ブクログ大賞

競争の戦略

  • 1401人登録
  • 3.80評価
    • (77)
    • (64)
    • (106)
    • (7)
    • (3)
  • 77レビュー
著者 : M.E.ポーター
制作 : 土岐 坤  服部 照夫  中辻 万治 
  • ダイヤモンド社 (1995年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (500ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478371527

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイケル・E. ...
大前 研一
ジェフリー・ムー...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

競争の戦略の感想・レビュー・書評

  • 企業の競争戦略を考える際の古典となる書籍。
    社会人としては、自社の立ち位置がどこにあるのかを考えて読み進めることが大事だと感じた。
    視点(状況)が変われば注意を引く箇所も変わりそう。

    5つの競争要因(5フォース分析)
    ・新規参入の脅威
    ・既存競争業者の間の敵対関係の強さ
    ・代替製品からの圧力
    ・買い手の交渉力
    ・売り手の交渉力

    競争における3つの基本戦略
    ・コストのリーダーシップ
    ・差別化
    ・集中
    それぞれの持つリスクを理解することも必要

    競争相手よりも優れている部分を生かして、その価値を最大化するように事業を位置付けることが必要である。そのために競争業者を分析することが必要になる。

    競争戦略の策定にはマーケットシグナルをキャッチし、正確に読み取ることが必要である


    業界環境のタイプ別に競争戦略を分けて分析している
    ・多数乱戦業界
    ・先端業界
    ・成熟期へ移行する業界
    ・衰退業界
    ・グローバル業界

    戦略デシジョンのタイプ
    ・垂直統合の戦略的分析
    ・キャパシティ拡大戦略
    ・新事業への参入戦略

  • 「5つの競争要因:業者間の敵対関係・新規参入の脅威・代替製品、サービスの脅威・買い手の交渉力・売り手の交渉力」「互いに代々可能な製品を作っている会社の集団=業界」「3つの基本戦略:コストリーダーシップ・差別化・集中」

  • 年末年始こそ、重厚な古典に挑戦すべきと、戦略論の古典にチャレンジ。これがいざ読み始めてみると、思ったより読みやすく、一気に読了してしまった。

    その業界の魅力度を測るために業界構造を分析する「5つの力」という本書の中核となるコンセプトは今更語るまでもないが、いざ原典にあたって感じたのは、業界構造に影響を与える様々な力学に関する網羅性の高さと、その背後にある経済学的なロジックの説明度の高さである。それ故、刊行から35年以上経過した現代においても、多少の事例の古さはあれど、そのベースとなる理論の力は一切古びていないと感じる。

    そして、これを読むと確かにポーターは優れた経営学者であると同時に、優れた経済学者である(もちろん学位は経済学博士である)ということを再認識させられた。やはり古典は面白い、そして読むべき。

  • 星野リゾートの教科書より

  • ポジショニング派:儲かる市場を選び、儲かるポジションを取れ。
    ・5F分析
    ・競争戦略の3類型

  • 競争の要因は同業者だけでなく、新規参入業者、代替製品、供給業者、顧客の5つがある。それに対してコストを下げるか差別化するか、多角化するかニッチにいくか戦略を決める。この分析のために幅広い事例がびっくりするくらい出てくる、経営の攻略本とも言える凄い本

  • ハーバード・ビジネス・スクール教授 マイケル・E・ポーターの著書。競争戦略について詳しく解説。

  • 戦略を語るには一度は読んでおきたい本。5フォースがしっかりと書き込まれている。問題は少し訳でわかりづらくなっている点。時間はかかるけど、英文でも読んで、自分の理解に変化があるか、確認してみたい。

  • この本を読んでから、
    各業界の製品の位置づけを見るのが面白くなりました。
    コメントする

  • 産業界と競争業者を抜かりなく理解するかどうかで成否が決まる経営者にとって、競争戦略は第一の関心事である。

  • 重要なのは実践で、その上で参考にすべき本だと感じました。

    過去の豊富な事例を元に体系的に纏められています。
    ただし、今現在自分達がどの環境に位置しているか?
    当然ですが現状認識は自分達で決めること。
    その上で本書を読むと意思決定の参考になります。

    本書を読んでから戦略を考える。
    戦略を考えてから本書を読み直す。
    何度も現状を感じながら実践して、読み直す本ではないでしょうか。

  • 『BQ』(林野宏著)ビジネスパーソンに必須の23冊
    16競争とは何か

  • ○この本を一言で表すと?
     競争に関する多様な局面を分析した、30年以上前に書かれたのに今でも通用する本


    ○よかった点
    ・ポーターと言えば「5フォース」「3つの戦略」「バリュー・チェーン」と表面的にしか知りませんでしたが、この本では様々な条件において置かれうる状況、取り得る戦略が記載されていて、単なるフレームワークではなく、具体的で生々しい話が散りばめられていました。

    ・3C(市場、競合、自社)が変化したときに、またさまざまな状況でどのような打ち手があるかをこれでもかと記載されていました。

    ・今がどういう状況か、という打ち手の適用判断の基準も示していました。

    ・ゲーム理論的に、自社だけではなく周りの動きも考慮した分析がなされていました。

    ・パートⅡでは業界のライフサイクル別の打ち手についても分析されていました。

    ・パートⅢでは戦略決定時の検討事項について詳しく述べられていました。

    ・どういうアクションを起こせばどのようなことが起こり得るか、が検討されていました。

    ・序文でポーター氏がこれでもかというくらい「ドヤ顔」的に自分でこの本を薦めていましたが、読んでみて納得できる内容でした。

    ・この本を読んでいて、今考えている事業に関するアイデアや検討事項も浮かんできました。


    ○参考にならなかった所、または突っ込みどころ
    ・古い本なので例が古かったです。(でもそれはそれで当時の時代感が掴めて面白かったです。アメリカが相対的に開放されていた時代等)


    ○実践してみようとおもうこと
    ・「5フォース」等のフレームワークだけでなく、それを活用した分析や検討すべき事項を自分が立ち上げようとしている事業にも活かしたいと思います。

  • おそらく初めて、競争戦略についてまとめた本

    僕の生まれた30年前出版されたので、古典の部類に入るのであろうが、最近のこの手の本のベースとなる事柄が体系的によくまとめられているのである

  • 古典です。
    読むのもかなりしんどい本です。。
    でも、ちゃんと読むことができれば、それなりのものが身に付く本です。
    会社で戦略っぽいことを語る人は多いですが、読了後はそれらの大部分が決して「戦略」ではないことに気づかされると思います

  • 良い戦略、悪い戦略 からのリファレンス。
    時代を超えて用いられ、紹介されるものにはやはり触れてみるもんである。

    1980年に刊行されるや、ハーバードビジネススクールの伝統とされる「事例研究」に基本原理という基礎を与えたとされ、一流と称されるビジネススクールのカリキュラムへ軒並み取り入れられた一冊。

    基本原理が、在るという前提は、非常に危険なアプローチになり得る一面を孕んでいると思われるが、そうした不安を掃き散らしてしまうほど膨大なケース数に立脚した展開。

    これだけのコストケースを一つひとつ丁寧にバラしパターン化し、再構築した気概には脱帽するし物凄く誠実な使命感を感じる。なんなんやw

    全然、古さは感じない一方、あまたのビジネス書にとって、礎となった古典の位置づけには大いに頷ける迫力です。

  • 競争戦略論という分野が打ち出されることになった立役者:M.E.ポーター。
    その代表的な著作。
    「競争優位」という言葉・考え方は、ここから広く知られるようになった!

  • 371
    今年入ってはじめて学術っぽい本を読んだ。ながいけど読み応えあり。

    1回読んでも頭ん中入らないから何回もよみたいなーと思う。

  • 「渡辺美樹の夢を叶える教科書」で紹介されてる、「必ずここに帰ってくる6冊」のうち一冊

  • ビジネス書、経営戦略論としては古典中の古典。分厚さとその値段のせいで、これまで読むチャンスを逸してきたが、今回、意を決して入手して読了。
    数々の経営戦略本に書かれている内容の原点はここにあり。以前、ある経営戦略セミナーで講師が言っていたことを思い出す。「ビジネス書なんてみんな同じことを言い換えて売っているだけ。本当に古典となる本だけをしっかりと読むように。」まさに本書はその位置づけ。
    これまで他の本でも読んだり、研修などでも説明を受けたりしていたので、内容そのものは知っていることも多く、比較的すんなりと受け入れることができた。しかし、とかく断片的に紹介されがちなフレームワークを1冊の中で体系的に紹介されている本書を読むことは、やはり個別フレームワークの理解とは別の価値があり、アタマの整理になった。
    読んでおいて損はない一冊だと思います。

  • 2013/05/15
    今さらだが訳がひどい。値段が高いのだからもっと分かりやすい訳をお願いしたい。
    ---------------------
    09/12/30
     競争の戦略は初めて読んだときからずっと違和感があったけど、最近その違和感の正体がはっきりした。まずはワーマンの著作の引用の一部を読んでもらいたい。

    ▽▽▽
    問題解決の方法は、いかなる場合も「何を成し遂げたいのか」と「どう成し遂げたいのか」という二つの要素から成り立っている。どんなに創造性豊かな連中であろうとも、何かをやらかそうというときには、まず「何を成し遂げたいのか」に飛びついて、次に「どう成し遂げたいのか」に移るという工程を踏む。「どう」はたくさんあるが、「何」はひとつしかない。問題は、何を「どう」するかだ。このことは、常に自分に言い聞かせていなければならない。「どうやる?」の前には、必ず「何を?」がこなければならないのだ。
    ------
    『それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン』(リチャード・S. ワーマン/ エムディエヌコーポレーション、p84より引用)
    ▲▲▲

      戦略は「どう成し遂げるか?」の部分ですな。これにはいろいろな方法があるけど、「何を成し遂げたいのか?」は一つしかない。

      「何を成し遂げたいのか?」をという問いに答えを出さないまま、「どう成し遂げるか?」の戦略の部分を考えてもダメ。うまくいくわけがない。

      わたしが競争の戦略を読んだときに感じた違和感はそれ。「何を成し遂げたいのか?」が明確な状態で「どう成し遂げたいか?」を知るために読めば、かなり参考になると思います。

    -------------------------------------------------------
    09/09/09
      この本を読んでいるとやっぱり違和感があります。業界や同業他社にしか目がいっておらず、顧客が置き去りにされているような印象を受けます。

      競争に勝つから利益がでるのではなく、顧客に価格以上の価値をもたらすから利益が出るのです。そのことは忘れたくないですね。

      この本に書いてあることを実行する前に「何のために競争をするのか?」と自問してみるといいかもしれません。
    -------------------------------------------------------
    09/05/19
     『競争優位の戦略』を読んでいて読み返したくなったため、業界の構造分析および基本戦略の部分を再読。

     「競争に勝つため!」と思いながら読むよりも「いかにして顧客を創造するか?」を考えながら読んだ方が興味を持って読めるような気がします。

      大学時代に経営論でポーターを紹介されたとき、先生が「競争戦略の本質は競争を避けることにある」言っていたのが非常に印象に残っています。

      もちろん、競争をしなければいけないときもありますが、どうせ競争するなら健全な競争をしたいものです。
    -------------------------------------------------------
    09/03/11追記

      この本を読むときは「一番優先されるのは顧客」という視点を忘れないことが大事だと思います。
    -------------------------------------------------------
    09/02/05
      戦略論の大家・M.E.ポーターの著作。

      自分たちの会社の目的(自分たちの事業はなにか、顧客は誰か、理想はなにか、など)を明確にしてから読みましょう。でないと、「儲かることなら何でもやる」という風... 続きを読む

全77件中 1 - 25件を表示

競争の戦略の作品紹介

企業の再発進は定評あるポーター戦略論から初版刊行後10年、経営戦略論の古典として、本書の地位はますます揺るぎないものとなった。今回の増刷を機に、省略していた原注。参考文献を付し、内容の一層の充実をはかった。

ツイートする