ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか―――世界トップのビジネススクールが伝えたいビジネスの本質

  • 78人登録
  • 3.88評価
    • (5)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 山崎繭加
制作 : 竹内 弘高 
  • ダイヤモンド社 (2016年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478100523

ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか―――世界トップのビジネススクールが伝えたいビジネスの本質の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今年読んだ本の中で一番面白かった。監修の竹内教授があとがきでこの本の目的はハーバードビジネススクールの新しいアプローチを知ってもらうことと、生まれ変わろうとしている東北を知ってもらうことだと明記しているが、特に2つめの部分が僕には大きかった。登場する名前の中で僕が知っていたのは気仙沼ニッティングだけだったが、その他にもこれだけの動きがあることを知ることができて嬉しい。
    僕は自分の東北復興に対する関わり方をものすごく後悔して反省していて、もっとすべきことできたことあったはずとずっと思っている。まだやることあるよね。それに、東北で前に進んでる人たちからHBSの学生が学んだと書かれている多くのことは、自分の仕事の姿勢にも全く当てはまることばかり。日本にはいないけど、日本人としてこういう姿勢は貫いていこうと思った。サクッと読めるし良い出会いの本でした。

  • beingあっての起業精神。
    HBSの名を知ることになり、東北のスピリッツを感じることのできる本書。
    その熱さに目頭が熱くなる。
    未来を信じている。勇気をもらえる。

  • ハーバード・ビジネス・スクールが毎年実施しているジャパンIXPの紹介。

    参加者に「ナイス」な人が多いというのはよくわかる気がする。

  • knowing偏重からdoing,beingへ。とりわけ自分の存在意義について考えさせられる好著であった。なによりも、目指すべき、理想的なケース集である。

    ハーバードビジネススクールの学生さんの、能力、人格、倫理性があってこその成功だと思うが、東北には限りない可能性が在る証左だと思う。

    国内でも危機に瀕してるからこそ,深い学びがあるという事例が積み重なると良いのだが。

  • HBSという超ハイレベルな人たちが東北から学びを得ている。東北の企業もHBSの人たちからアドバイスをもらい、その事業をさらによりよいものとして磨き上げていく。大事なことは志。震災を経て、東北には志を持って地域のため、東北のために奮闘している人たちがたくさんいる。自分自身も人のため、東北のために何はできるか、今いる場所でしっかり考えて志を持って生きていきたいと思う

  • 335.07||Y48

  •  Tell me, what is it you plan to do with your one wild and precious life?
     ねえ、教えて。たった一度しかないワイルドで貴重な人生をあなたはこれからどうやって過ごしていくの?(p.10)

     事業が成功してきたがゆえに生まれた地域との間の軋轢のなkで、地域のための事業とは何かを模索し続けるはまぐり堂の亀山さん。単なるワイナリーとしての成功を求めるのではなくどのようにワイナリー事業を展開したら本当に地域のためになるのかを昼夜考えている毛利さん。
     彼らの想いや活動を理解していく過程で、HBSの学生は「事業は利益獲得のため、利益は株主のため」というよくある議論を離れ、改めて事業の目的とは何か、利益とは何のためにあるのか、という問いを考え直す機会を得たのである。(p.133)

     自分自身であることとグローバルに通用することは両立する可能性を示した南三陸石けん工房、伝統を守るために確信を起こし続け、そしてそれがグローバルに訴求する力となることを示した大七酒造。歴史も規模もまったく異なる2社ながら、HBSの学生に見せたのはともに、自分とは何者であるか、すなわちbeingの基盤があってこそのグローバルである、問いう学びであった。(p.160)

     knowing(知識)からdoing(実践)、being(自信を知ること)への移行であり、ケース・メソッドとフィールト・メソッドの両立である。これらのInnovationが起きる前の時代をBI(Before Innovation)と呼び、その後の時代をAI(After Innovation)と呼ぶのであれば、ジャパンIXPはAIの申し子である。(p.281)

  • 驚いたことは2つ。
    東北の方々の情熱とHBSの教育への投資意欲の高さ。

    HLABの取り組みは非常に気になる。

  • 東北で学生を連れたサマーキャンプがあったので、東北でどんなことを学ぶと良いか考えるために読みました。

全11件中 1 - 10件を表示

山崎繭加の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
恩田 陸
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか―――世界トップのビジネススクールが伝えたいビジネスの本質を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか―――世界トップのビジネススクールが伝えたいビジネスの本質を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか―――世界トップのビジネススクールが伝えたいビジネスの本質を本棚に「積読」で登録しているひと

ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか―――世界トップのビジネススクールが伝えたいビジネスの本質はこんな本です

ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか―――世界トップのビジネススクールが伝えたいビジネスの本質のKindle版

ツイートする