47原則―――世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?

  • 173人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (8)
    • (9)
    • (4)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 服部周作
  • ダイヤモンド社 (2016年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478068892

47原則―――世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マッキンゼーで長年働いた著者が纏めた仕事におけるエッセンス。かなりコンサル寄りな内容だけど、コンサルに限らず参考になる点が多々有り。特に共感して実践していきたいと思った内容は以下。
    ・朝早く出社してきつい仕事から片付ける
    ・常に次の行動を起こし段階的なステップを踏む
    ・最終的なアウトプットをイメージする
    ・アウトプットは大切に、それを見せるタイミングも自ら主導権を握る
    ・会議は主旨を明確に、議題を必ず準備
    ・フォローアップを大切に(電話後、会議後のRecap送付など)
    ・最適なコミュニケーション手段(対面・電話・メール)を考える
    ・他人の行動、言動はまず善意に解釈する
    ・常にポジティブに、人生の変化に柔軟な姿勢を保つ

  • 2017.07.02 読了
    目から鱗、というような新しい内容は特には無かったが、マッキンゼーの人は常に強いプレッシャーのもと、意識高く仕事をしていかないといけない環境なのだなと感じた、さすがトップレベルのコンサルタント会社だ。47原則を見て、今一度自分が足りない部分を再認識して、より高みを目指していく意識を持っていきたいと思う。

  • 47原則―世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?2016/7/8 著:服部 周作

    本書は、著者が仕事上で作成・活用してきたルールブックに書き溜め実践して成果が上がったと実感した仕事の進め方や、尊敬する社内外のリーダーがさりげなくこなしている効果的な手法を聞き出して、「47原則」にまとめたものである。

    紹介されているどの原則も、実践すること自体は難しくない。ただし、「どの原則も明日から即実行できるけれど、本物の能力として完全に習得するまでに時間がかかる」。ことを忘れてはいけない。

    本書の構成は以下の4章から成る。
    ①先手を打つ
    ②コミュニケーション上手になる
    ③生産性を極限まで高める
    ④持続的な成長を実現する

    小手先のテクニックも時には必要になるものの、今の自分を見直し、どう進むべきかの答えを求めるときには時間はかかるもののこうした原則を見直すことが逆に早道となることもある。

    簡単そうに見えるものの紹介されている47の原則については、継続するにはなかなか骨が折れる。誰しもが簡単にできるわけではなく、一定の技術と思考のスキルがあってこそ理解しながら取り組めるものとなっている。

    しかし、出来ないわけでもない。人によっては原則をとりあえず実践してみてそこからその意味や目的を考えるといったやり方でも問題ない。
    とにもかくにも始めることと続けることこの二つをこの原則にもあてはめながら行っていけば、確実に前に進めることはできる。

  • 本書で語られる原則の多くは一流のビジネスマンが具えるスキルだ。しかし重要度や質の粒度はばらばらで、実践の難易度もまちまちである。例えば初回会議でクロージングまでの全ての会議を設定する旨の紹介がされているが、それができるのはアウトプットとそこに至るプロセスを極めて高いレベルで正確に理解できないと難しい。かと思えば「ストレスのある時ほど笑う」原則など根性論的なものもある。「すべての問いに30秒以内で答える」「前半戦が勝負の分かれ目、序盤に全力を注ぐ」など優れたアドバイスも混じっており、全体的には服部氏自身の玉石混淆の47「習慣」を纏めたものと捉えるのが正しいであろう。

    価格に見合う価値があるかは難しいところだが、自分に適したアドバイスを探す自己啓発本という位置づけで読むのが良いであろう。

  • どちらかというと、ビジネスパーソン全般ではなく、コンサルタントに役に立つ本

  • 仕事人生の機転にたった時代に出会えた一冊。結局一流の方は無意識に本質をついてるんだなぁとつくづく思いました。内容もよくまでまってるかなと思います。。。が47以下にまとまる気がもします。

  • マッキンゼーの中間管理職であるエンゲージメント・マネージャーでの学びやさらに上の階層の役職者へのインタビューをまとめた仕事をはじめとした人生成功のルール。
    目次をみても章立てが分かりづらいが、第1章は自己改革、第2章は他者とのかかわり、第3章は生産性向上、第4章は更なる持続的成長、第5章は考えを書き留める。
    ハマる(理解でき、活用できる)人には素晴らしい情報だろうと思うが、理解できない人には具体的な詳細情報が不足しているだろうし、例えば夢・理想・目標を描き、実行計画に落とし込み、実行するべしのような、当然だと理解しても実際に着手に結びつかない、猫に小判的な本のように感じた。
    16-149

  • マッキンゼーで勤務した著者が体験を基にした仕事の原則。47ある。
    原則はハッキリと分かれてなく繋がってるものが多いので良くも悪くも続けて読める。
    マッキンゼーだからだろ、というものは少なく仕事をする上で大事なことは共通している。
    マッキンゼーでのエピソードがたくさん載っていたので興味深く読めた。
    後半は少しだれ気味。

全8件中 1 - 8件を表示

服部周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

47原則―――世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

47原則―――世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

47原則―――世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?を本棚に「積読」で登録しているひと

47原則―――世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?はこんな本です

47原則―――世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?のKindle版

ツイートする