増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業

  • 154人登録
  • 4.20評価
    • (18)
    • (15)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 松村嘉浩
  • ダイヤモンド社 (2016年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478069332

増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『増補版なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?:日本人が知らない本当の世界経済の授業』では、これから世界に起きる問題・現在進行系で起きている問題から、「①これから世界がどうなるのか」。「②何が本質的な問題」で「③それに対して我々はどうするべき
    なのか」の3つを著者である、松村嘉浩氏が記録したものである。
    「① これから世界がどうなるのか」に関して、松村氏は、「機械の台頭」と「シェアリング
    経済の拡大」をあげている。「機械の台頭」に関しては、「IT革命」によって、低賃金の仕事が機械に置き換わる変化を言っている。仕事がITによって置き換わることによって、アメリカでは、「ジョブレス・リカバリー」と言われる、「景気は回復しているにもかかわらず、雇用が生まれない」という状況に陥っている。この状況において、ITを使いこなせるような高所得者とITに置き替わられてしまう低所得者の間に深刻な経済格差が起きつつある。しかも、この影響は後世にまで残ってしまう。富裕層は子供に高度なIT教育を施す一方で、低所得者の子供には、教育を受けさせることができないという負の連鎖に陥っている。
     「シェアリング経済の拡大」は、「モノ」を所有するのではなく、必要なときに必要なだけ使うために、「共有」するビジネス経済圏が生まれつつあることを言っている。今までは欲望のままに足りないものを買って、消費するというライフスタイルが一般的だったが、モノが充足するにつれて、モノを消費するよりも共有することに価値が置かれるように変化していく流れがきている。
     「②何が本質的な問題か」は、経済成長は成長限界を迎えているというのに、成長を前提としたシステムを世界中で構築し、維持していることである。例えば、資本主義は、経済が成長していくことを前提とし、人々が労働して、得た資本を消費し、次の資本に投下していくことで、経済が成長していくというループを前提としている。ただ、現代は、定常経済に陥っており、労働力は減少していくばかりなので、継続的な成長は望めなくなった。なので、継続的な成長を前提としている政策やシステム、思考は矛盾を生んでいて、それがテロ事件やリーマンショックなどの問題を引き起こしている。
     ③それに対して我々はどうするべきなのか」は、無限の経済成長を前提とすることを止め、物質的満足ではなく、精神的な満足に対して世界中で移行していくことが特に重要だと説く。また次に、「今起きている問題を先送りせず、今生きている世代の中で問題を止める」という断固とした現役世代の意志と行動が必要だ。日本は他国に先んじて、未曾有の問題に直面しており、問題の解決方法を他国に示すチャンスを得ている。江戸時代において、経済よりも精神的な満足が重視されていたことからも日本人にできないことではないと思われるので、一人一人が責任を持って取り組んでいくべきだ。
     読み終わってから、私自身思ったこととしては、主に4つある。
     1つ目は自分の無知さである。自分自身本を読むのは好きだし、世界の経済や政治、宗教に関して興味を持ってニュースを見ていた。しかし、表面的なメディアの主張や分析、煽りなどに自分が無自覚にも左右され、浅はかな認識を持っていたことに気づいた。なんとなく「日本経済は衰退して、これから後発国にどんどん抜かれる」といった認識でそれがなぜ起きていて、それに対しての経済政策はいいのか悪いのか。を自分の頭で考えきれていないことに気づきました。
     2つ目は、本を買って読まないと、「世界経済・日本経済のヤバさに気付きにくい現状」への危機感です。なぜ、そのようなことが起きているのかを考えたところ、前提として説明する際に、一冊の本ぐらいの説明量がいるという点を除けば、大手新聞や大手テレビといったメディア産業の上にいる上の年齢層の方々が変化の激しい今の時代に対しての思考と勉強が不足しているのかなと思いました。また、メディアという産業の構造自体、「正しい情報を伝える」というよりは、「視聴率がとれるものや大衆の目を引きやすい情報を流す」ことに傾倒してしまう構造があるのだと思います。これを解決するためには、従来の産業構造にとらわれないWEBメディアが情報の正しさと相手に正しく伝わることに価値置くこと。松村先生のような知識人がダイレクトに大衆に対して意見を訴えるような仕組みを確立していくことが重要だと思いました。
     3つ目は、自分にとって精神的な満足を考えること。つまりは、「自分にとっての幸せの意味」を考えることが必要だと思います。以前読んだ本で幸せの要素としてあげられていたのは、「快楽」、「意味合い」、「没頭」の3つだ。経済的な満足から、精神的な満足に移行するためには、3つに対して、自分独自の意味合いを見出すことが個々人に必要だと思います。自分自身が楽しくできること。自分自身が意義を感じて、達成のために頑張れること。自分自身が寝食を忘れてしまうくらい没頭してしまうようなこと。これらを仕事にして精神的な満足を高めることが今後、必要だと改めて思いました。
     4つ目は、シェアリング経済により、“世界は今よりも平和になるのではないのか”という期待だ。これまで歴史上、国と国がいがみ合うことや人と人が争いあうことの根底にあるのは、「モノへの所有欲求」ではないのかと思う。例えば、食糧や資源が自国にないから力ずくで奪う。モノが不足し、最低限の生活ができなくなったがために、人から奪う。こういった「共有」よりも「所有」の概念が強かったがために争いが起きていたのではないかと思う。現代においては、経済活動をすることによって争いは減ったが、未だに火花はくすぶっている。経済活動による平和を推し進めるためには、「シェリング経済の拡大」は必要不可欠だと思います。ただ、まだシェアという価値観よりも所有という価値観の方が強い傾向はあると思うので、若い世代が取り入れて生き、徐々に上の世代にも浸透させていく必要はあると思いました。

  • 対話型の書き方は始め違和感ありますがとても読みやすいです(がしかし長い。)。
    全体的な世の中の流れ(経済、金融、宗教に戦争、アート)を知りたい人にはとってもオススメ。だが、筆者は割りと偏った思想の持ち主なので鵜呑みにしないように注意は必要。
    右肩上がりの成長前提で設計されてきた資本主義(日本のみならず世界)がこれからどうしていけば良いのかを筆者なりの視点でまとめられています。

  • 題名についての解を歴史的な視点から論じている。西洋の視点が常識となっている世界史を、別の視点からみる面白さを提供し、宗教についても同様の展開が続く。筆者が多くページを費やしたのが、日本の金融政策の危うさについて。筆者は使命感をもって持論を主張しており、警鐘を鳴らすためにこの本を執筆したことがわかる。このような状況に至った背景についての分析も納得感がある。

  • 現在の社会情勢を根本から考えることができる本

  • 会話形式で書かれてはいるが、内容は非常にしっかりしており、著者の考え方にも納得感があった。
    人口減少、高齢化社会というこれから世界が直面する課題に、日本が最初に直面し、世界のお手本を示せるか試されている。
    さらに日本は先進国で唯一の宗教に縛られることがない多神教の国家であり、仏教やキリスト教が伝わっても受け入れてきた懐の深さを持っていることを誇りに思えた。
    ・失敗したら損失が大きい映画やアニメは、そうそう冒険できませんが、マンガだと新人がどんどん出てくるし、社会現象を引き起おこすことすらあります。売れるマンガは世の中の一般の人たちの心理を映す鏡でもあるの。
    ・なぜ、みんな(漠然と不安)なのかというと、まったく(新しい時代)にいるのに、今までどおりに生きょうとする既得権益層が世の中を歪めているからなのです。
    ・新しい時代の一番わかりゃすい事実は、いずれ、世界が人口減少に向かっていくということです。
    ・産業革命は「物理の革命」であり、失業したものも新たな雇用に吸収された。しかし、今起きているデジタル革命は「情報の革命」であり、人間の脳の機能を、さらに高速の処理能力のある機械で代替していきます。従って知識や技能のない人が切り捨てられてしま可能性も高いのです。そうなると、子供には高度な教育が必要になるため、コストが大きくなってしまい、少子化につながる。
    ・勝ち組でなければ負け組といつたように、真ん中がなくなっていく傾向が出ており、1人あたりの生産性は大きくなっくいるのに、所得の中央値が下がっているという事実の原因です。
    ・古典派経済学が生まれたころのヨーロッパはまだ貧しくモノを作る能力にも限界があったため、モノをつくれば必ずだれか欲しい人が出てくるのが当たり前という、「供給が需要を作る」ことが大前提であった。
    ・、人口構成のうち子供や老人が少なく、生産年齢人口が多い状態を人ロボーナスといって、高い経済成長が可能だと考えらている。
    ・第1次・第2次・第3次産業すべてにおいて、他の国を引き離します。こういうふうにすべてにおいて優位に立つた国をへゲモニー国家という。ヘゲモニー国家は同じような発展と崩壊のパターンを描くのです。第1段階は農業や工業が優位になって生産力が高まり、第2段階は商業が発展し、最後に金融業が発展していくという具合です。この順番で発展して、崩壊するときも農業や工業が競争力を失い、商業がダメになって、最後に金融が残るという具合です。
    ・アメリカもこれまでのへゲモニー国家が発展・衰退した過程を同じようにたどっています。製造業の優位性はなくなり、金融業が最後の優位性を残すというふうに、現在はアメリカのへゲモニーは衰退期に入っています。
    ・我々はこの数百年の爆発的に成長する世界を当たり前だと思ってしまっていますし、成長しない「新しい時代」のモデルはまだ模索している段階なのです。現在の社会システムは成長を前提とした仕組みのままですから、例えば、おじいさん・おばあさんたちは、小さくなる「新しい時代」に合わせて、年金を少なくしてもいいとは言ってくれない。
    ・、成長できない世界を無理やり成長させようとしたり、無理なリターンを生み出そうとしたりして、社会が歪んできている。その結果、人々はこれで大丈夫なんだろうかと不安に襲われるのです。これが、我々が襲われている「不安の正体」なのです。
    ・株価が上がったから景気が良くなるわけではなくて、景気が良くなったから株価が上がるというものだし、インフレにしたから景気が良くなって需要が増えるわけではなく、本当は逆で、景気が良くなって需要が増えるからインフレになる。
    ・日銀が、国債の発行額のほとんどを買って、無理やり金利を下げて銀行が国債を買えないようにして、もっとリスクのる資産、株や不動産といったものを買わせるように仕向けていって、さらに日銀自身が株むどんどん買えば株価が上がるのは当たり前です。しかし、いつまでも買い続けることはできないため、どこかで買うのを止めたら国債や株価が下がってしまう可能性は高い。
    ・「定常型社会/定常型経済」とは活発に経済活動はしていても、規模は拡大しない社会や経済のことです。「新しい時代」とは、このような社会や経済に移行していくこと。
    ・江戸時代が他の世界と決定的に違うことは、支配階層が腐敗しなかったこと。それは儒学といった国を治める学問を取り入れ、儒学に優れた人を尊敬しその教えを乞うという政治社会制度が成立していたからです。その結果、世界でも稀な文治社会となったのです。支配階層が経済的な利益を優先しない教養主義だつたので、武士のほうが貧乏で民衆のほうが豊かだつたのです。このような教養主義の伝統や儒教的な道徳が戦前までずっと受け継がれていくため、日本はモラルの高い国だつたのです。それが、「定常型社会や経済」を行なうことができた重要な背景でもある。
    ・日本の当初の基本戦略は、有色人種のアジアが協カして白人の欧米の世界システムに対抗しなければ生き残れないし、日本は世界システムに取り込まれることなく残った唯一の有色人種の先進国だったので、日本がリーダーシップをとってアジア圏で白人の欧米列強に抵抗しようとししたのです戦後になってからの教育が、戦前をすべて否定する教育へと極端に偏った方向に行った結果です。さらに、この戦略はアジアの中で日本の序列が低かったためうまくいかなかった。中国がずっと世界でも最大の帝国だったため、中国は界で一番であるという、中華思想、があって、他の国はその下にあるという考えがあるのです。その序列からみると、中国が親分で、韓国・朝鮮は一番目の子分、べトナムが二番目の子分で、日本は最下層の子分。
    ・将来の繁栄を考えれば、社会が未来を背負う人たちに投資をしていかなければならないのは当然で、現状のようなお年寄りにばかりおカネを使うのではなく、機械に負けない人々を養成すべく教育におカネをかけていかなければダメなのです。しかし、政治家は選挙率の高いお年寄り向けの施策ばかりで、投票率の低い若者向けの施策は行わない。
    ・経済が成長しない新しい時代において我々は、量より質を求めていかなければいけないのです。量を増やして成長もすることを目指すのではなく、質を良くしていく、発展を目指すのが、経済が成長しない「定常型経済」にとって重要なことなのです。
    ・日本の製造業の強みも、「摺り合わせ型」といって、アナログ的なところにあります。これからの新しい時代は「量より質」なので、日本人が得意とするような質の高いアナログ技術が価値を持つ時代でもあるのです。
    ・第2次世界大戦後に覇権国となったアメリカは、自国文化を育てるために現代アートを生み出した。現代アートはアメリカに移民したユダヤ人が中心となって気づきあげた抽象的な絵画である。ユダヤ教は偶像崇拝を禁止しているため、もともと抽象画が得意でった。さらにキリスト教やイスラム教では、汗をかかずに利益を得ることは卑しいこととされているため、ユダヤ人だけが金融業などの市場関係の分野に進出できた。そしてアートにも市場を作り上げた。
    ・アメリカではユダヤ教とキリスト教の利害が一致して手を組んでいる。特にアメリカの原理主義的なキリスト教福音派とユダヤ教は親和性が高い。

  • これは非常に良書。

  • 読了。歴史の話は目から鱗であった。金融の話は、不安になった。経済がガタガタになると考えるとどうしようかと思考停止になる。たぶん自分だけ生き残ろうとしるとアウトなのだろう。

  • 2016.11.10

全20件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
村田 沙耶香
瀧本 哲史
トマ・ピケティ
ベン・ホロウィッ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業を本棚に登録しているひと

増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業を本棚に「積読」で登録しているひと

増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業の作品紹介

マイナス金利、イスラム国と世界中のテロ事件、中国バブルの崩壊、アート作品の高騰、人工知能、少子高齢化、年金問題、アベノミクスの失敗-全てが繋がり理解できる。

増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業はこんな本です

増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業のKindle版

ツイートする