競争の戦略

  • 1430人登録
  • 3.81評価
    • (79)
    • (64)
    • (106)
    • (7)
    • (3)
  • 77レビュー
著者 : M.E.ポーター
制作 : 土岐 坤  服部 照夫  中辻 万治 
  • ダイヤモンド社 (1995年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (500ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478371527

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
トニー・ブザン
J・モーティマー...
デール カーネギ...
マイケル・E. ...
デール カーネギ...
野中 郁次郎
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

競争の戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 企業の競争戦略を考える際の古典となる書籍。
    社会人としては、自社の立ち位置がどこにあるのかを考えて読み進めることが大事だと感じた。
    視点(状況)が変われば注意を引く箇所も変わりそう。

    5つの競争要因(5フォース分析)
    ・新規参入の脅威
    ・既存競争業者の間の敵対関係の強さ
    ・代替製品からの圧力
    ・買い手の交渉力
    ・売り手の交渉力

    競争における3つの基本戦略
    ・コストのリーダーシップ
    ・差別化
    ・集中
    それぞれの持つリスクを理解することも必要

    競争相手よりも優れている部分を生かして、その価値を最大化するように事業を位置付けることが必要である。そのために競争業者を分析することが必要になる。

    競争戦略の策定にはマーケットシグナルをキャッチし、正確に読み取ることが必要である


    業界環境のタイプ別に競争戦略を分けて分析している
    ・多数乱戦業界
    ・先端業界
    ・成熟期へ移行する業界
    ・衰退業界
    ・グローバル業界

    戦略デシジョンのタイプ
    ・垂直統合の戦略的分析
    ・キャパシティ拡大戦略
    ・新事業への参入戦略

  • 「5つの競争要因:業者間の敵対関係・新規参入の脅威・代替製品、サービスの脅威・買い手の交渉力・売り手の交渉力」「互いに代々可能な製品を作っている会社の集団=業界」「3つの基本戦略:コストリーダーシップ・差別化・集中」

  • 年末年始こそ、重厚な古典に挑戦すべきと、戦略論の古典にチャレンジ。これがいざ読み始めてみると、思ったより読みやすく、一気に読了してしまった。

    その業界の魅力度を測るために業界構造を分析する「5つの力」という本書の中核となるコンセプトは今更語るまでもないが、いざ原典にあたって感じたのは、業界構造に影響を与える様々な力学に関する網羅性の高さと、その背後にある経済学的なロジックの説明度の高さである。それ故、刊行から35年以上経過した現代においても、多少の事例の古さはあれど、そのベースとなる理論の力は一切古びていないと感じる。

    そして、これを読むと確かにポーターは優れた経営学者であると同時に、優れた経済学者である(もちろん学位は経済学博士である)ということを再認識させられた。やはり古典は面白い、そして読むべき。

  • 星野リゾートの教科書より

  • ポジショニング派:儲かる市場を選び、儲かるポジションを取れ。
    ・5F分析
    ・競争戦略の3類型

  • 競争の要因は同業者だけでなく、新規参入業者、代替製品、供給業者、顧客の5つがある。それに対してコストを下げるか差別化するか、多角化するかニッチにいくか戦略を決める。この分析のために幅広い事例がびっくりするくらい出てくる、経営の攻略本とも言える凄い本

  • ハーバード・ビジネス・スクール教授 マイケル・E・ポーターの著書。競争戦略について詳しく解説。

  • 以前、挫折したが、今回最初から読み直した。
    非常に読みやすく、スラスラ読めた。
    今回は全体像を把握したので、ここから自分のものにしていきたい。

  • 戦略を語るには一度は読んでおきたい本。5フォースがしっかりと書き込まれている。問題は少し訳でわかりづらくなっている点。時間はかかるけど、英文でも読んで、自分の理解に変化があるか、確認してみたい。

  • ド定番なので解説本でも事足りるかと思われる。

全77件中 1 - 10件を表示

競争の戦略を本棚に「読みたい」で登録しているひと

競争の戦略の作品紹介

企業の再発進は定評あるポーター戦略論から初版刊行後10年、経営戦略論の古典として、本書の地位はますます揺るぎないものとなった。今回の増刷を機に、省略していた原注。参考文献を付し、内容の一層の充実をはかった。

ツイートする