マッキンゼー プライシング (The McKinsey anthology)

  • 122人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (10)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 村井 章子 
  • ダイヤモンド社 (2005年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478502389

マッキンゼー プライシング (The McKinsey anthology)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • プライシングのポイントは?

    →プライシングは、競合の価格、顧客のスイッチ率、カスタマーバリュー、サービス提供コスト
    スタティックだけでなく、ダイナミックな影響まで考える
    カスタマーバリューとは認知便益から認知価格をひいたもの
    顧客が購買決定にあたって重視する商品属性を理解しその優先順位を知る
    新しいプライシングプロセスは
    1.市場環境に基づいて分類
    2.過去の価格分類をプロット
    3.価格格差を減らす
    最適なプライスバンド決定には、価格設定や販促による消費拡大余地とブランド力が重要
    オプションサービスを料金に上乗せするメニュープライシングを導入によりサービス提供コストに即して顧客に請求できる

  • 大企業向け。
    論文としては価値があるのかもしれないが、自分のような個人規模の価格設定の際には参考にならなかった。

  • プライシングにまつわる分析手法やケースがのってる本。

  • プライシングの究極の目的は利益の最大化であり、最適価格の設定と価格変動の抑制は単なる区切りにすぎない。
    市場が変化すれば、商品の提供価値も変わる。
    ユニクロは自らのコスト構造を明らかにすることで、高い質を維持しながら、その価格で提供でき、しかも自社に利益を残せるということを消費者、流通といったあらゆるステークホルダーに正確に説明するこtに成功している。それによって、ブランド力の低下を防ぎながら低価格での価値提供を実現した。

  • 2009/8図書館で予約

  • 商品説明
    〜抜粋〜
    出版社/著者からの内容紹介
    本書は、世界各国のマッキンゼー・アンド・カンパニーのマーケティングのエキスパートたちが、日頃のコンサルティング活動の経験と自主的な研究の成果に基づいて「プライシング」の基本的な考え方や具体的な手法を示した論文をまとめたものです。

  • 価格付けについて。

    理論は興味深かったのだけれど、私が本書を手に取った「そもそも価格って何?」という前提が抜けていたような気がします。

    (*私が読み逃した可能性もあります)

  • 未読。

  • 前半の概論的な部分は参考になったが、
    すこし具体化の部分は中途半端。

  • 変動する外部要因で否応無しにここ2年や3年で仕事上で考えさせられる最も大きなテーマのうちの一つ。

全10件中 1 - 10件を表示

山梨広一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
デール カーネギ...
シーナ・アイエン...
大前 研一
有効な右矢印 無効な右矢印

マッキンゼー プライシング (The McKinsey anthology)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マッキンゼー プライシング (The McKinsey anthology)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マッキンゼー プライシング (The McKinsey anthology)を本棚に「積読」で登録しているひと

マッキンゼー プライシング (The McKinsey anthology)はこんな本です

ツイートする