グローバル経済の本質―国境を越えるヒト・モノ・カネが経済を変える (Keiブックス)

  • 20人登録
  • 3.30評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 伊藤元重
  • ダイヤモンド社 (2003年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478290439

グローバル経済の本質―国境を越えるヒト・モノ・カネが経済を変える (Keiブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フリースだけで年間3000万枚を販売してきたユニクロは日本市場で飽和状態になった。そこで海外に進出を図った。成功すればするほど、このような新規市場への進出の必要性が高くなる。
    ITの進歩はあっと言う間にインタ0ネットの世界を作ってしまった。
    グローバル化によって起きる途上国の経済発展は、途上国の所得格差を拡大する場合がある。
    ジョゼフ・ナイがテロ行為のことを、戦争の民営化と呼んだが、ある海田などの非政府組織が世界的な規模でテロを実行できるようになったのものグローバリゼーションという動きが背後にあるから。

  • ▼2008/04/01早稲田の古本屋にて購入。
    ▼東大の伊藤元重先生の本。まだ何ページかしか読んでいないが、もうワクワクしてる。
    ▼伊藤元重先生って、山県有朋みたいな顔してるのかと思ってたけど違うんですね。

  • いまの日本を、国際経済学とグローバル化の視点から説明。平易・読みやすい。0606

  • 伊藤元重さんの本は,平易でわかりやすいので好きです。

  • 非常に読みやすく書かれていて意外でした。
    初心者向けということなんでしょうね。

全5件中 1 - 5件を表示

伊藤元重の作品

グローバル経済の本質―国境を越えるヒト・モノ・カネが経済を変える (Keiブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

グローバル経済の本質―国境を越えるヒト・モノ・カネが経済を変える (Keiブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グローバル経済の本質―国境を越えるヒト・モノ・カネが経済を変える (Keiブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

グローバル経済の本質―国境を越えるヒト・モノ・カネが経済を変える (Keiブックス)はこんな本です

グローバル経済の本質―国境を越えるヒト・モノ・カネが経済を変える (Keiブックス)のKindle版

ツイートする