SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

  • 402人登録
  • 3.59評価
    • (16)
    • (32)
    • (26)
    • (8)
    • (3)
  • 42レビュー
制作 : 花塚 恵 
  • ダイヤモンド社 (2017年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478101629

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コルチゾールとメラトニンは反比例の関係

    AM6-8:30に朝日を浴びる
    休憩時間の外に出る
    ビタミンDを生成する紫外線Bを浴びる(=外に出る)

    寝る90分前にはブルーライトを遮断

    コーヒーは午後2時まで

    室温を20度前後に保つ
    寝る2時間前にお風呂に入る
    ベッドパッド、靴下で体温を調整

    午後9-11時に寝る
    朝起きたら日光を浴びる
    深夜労働を避ける

    腸内細菌を整える
    セレンをとり、免疫力を高める
    葉野菜(ビタミンC)で浅い眠りとおさらば
    トリプトファンをとる
    カリウムを葉野菜、ブロッコリー、アボカドでとる
    カルシウムをとる
    ビタミンDで日中の眠気対策
    快眠をもたらすω3脂肪酸 クルミ、サケ
    メラトニンの生成 パイナップル、トマト、バナナ
    ビタミンB6 ナッツ でつとレス緩和
    キムチ、ピクルスで腸内フローラを整える
    にんにく、玉ねぎで善玉菌の成長
    マグネシウムはつねに不足 肌に塗るのがある 葉野菜 ゴマ

    最良の寝室

    夜の生活の充実

    遮光カーテンを使う

    午前中に運動
    週2日筋トレ

    寝室にスマホを持ち込まない
    寝るときはWiFiを切る

    夜食は高脂肪勝低糖質に
    インスリンを抑える朝食 野菜を入れたオムレツとアボカド

    飲酒は控える

    姿勢
    枕は低めで
    マットレスは7年で買い替え

    睡眠のためのマインドフルネス
    1 背筋を伸ばし楽な姿勢で肩の力を抜いて座る
    2 手をおなかにあて、片方は膝
    3 息を吸う おなかと肺が空気でいっぱいになるように
    4 鼻から息を吐き、おなか、肺をからっぽに
    5 息を吸う
    6 繰り返す

    5秒ごとに息を吸う、とめる、吐く、とめる、
    朝か晩

    サプリに頼るのは最後

    早起きする

    マッサージを習慣にする
    自分に合うマッサージを探す 腸つぶし、ツボ押し

    パジャマはしめつけないもの。下着も

    アーシング 地面に足を付ける

  • 良い睡眠を取るための様々なコツ、が書いてある本。朝、日光を浴びると良いとか、寝る前にはブルーライトを遮断した方が良いとか、割と知っている内容も多いけど、マグネシウムを取ると良い(しかも皮膚から取ると良い)とか、太りすぎると眠りが浅くなるとか、初見の内容もあって割と楽しく読み進められた。良質の睡眠を取りたい人にとってのヒントがたくさんあると思う。

  • 夜間の仕事や運動などは本来人間が休息していた時間であるため、そのような人間の本質に合わない生活は避けたほうが良いという内容に思いました。また、電子機器やサプリメントなども人間の歴史上ではまだまだ新しくできたものであるため、生活する上で使い方を注意したほうが良いと書かれています。

  • 睡眠の時間帯や日光との関連など割とよく耳にする情報からパジャマの選び方やセックスの効果まで、21種類の幅広いテーマについて「より賢く」眠るための技法が紹介されている。

    全ての章において、単に「この方法を試しなさい」というだけでなく「それを行っていないことが自分の身体にどのような影響を与えているのか」を最初に示したうえで解説がなされるため、読者には「試したほうがよい」という意識が芽生えやすいのではないかと感じた。

    早速、1つ2つテーマを選んで試してみたいと思う。

  • 睡眠の技術についての本。
    自分も一時期は、寝ることはもったいないと思っていたけれど、最近は睡眠を大事にしたいと思うようになってきたので読んでみた。
    睡眠に最適な温度は15度~20度ぐらいらしい。最近、寒いなって思ってきたけど、今ぐらいのほうが睡眠には適しているのか。確かに、今ぐらいのほうが目覚めがいいような気はする(今日は眠い)。
    それにしても、寝ないことによって様々な病気につながることがあるらしい。特に、夜寝ないというのはかなり問題なのだとか。夜勤の人はそれだけで寿命を縮めるって、看護師とかの夜勤勤務がある人は大変だなと思う。
    体にいい栄養素についての紹介もされており、ヒマワリの種なんかはセレニウムが含まれていて免疫力も高まるのだとか。ヒマワリの種って人でも食べれるのか。
    マグネシウムは抗ストレス作用のあるミネラルだそうなのだけど、そのとりかたとしては肌に塗るのがいいらしい。肌から吸収してくれるそうなのだけど、それって大丈夫なんだろうか。
    全体的に、「なるほど。そうなのか」と思うことも多いのだけど、時々、疑似科学っぽいことも書いてあってどれだけ信用していいのか微妙なところ。実践するにしても、一度他の人がどういってるのか調べてからやったほうがいいかもしれない。

  • 運動、食事、睡眠というものは全て繋がっている。
    どれか一つでも欠けていたら他のものにまで影響が及ぶ。今までの環境を変えるということはとてもエネルギーのいることだが、少しずつでも変えなければならない。とりあえず、夜のスマホをやめよう。わかっていても実践し難い。

  • 読み応えあり。ノウハウ実践するのみ。

  • 前評判がなければそれほどがっかりしなかったろう本って一定数出くわすが、とりあえず、本のせいではない。章立てを見るだけで十分というか。困っている人向けではないかも。
    夕方のハッピーアワーに飲んで、そのあと起きているのは現実的なんだろうか?

  • 朝、日光を浴びる。部屋の中で窓越しに浴びるのが一番。
    カフェインがエネルギーになることは無い。
    ダイエット炭酸飲料も腸には悪い。
    減らすべきは脂肪ではなく糖質。朝食から糖質を食べるのはあまり良くない。野菜、たんぱく質、脂肪を摂取すると良い。

全42件中 1 - 10件を表示

ショーン・スティーブンソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 宏治
アーノルド ベネ...
伊賀 泰代
J・モーティマー...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術の作品紹介

TED、FOX NEWSで全米話題沸騰!睡眠の質を向上させるカギは脳内物質にあり!すべての疲労を超回復し、脳のパフォーマンスを最大化する最強の睡眠法が初上陸。食事、ベッド、寝る姿勢、パジャマ――睡眠の全技術を一冊に集約。

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術のKindle版

ツイートする