意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)

  • 745人登録
  • 3.74評価
    • (47)
    • (53)
    • (73)
    • (5)
    • (4)
  • 39レビュー
著者 : 後正武
  • ダイヤモンド社 (1998年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478372609

意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読みづらかった。
    頑張って読んだかいがあったかは分からんけど、時期を置いて繰り返し読んだほうが良さそうな気がした。

  • 色々な人がオススメしているだけあってとても示唆深い。いくつもドッグイヤーや線を引いてしまった。

  • ビジネスにおける分析の手法とその背景にある考え方を説明した本です。PDCAやそれに類する考えを導入している会社は多いかと思いますが、私が知る限り、日本企業ではそのP(Plan)とC(Check)の段階において必要な分析が不十分で、成果が出にくくなっている場合が多いように見受けられます。勿論、私もその例外ではないので、本書で書かれたことを実務に適用し、また本書に書かれた内容を読み直すといった風に、理論と実践を行ったり来たりする為にこれからも活用したいと思える本でした。また、分析結果のチャートなどが沢山載っているため、分析した結果をどのように表現すれば、伝わりやすくなるのかについても非常に勉強になりました。

  • 非常に分かりやすくまとめてあるし、例示も多いのだが、個々のケースについて参考になるというよりも、むしろ、いろんな切り口で書かれた図が参考になる。とりあえず会社に置いておいて、資料作りの時に何度か見返して役立てたいなぁ、と思う。 あと、やたらと本文中に「拙著 経営参謀の発想法、を参照」とあるので、悔しいが一度読んでみようか、と言う気になった。
    http://nagoemon.blog56.fc2.com/blog-entry-583.html

  • 戦略とは資源の配分である

    常にorder of magunitudeを意識して物事にとりかかれ

    であったり、「イシューからはじめよ」であったり「仮説思考」などの本でも言われていることではあるが、表現や切り口が違っていたりして、よい復習、知識の定着につながる良書

  • こんな心構えで分析にあたるといいですよ〜とその道のプロが教えてくれる本。
    分析の技術というタイトルの通り、分析作業の際に意識しておくと有効な視点や考え方がまとめられている。
    しかし、体系化されているわけではなく、
    分析作業の全体観の提示がないなかでの説明だったので、
    読んでいてある種の気持ち悪さがあった。
    内容が重複する箇所もあったように思う。

  • 分析入門として比較的わかりやすいまとめ方をしていると思います。分析手法については細かく書かれているわけではないので、そういったものを求める方には向かない書籍だとも言えると思います。

  • ○1事実をもって語り、考える科学的な姿勢、2論理的な組み立て・思考能力、3解決志向の興味・関心の持ち方(イッシューの組み立て方に反映する)、4クライアントのことを第一義に考え、そのためにベストを尽くす姿勢、倫理観(クライアント・インタレスト・ファーストと称する)、および5物事に対し、観念論ではなく現実的かつ柔軟に対処して、結果を重視する姿勢・態度である。(p258)

    ★「分けて」考える、「比較して」考える、といった分析の手法をしっかり説明している。

  • ロジカルシンキングの基礎を学ぶ教科書として紹介されていた本。分析とは何かにはじまり、その具体的方法を解説。私は組織での戦略的思考を体得し、実践することを目的としてこの本を読む。10月の月次資料やチャレンジシートで問題解決に成果をだす。

全39件中 1 - 10件を表示

後正武の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジェフリー・ムー...
M.E. ポータ...
デール カーネギ...
イアン・エアーズ
有効な右矢印 無効な右矢印

意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)に関連するまとめ

意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)を本棚に登録しているひと

意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)の作品紹介

「分析」には確かな切り口と方法論がある。本書は、その整理・体系化を試みたものである。

意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)はこんな本です

意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)のKindle版

ツイートする