シナリオ・プランニング「戦略的思考と意思決定」

  • 214人登録
  • 3.28評価
    • (5)
    • (10)
    • (30)
    • (4)
    • (1)
  • 17レビュー
制作 : Kees van der Heiden  西村 行功  グロービス 
  • ダイヤモンド社 (1998年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478490259

シナリオ・プランニング「戦略的思考と意思決定」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・「成功を相手に議論することは難しい」

    ・アルプス山中での軍事機動演習に、ハンガリーの小部隊が派遣されることになった。若い中尉は、雪が降り始めた氷の平原へと偵察隊を送り出した。雪は2日間降り続き、偵察隊は戻ってこなかった。若い中尉は、部下たちを死の演習へ送り出してしまったのではないかと思い悩んだ。しかし、3日目に偵察隊は戻ってきた。彼らはどこにいたのだろうか。どのようにして帰路を発見したのだろうか。
    「ええ」と、偵察隊の1人が言った。「私たちは道に迷ったと思い、死を覚悟しました。そのとき、ある隊員がポケットの中に地図が入っているのを見つけたのです。私たちは落ち着きを取り戻しました。テントを張って野営し、雪嵐に耐え、それから地図を手掛かりに進むべき方角を探しました。そうしていま、ここにたどり着きました。」
    中尉が地図をよく見てみると、驚いたことに、それはピレネー山脈の地図だった。

    ・きっかけとなる「7つの質問」。
    最初の3つは、「予言者に3つまで質問できるなら何を質問しますか?」というジャブ。その後、「あなたが予言者だったとして、もっとも理想的な未来が来ると仮定したら何と答えるか?」と発展させる。

    その後、
    ①この組織において過去に起こった重大事件の中で、その良し悪しにかかわらず、未来への重要な教訓として記憶にとどめておくべき事件は何だと思いますか?(組織の現在のメンタルモデルを探る)

    ②長期的な影響力を持つ、重大な決定事項の中で、今後2、3ヶ月のうちに決めなければならないものはなんですか?

    ③今、あなたが組織内外で感じている主な制約のうち、仕事の目標を完遂するうえで制約となっていることは何ですか?

    ④もしあなたが別の部署に異動したり、退職したりしたとき、職場で一緒に仕事をした仲間に何を残したいですか?何によってあなたのことを覚えておいてもらいたいですか?(インタビュイーの価値観を探る)

    ・どのような戦略プロジェクトであれ、突き詰めて言えば、その目的は組織とビジネス環境の統一性を考えることである。

  • シナリオプランニングは、経営方針にも、個人の進むべき方針の決定にも、どちらにも必要。
    でもやっていないところが多そうだと感じた。

    未来は不確実なため、複数のシナリオを作成したのち、どのシナリオにも耐えうる確実なプロジェクトを選択する。
    結果、意思決定の質が向上する。

    シングルループ学習は、以前からの価値観や規範を守り、そこから逸脱する場合に修正するという学習。
    ダブルループ学習は、環境から得られた情報を処理するプロセス。必要に応じて価値観や規範を修正する。

    つまり、目の前の仕事をできる限り効率的に行おうとするのは正しい選択ではあるが、新しい価値観を生み出すのにはつながらない。

    きっかけとなる「7つの質問」は覚えておく。
    最初の3つは、予言者に3つまで質問できるなら何を質問しますか?
    4番目、この組織において過去に起こった重大事件の中で、その良し悪しにかかわらず、未来への重要な教訓として記憶にとどめておくべき事件は何だと思いますか?
    5番目、今後2、3ヶ月のうちに決めなければならないものはなんですか?
    6番目、仕事の目標を完遂するうえで制約となっていることは何ですか?
    7番目、あなたが退職したとき、職場で一緒に仕事をした仲間に何によってあなたのことを覚えておいてもらいたいですか?

    環境適応理論(contingency strategy theory)
    偏狭な心理状態(one-track mind)
    早期の警告(early warning)
    未来の記憶(memories of the future)
    時間枠(horizon year)
    投資回収期間(pay-out time)
    正味現在価値(Net Present Value)
    健全性の要素(hygiene factors)

  • 予めいくつかのシナリオを用意しておき、すべてのシナリオに対応できる取り組みを考えるべきというもの。
    安全に物事を考えたい行政向きの考え方だと思った。
    シナリオをどう立てるかの細かい方法論が書かれている。

  • 意義、効果、進め方がだいたいわかった。組織の既存のメンタルモデルに配慮しながら新たな視点を付与する、組織の戦略思考の統合、合意形成、全体を見据えたオプションの選択。シナリオを作る際は評価しない、なぜそれが起こるのか?次に何が起こるのか?しか質問してはいけない。

  • Scenario Planning ― strategic thinking and decision making

  • 今月の課題図書。ノーコメント!

  • 課題解決のためのストーリー作りに役立てようと思って読んだ。
    残念ながら読む前後で評者は変わっていない、相変わらずの頭でっかち。。
    書いてあることが活かせてないよう泣

  • やや解説が冗長だが、シェルを始めとする実例の話は面白い。エネルギー問題等、現代は不確実性の高いテーマがたくさんあるので、シナリオプランニングの考え方はいろんな場面で参考になるはず。

  • シナリオプランニングとは何かを知る為に一気に読んだ。ただ新しい商品やサービスを考えるためだけのツールではなく、企業活動を継続していくための理論的かつ合理的に将来を考えるツールということを知った。この一冊だけでなく、これからも機会を見つけ、シナリオプランニングの果たす役割、そしてもたらされる効果を学んでいきたい。きっと大きな成果につながる第一歩だと思う。

  • 原題はそのものずばり"Scenarios"。ロイヤル・ダッチ・シェルでシナリオ・プランニングに関わっていた著者によるシナリオ・プランニングの解説書です。

    シナリオ・プランニングにおけるシナリオ・プランナーの立場からの実践的技術を解説しています。著者は、職業的プランナーだけではなく、組織のメンバーの誰もがシナリオ・プランナーとなる資格があるとしています。

    訳書でもあり、少し固めですが、シナリオ・プランニングの全体を見るにはいい本なのかもしれません。

全17件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイケル・E. ...
ジェームス W....
エリヤフ・ゴール...
ジェフリー・ムー...
エリヤフ・ゴール...
M.E. ポータ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

シナリオ・プランニング「戦略的思考と意思決定」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シナリオ・プランニング「戦略的思考と意思決定」を本棚に「積読」で登録しているひと

シナリオ・プランニング「戦略的思考と意思決定」の作品紹介

戦略策定を「専門家」に任せるな。合理主義、進化論、プロセス志向を統合したユニークな戦略論。あなたをシナリオ・プランナー=ストラテジストに変える実践的教科書。

ツイートする