賦存量の話は経済学でゴマンと行われているのに、それを援用して「地理学で経済も説明できる!」と言ってしまうのは拡大解釈というか、傲慢ではないだろうか?

    イマイチ地理学のことがわからなかったが、学問的体系がなさそうな分野だと感じた。

全29件中 1 - 10件を表示

宮路秀作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
三浦 しをん
ピーター ナヴァ...
伊賀 泰代
三谷 宏治
トマ・ピケティ
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

経済は地理から学べ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

経済は地理から学べ!を本棚に「積読」で登録しているひと

経済は地理から学べ!の作品紹介

地理から学ぶ、経済のしくみ。経済とは、土地と資源の奪い合いである。地理を学ぶとは、地形や気候といった自然環境を学ぶだけではありません。農業や工業、交通・通信、人種・民族、宗教、言語、村落・都市、貿易にいたるまで、現代世界で目にするありとあらゆる分野を学びます。世界の本質を「地理」から学ぶ!

経済は地理から学べ!はこんな本です

経済は地理から学べ!のKindle版

ツイートする