リーダーシップ (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス)

  • 36人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Harvard Business Review  DIAMONDハーバードビジネスレビュー編集部 
  • ダイヤモンド社 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478373286

リーダーシップ (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容が難解。ドラッカーのほんと通じる内容も多かった。リーダーシップとマネージャーは違った概念であり、どちらも先天的なものではなく、後天的に見つけることができる。

  • ヘンリーミンツバーグ

    ニティンノーリア、ジェームズバークリー
    マネージャの仕事は、目新しいものを探し求めることではなく、企業が確実に結果を出せるようにすることなのだ。プラグマティズムはその出発点なのである。
    理論は道具であって、我々が進行する不可思議なものへの回答ではない。
    プラグマティズムへの4つのアプローチ「事情の考慮」「間に合わせ仕事の推進」「結果への集中」「不確実性を恐れない」
    事情の考慮:特定の事情に照らしてアイディアを変更していくこと。ある状況のもとでうまくいった変革のイニシアチブが、ほかの状況では簡単に失敗することがある。また状況の進展とともに、そのプログラムを継続的に再評価しなければならない。
    一般的な答えが特定のニーズを満たすことはめったにない。
    間に合わせ仕事の推進:ブリコラージュ(Bricolage)[その場で手に入るものを寄せ集め、それらを部品として何が作れるか試行錯誤しながら、最終的に新しい物を作ること]
    機能する解決策を見つけだすためにさまざまな可能性を試し、利用可能な資源を使ってみるのである。配置の改善を求めて継続的に監視台に立ち、システムと可変要素をあちこちいじくりまわす。
    結果への集中:結果を得ることにはこだわる。しかし、それをどうやって手にいれるかという方法論については、さほどこだわらない。
    不確実性を恐れない:起こり得る結果についての無知を十分承知のうえで我々は、ただ行動しなければならない。不確実性を避けようとすることは非現実的である。

  • 自分は何者かの定義
    リーダーはマネージャーを経なければ慣れない

    冗長でわかりづらい。内容も濃くない。

  • ハーバード・ビジネススクールのリーダーシップ理論講義のレビュー集。翻訳版なのでちょっと理解するのが難しい部分もあると思います。

全4件中 1 - 4件を表示

リーダーシップ (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リーダーシップ (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リーダーシップ (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

リーダーシップ (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス)の作品紹介

人を動機づけ、鼓舞し、率いるために。リーダーとマネジャーの違い、リーダーの使命、マネジメントの本質を探る。

リーダーシップ (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス)はこんな本です

リーダーシップ (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス)の-

リーダーシップ (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス)のペーパーバック

ツイートする