新版MBAマーケティング

  • 482人登録
  • 3.44評価
    • (28)
    • (61)
    • (154)
    • (4)
    • (2)
  • 52レビュー
  • ダイヤモンド社 (2005年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478502471

新版MBAマーケティングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最も大切なのは、消費者がこの会社のHPを除けば面白い情報がある、と思えるような情報を提供し続けていくことである。

    コンピューターはアフターサービスや保証が大きな意味をもってくる。

  • 各種事例が紹介され特に、花王やアサヒビールのケースが今読んでも色々と参考になる点があります。

  • ひさびさ再読。おそらく2回目。
    他のMBAシリーズ同様、もれなくダブりなくコンパクトにという感じでまとまっており、最初に読む本、復習する本としてはよいですね。
    一方、面白み、深みのようなものは、やや物足りないかも。

  • 市場機会の把握から、マーケティング・ミックスまで、マーケティング・プロセスを体系的に学習できる良著。 読み進めていくうちに「これB2Bの場合はどうすんねん。。」 という疑問に対しては、後半の生産財(ビジネス)マーケティングが、「基礎的なプロセスは変わらない、製品特性と顧客特性が変化するだけじゃ!」との視点を与えてくれた。 マーケティング(マーケティング・ミックス)とポータの競争戦略論が言っているポジションニングの理論は実はものすごく近接したことを言っていることも確認できた。 良本。

  • 初めてMBAの本を読んだ。基本をきっちり書いてある。何度も読むべきなんだろう、一回読んだだけでは腹落ちせず。戦略の練り方、フレームワーク、など色々書いてある。読んでくとアイディア浮かんだりするので、考えながら読めて楽しい。

  • マーケティングって何なのさって思ってる人はおすすめ。基本的なフレームワークの解説を読んで、やっとマーケティングについて理解することができた。逆に、世間では、マーケティングという言葉が曖昧に使われすぎている印象を受けた。また、実践的な方法も記載されているので、思考の切り口としてすぐにアウトプットする機会がありそう。

  • セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング・マーケティングミックス、くらいまでは覚えましたが、ムズかっしー。

  • 私の今の基礎を作ってくれた本。マーケティングのいろはが分かりやすく記載されている。迷ったときに、再び開く教科書のような本。

  • マーケティングを勉強したことがなかったのでいい機会になった。
    実際の事例を多く扱っているので、想像しすい。

    事業を進めるにあたって、私が普段考えていることが
    実はかなりマーケ要素が強いことに気づいた。

    自社、競合、顧客を分析し、
    自分たちの方針を決め、共有することが重要。
    私にとってはそれをきちんと実行していくことがさらに重要。

  • ニーズ、ウォンツから始まり、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング、そして4Pやら3CやらKBFやら・・・あとAIDMAもあったな。そういうマーケティングの基本をロジカルに、そして実例を頻繁に用いながら説明するマーケディングの教科書。

    何も知らなかった僕が読むのにはちょうどいい、わかりやすい本であった。

    実践版の本はまた別であるから、それでも買ってもうちょい思考を繰り返そうかと思う。

    銀行という、消費財を扱っているわけではない、かつ目に見えない商品を扱う職業に就いているわけだから、職場で実践となるとなかなか難しい部分もあるが、いかに低コスト(時間をかけすぎない程度)でソリューションを提供できるか、スピード性などでいかにライバルに勝つか、こういった部分では示唆に富む本でもあった。

    今営業をしているわけではないが、そういう部門にいる一人として、視野を広めて働きたい。以上

全52件中 1 - 10件を表示

グロービス・マネジメント・インスティテュートの作品

新版MBAマーケティングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新版MBAマーケティングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新版MBAマーケティングの作品紹介

初版発行から8年、15万人以上に愛読されてきた「マーケティングの定番教科書」を大改訂。先端理論を充実させ、時代変化に適応させるべく最新事例を満載しました。MBAの「マーケティング」コースで学ぶエッセンスを網羅。基礎から応用へ段階的に、必須理論を漏れなく習得できる構成。

ツイートする