人工知能―――機械といかに向き合うか (Harvard Business Review)

  • 122人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (7)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部  DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部 
  • ダイヤモンド社 (2016年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478100905

人工知能―――機械といかに向き合うか (Harvard Business Review)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半部分では、AIに対しての全般的な概念や、世間での言説に対しての解説。後半部分では、実際にデータを経営活動に生かしているアリババやグーグルの事例紹介。

    AI、というよりキカイとの共存共栄を図っていかなければ、単なる置き換えの存在だととらえれば、本来の目的であった生産性の向上やさらなるイノベーションは生まれないだろう。

    マネジメント業務の変更の章は興味深かった。
    これまでは実行の管理だったことが、正しい問いの投げかけ、ストーリーテラーとしての存在に変わっていく。
    大きな変貌があると想定される。これまでの人材像では対応できないだろう。

    また、人間らしさが欠けている方が良い面もあるという仮定も興味深い。
    たしかに完全に「ロボット」だとした場合と、人間的な部分も持ったロボットだと、指摘にあるような欠点や偏見などへの見方は変わるだろう。また、これまでの実行管理のようなところには、こういった純ロボットを置いた方がよいかもしれない。

    ブレードランナーのような、レプリカントが上司だとしたら、それは確かに何か解決が図られるだろうか、というと今と変わらないのではないかと思われる。。。

  • さすがハーバード・ビジネス・レビューだけあって、人工知能と言っても技術的なテーマはほとんど見当たらない。
    人工知能、というよりもっと大きなテクノロジーの革新が経済、ビジネスに与える影響を綴った論文が掲載されている。

    改めてデータは過去を映し出すものであって、未来を予測するものではないと言うことを認識できた。

    それにしてもアリババはすごいなあ。

  • ビジネスとしての人工知能の使い方を確認

  • 170507読了

  • 20170305 テクノロジーは道具である。最後がこの言葉で終わっているのが興味深い。道具である限り、使う人間を超える事はない、と思いたい。次の進化がコンピュータが意思を持つ事でない事を祈る。

  • 一過性のブーム現象だった過去の流れからいよいよ、現実味を伴った不可逆の現象として直視させられるものとなっているAI。これまでの経緯や論点が整理されました。

  • 一部人工知能と関係のない内容も含まれていたが、全体的に見れば簡潔にまとまっており、一つ一つの記事も長くないので読みやすかった。詳細な情報を得たい人にはお勧めできないが、人工知能について手短に掴みたいという人には向いているのではないか。

  • 人工知能が今後組織や社会にどういう影響を当たるのかということに興味をもって読んだが、一番面白かったのは人工知能とは直接関係ない、GoogleでManagementの必要性をデータを基に検証したという話だった。

    まあロボットに対して人間がどういう反応を示すかという実験結果の話も多少は興味深かったけど。

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
クリス・アンダー...
デール カーネギ...
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

人工知能―――機械といかに向き合うか (Harvard Business Review)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする