ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

  • 306人登録
  • 3.74評価
    • (13)
    • (30)
    • (17)
    • (5)
    • (1)
  • 28レビュー
  • ダイヤモンド社 (2016年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478069967

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・ブリニ...
ベン・ホロウィッ...
クリス・アンダー...
リンダ グラット...
トマ・ピケティ
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのかの感想・レビュー・書評

  • 次世代に向けての思考を広げるための良書。文系の人間もこれを読むと、IT技術革新でここまで来ているのか!と驚く。ビットコインにはじまるブロックチェーンが、仮想通貨の域を超えて、通信の世界、モノの世界まで幅広く変革をもたらすと、私たち人間はどうあるべきなのか、よく考えさせられる一冊。2度読み直したが、その都度、発見がある本です。

  • ビットコインを支える技術として『ブロック・チェーン』というキーワードをよく耳にするようになったので、気になって読んでみた一冊。

    特徴や概念、今後の社会に与えるインパクトなど内容は盛りだくさん。まとめると『仮想通貨の管理だけではなく、あらゆる取引や信用情報を、改竄困難な形で分散管理する基盤』ということかなと。

    ただちょっと誉めすぎ感があるのと、実装イメージは湧きにくいかなという印象。

  • 基本的な内容中心で導入書としては良いがそれにしてはボリューミー。ブロックチェーンによってこれまでのインターネットビジネスの仕組みが変わる。プラットフォームが必要なくなる。個人の評価があらゆるサービスで形成されていく。また仕事のやり方も変わる。三式簿記によって会計士が不要になるのはまさにその通り。

  • こんな人にオススメ
    ※ITの話ですが、知識はそんなにいらない。ブロックチェーンの技術が社会にどんな変化をもたらすと予想できるか、が焦点であるため。
    ・ブロックチェーン?ああ、ビットコインとかFintechと絡んでるやつだっけ?程度は知ってる方。
    →あ、応用するとこんなことまでできるのか〜!ってなります。
    ・自分が持ってるちょっとしたスキル(服のボタンつけができる、目玉焼きが作れる、●●が好きでアドバイスくらいならできる)を持ってて、発揮できる機会はないもんかとふと思うことがある人
    →ちょっとワクワクできるかも

    ブロックチェーンの今後の動向を注視していきたくなる一冊。
    個人的にはブロックチェーン社会になったところで、人間としての節度を守らなきゃいけないというのが変わらないのであれば、今の社会のままでもブロックチェーン社会でもどっちでもいいと思う(←後ろ向きw
    あと、インターネット技術ありきなのも気になる。ネット社会だとか言われつつ、PCやスマートフォンが普及してない国、やむを得ない事情で使えない人が世界中にたくさんいる。その人たちは置いてけぼりにならないのだろうか。(本書には途上国支援や社会的弱者支援の視点からも書いてあったけど。)

  • ブロックチェーン化するとどのように世の中がかわるかの考察が網羅されていた。
    理系ではないので技術的な詳細はわからないが、
    仮想通貨以外にもあらゆる分野で活用しうることは学べた。

  • ビットコインに終始せず可能性、リスクに対して真摯に向き合い紹介されている良著だと思いました

  • ブロックチェーンの解説本。コンセプトは分かったが、技術的な解説としては、思ったよりもわかりやすくなかった。

  • 数学、工学の知識不要の、社会学的に読めるブロックチェーン入門書。

  • ブロックチェーンは、ビットコインを通じて知ったが故に、レジャーとしての印象が強かったが、本書ではブロックチェーンが社会をいかに変えうるのか、に力点が置かれており、その可能性に驚いた。
    確かにネットは中間者を排除するように動いているため、ブロックチェーン、あるいはブロックチェーンでなくても類似の技術に向かっていきそうな気がする。
    ブロックチェーン礼賛本でなく、限界や課題にも言及しているのもよい。

  • ブロックチェーンの7つの原則
    1.信頼:嘘をつかないネットワーク
    2.権力:力の集中から分散へ
    3.インセンティブ:利己的な行動が全体の利益となる
    4.セキュリティ:不正のできないネットワーク
    5.プライバシー:個人情報のブラックボックス化
    6.権利:スマートコントラクトによる明確化と自動化
    7.インクルージョン:格差を解消するデザイン

  • 分厚い本のため、流し読み。ブロックチェーンで金融だけでなく、政治や教育まで幅広く社会全体がまで幅広くという内容。これだけ見るとブロクチェーンが全てを解決する魔法のランプにみえてくるが、そう思わえるくらいの考察がされている。「信頼できる分散処理」という、従来は理想でありながら実現できなかったことができる可能性があるため、期待は大きい。未来が楽しいになる一冊。

  • インターネットがインフラとなった現在にあって、既存のサーバクライアント型、即ち中央集権的構造の弊害部分が、ブロックチェーンの応用によって解決し得るという点と、それがもたらすであろう社会の仕組みの根本的変革を展望する。まず大きな波が押し寄せるであろう金融業界については、すでに昨今大銀行や大手金融企業の動きが報じられている。ただAmazonやUber、Netflix等々が示す通り、革新的なサービスは老舗の大企業から生まれないという著者の指摘には説得力があり、今後の展開はまだまだ読めない。基本的にはポジティブな主張が目立つが、そもそもブロックチェーン自体、ビットコインのみが人口に膾炙する程度で、基本プラットフォームや、キラーアプリの誕生までには至っておらず、極めて有望な技術ではあるものの、依然不確定要素も多い点は留意したい。入門編として一読の価値がある本書だが、実際に膨大なユーザーを抱えるサービスが出てきた段階で、再度その後の展開を語るような続編を読んでみたいとも思った。

  • ドン・タプスコット/アレックス・タプスコット「ブロックチェーン・レボリューション」を読了。
    「インターネット以来の衝撃」とも言われる技術”ブロックチェーン”。かくいう自分は、ブロックチェーン=ビットコイン=水物、怪しいもの。もっといえば、マネーロンダリングなどの犯罪の温床、、、という、どちらかといえば悪い印象しかありませんでした。
    しかし、この本を読んでその考えは180度とまでは言わないまでも、かなり変わりました。今ではすっかり「スゴイ技術かもしれない!」と思うようになりました。

    ブロックチェーンとは、「信頼のプロトコル」と言われるように、中央集権的機関・組織がなくても、コンピュータが自動的に”信頼”を担保する技術です。だから、この技術を使えば、国や銀行がなくても、通貨としての”信頼”を担保する「ビットコイン」が成立するわけです。しかし、ビットコインだけを見ていると、投資対象、もしくはフィンテック系の話にしか頭が働かないのですが、この著書ではブロックチェーンの本質に迫っているところが面白い。

    ブロックチェーンの本質とは「仲介者を排除することで、誰もが自由に、豊かになれる相互ネットワーク」。
    例えば著書の中では、今までなら銀行の口座やクレジットカードすら持てなかったような新興国の人々が、ブロックチェーンによって資金を募り、起業することができる。だとか、AirbndやUberといったシェアリングの仲介業者に不必要な個人情報を提供したり、仲介手数料を支払ったりせずとも、ブロックチェーンによってドライバーと利用者だけの契約でより低価格でサービスが受けられる、といったものが、予測できる未来、もしくはすでに起こりつつあるムーブメントとして紹介されています。
    つまり、サービス提供者や受益者が本来得るべき対価を、完全に個人レベルに帰属させ、無駄で余計な搾取をしている企業や組織をぶち壊してしまおうというものです。ただし、これはブロックチェーン推進派のある意味「理想郷」であって、国も銀行も無くなってしまうような世界がすぐにやってくるということはないでしょう。
    (なので、ブロックチェーン推進派にはリバタリアンが多いらしい)

    ただ、個人的には、ブロックチェーンが持っている「仲介者の排除」という概念には感銘を受けました。同僚やクラスメート、近隣同士のちょっとしたモノ(消しゴムとか鉛筆とか)の貸し借りと同じで、シェアリングという行為には本質的に仲介者など必要ないからです。
    そういった意味で、本当にこの技術が正しく発展していくのなら、AirbnbもUberも、将来的には駆逐されてしまうかもしれない破壊的な技術だと感じました。

    一方で、ブロックチェーンという技術にのしかかる、倫理的な課題もあります。この技術によって、世界がこれまで以上に透明で効率的になるかもしれませんが、すべてがデジタルで決定され、人間の曖昧さや感情の入る余地のない世界は本当に受け入れるべきなのか。受け入れられるのか。そして、ブロックチェーンは「本当に信頼できるのか」また、万が一信頼が崩れた時には、「誰が責任を取るのか」。
    これらの課題は、完全自動運転技術とも通じるものがあると思います。(破壊的技術の宿命かもしれません)
    著書にも書いてありますが、あらゆるテクノロジーには良い面も悪い面もあります。私たちが使っているインターネットだって、スマートフォンだって同じです。そしてその技術自身は中立であり、誰が、どのようにして運営・発展していくか、つまり人間の使い方によって技術の良し悪しが決まってしまうものです。
    未知の技術でありながら、こんなにリアリティを持って未来の世界が想像できる技術もそうそうないのではないかと思います。これも著書にあるように、今後はこの不安定な技術を育... 続きを読む

  • グリーベンチャーの堤さんもオススメしていたので、遅ればせながら読了。感想としては非常に面白かった!正直、IoTやAI以上によくわからなかったブロックチェーンというものの現在、そして可能性の一端に触れることができた。しかしこの手のやつはやっぱり自分で触ってみないとなんともなんだよな〜

    P5
    要するに彼が言いたいのは、インターネットで取引をするためには根拠のない信頼が不可欠であるということだ。インターネットの仕組み自体には十分なセキュリティが備わっていない。だからこそ僕たちは仲介者を神のごとく信頼するしかない

    P19
    けれど、もしもバーチャルな自分を自分だけのものにできたらどうだろう。つまり自分というものをブラックボックス化して、外から操作できないようにするのだ。何かの許可を得るときは、それに関連するデータだけ見せればいい。(中略)これを「永続的なデジタルID兼ペルソナ」と呼ぶ。

    P22
    「たいていの技術は末端の仕事を自動化しようとしますが、ブロックチェーンは中央の仕事を自動化します。タクシー運転手の仕事を奪うのではなく、UBERをなくして運転手が直接仕事をとれるようにするんです」

    P24
    「ブロックチェーンの核にあるのは、何かの所有権を確実に取引するという考え方です。その対象はお金でも、モノでも、アイデアでもいい。大事なのは単に土地を記録することではなく、そこに関わる権利をも記録して、所有権が侵されないようにすることです」

    P115
    ノーベル賞経済学者のロナルド・コースは、1937年の論文「企業の本質」のなかで、会社が存在するのは取引コストを効率化するためだと説いた。取引コストとは、人と人とが取引する飢えで必要になるコストのことだ。具体的には、検索コスト、契約コスト、調整コストの3つが主に挙げられる。(中略)企業を維持するコストが外部との取引コストを下回っている限りにおいて、企業はその規模を拡大できるとコースは言う。
    コースの後継者でノーベル賞経済学者のオリバー・ウィリアムソンは、企業の存在理由が「対立や不一致の解決」にあると説いた。(中略)でも企業内でのトラブルなら、その影響範囲は最小限に留められる。ウィリアムソンは論文の中で次のように述べる。「実際のところ、組織内部の契約は忍耐によって支えられており、そのなかで企業は裁判所の役目を付与される。それゆえに企業は、市場にはできない命令を実行することができるのである」

  • まだよく理解できていないが、ブロックチェーンによって世界が大きく変わることは間違いない。
    ☆7つの原則
    ・原則1・信頼:嘘をつかないネットワーク
    ・原則2・権力:力の集中から分散へ
    ・原則3・インセンティブ:利己的な行動が全体の利益になる
    ・原則4・セキュリティ:不正のできないプラットフォーム
    ・原則5・プライバシー:個人情報のブラックボックス化
    ・原則6・権利:スマートコントラクトによる明確化と自動化
    ・原則7・インクルージョン:格差を解消するデザイン

  • なんか難しかった。すごい技術らしいけど、具体的どーなるのかよくわからなかった。

  • ブロックチェーンのトレンドを要領よくまとめてある.私の問題関心だったEdTechへの言及がほとんどないのは残念だが,音楽業界について書いてあることは,そのままEdTechに通じるところもある.

  • ビットコインはブロックチェーンという技術に支えられている。記録の信頼性を劇的に高めるこの技術によって社会はどう変わるか。

  • 次世代のインターネットの中心であるブロックチェーン技術はまさに知っておかないといけない技術だ。そういう意味で本書は今年NO.1の本になると思う。ビットコインの中核であり、分散技術、暗号化されていてセキュリティも高く、取引コストも安くなる。金融業界を緒として他業界にも広まっていくと思われる。まさに革命のインパクトだ。分散台帳技術、送金の便利さ、ハッシュレート、スマートコントラクト、価値の保存、会社が存在するのは取引コストを効率化するため、自律分散型、メータリングエコノミー、マイクログリッド(電力)、今後貨幣にとって代わるもの、デジタルID等次の時代を占う意味でも知っておく話題だ。

  • インターネットは人と人をつなげたが、ブロックチェーンはさらにモノとモノをつなげてくれるのだ。


    最近になってやっとブロックチェーンを理解してきた。
    それまではフィンテックの一部だとしか考えていなかったし、世界を大きく逆転させる可能性を秘めた技術だという認識がなかったが、やっと世界でなにが起きてるかを理解できた気がする。
    日本の注目度の低さに唖然とするが、個人的に今後も注目して行かなければいけない話だと感じている。

  • Fintech分野の中でも特に重要なブロックチェーンに関して体型的に学ぶこととと、ブロックチェーンの金融以外での活用性について見聞を深めるため購読。
    読んでよかったことと感じたことは、インターネットが実現したことは「データ・情報の世界的なデジタルネットワーク化」であったのに対し、ブロックチェーンが実現したことは『信頼取引のデジタル化』が本質であるということ、中央集権型ではなく分散ネットワーク型で「取引」の非常に原始的なところに注力して且つシンプルに作られているため逆に強力であること。「ビットコイン」という名で作られているため金融にフォーカスされて語られるが、技術コアはそこに限定されているわけではないため、汎用性が高く、金融だけでなく、今後企業経営(ビジネスモデル・ものづくり)、国や国民の在り方にも今後少なからぬ影響を与えていくと思われます。
    一気に読んでしまったの今後は改めてビットコインの仕組みや技術、歴史や展望に関して簡単に体系的に整理して見たいと思いました。

  • 本年最後の読書。
    「だから、この本が描くのは未来予測ではない。 僕たちが実現すべき未来のビジョンだ。」(p.32)
    「インターネット革命」が成しえなかったあるべき理想社会(「誠実で安全で協力的で、あらゆる取引のプライバシーが保たれる場所」(p.31))を、「ブロックチェーン革命」によって実現すべき、という2015年末時点での檄文。
    現在のシェアリング・エコノミーは過渡的形態であり、ブロックチェーンによって完成する(「bAirbnb」)、と言う。「イーサリウム」によって、コースの「取引コスト」は極少化され、「自立分散型企業(DAE)」が出現するのか?
    果たしてブロックチェーンが真の「革命」をもたらすのか、エスタブリッシュメントに取り込まれて単なる「海外送金」の低コスト化に終わるのか、未だ未だ判らない。

全28件中 1 - 25件を表示

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのかを本棚に登録しているひと

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのかを本棚に「積読」で登録しているひと

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのかの作品紹介

クレイトン・クリステンセン(『イノベーションのジレンマ』)、スティーブ・ウォズニアック(Apple共同創設者)、マーク・アンドリーセン(Facebook取締役)、ダン・シュルマン(ペイ・パルCEO)らが激賞! ビットコインやフィンテックを支える技術「ブロックチェーン」解説書の決定版。

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのかはこんな本です

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのかのKindle版

ツイートする