マクドナルド―わが豊饒の人材

  • 38人登録
  • 3.07評価
    • (0)
    • (2)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 徳岡 孝夫 
  • ダイヤモンド社 (1987年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478320136

マクドナルド―わが豊饒の人材の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マクドナルド 創業者 レイエイクロックの伝記

    しがないソフトクリームミキサーの中年営業マンであった人が

    自動車のフォード・鉄鋼のカーネギーと並び称される外食企業を

    わずか30年ほどで作り上げた事実。

    ビジネスに対しての見方考えさせられる。

  • ボブス・ビックボーイや、バーガーキング、テイスティー・フリージー、デイリークイーン、ケンタッキーフライドチキンの創業の模様を紹介し、マクドナルドがどのようにこの集団から抜け出し、現在のような勢力を持つに至ったかが明らかにされている。

    ・飲食業で事業を興したい人
    ・フランチャイズ経営で全国展開をしていきたい人
    におすすめ。

    ファーストフード産業、変化する戦後社会、先見の明のあったマクドナルド兄弟、戦略家のレイ・クロック、フランチャイズの決断、そしてマクドナルドの関するその他の事実(と虚構)について語っているので、読んでいて楽しい。

    どこのマクドナルドでフライドポテトを買っても、みな同じ味がする--これこそ、レイ・クロックの目標であり、マクドナルドのブランドの強みになっている。

    このくだり、当たり前のようだけど至極難しい。

    世界の山ちゃんの手羽先は関東と名古屋では味が違う。
    スタバのドリンクは作る人によって味が違う。

    フランチャイズの難しさ、マクドナルドの凄さはここにある。

    あー、テキサスバーガーは食べたい。

    ***

    マクドナルドジャパンの戦略部隊に友達がいる。
    年末にウエンディーズの撤退について聞いてみたところ、

    「うちはもうファーストフード業界内の企業を競合と思っていない。売上規模や成長度合が違うから。競合は別の業界にいる。そちらに勝つことが大事。」

    と教えてもらった。
    その言葉通り、ずっと最高益更新中。注目に値する会社である。

全2件中 1 - 2件を表示

マクドナルド―わが豊饒の人材を本棚に「積読」で登録しているひと

マクドナルド―わが豊饒の人材の作品紹介

マクドナルドは、若者のもの?とんでもない。それは、ポテト栽培から、畜牛農場から、アリゾナの効外店から、ベオグラードの都心店まで、ビジネスのあらゆる部分を統合し、規模は地球的、複雑さは鉄鋼、自動車に劣らぬ第一級の超大企業である。21世紀へ向けて、経済のソフト化、サービス化がますます高まるなかで、本書からは、限りなく大きな示唆を得られるはずである。

マクドナルド―わが豊饒の人材はこんな本です

ツイートする