株美人!

  • 24人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • ダイヤモンド社 (2005年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478631072

株美人!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「自分にとってなじみのある会社の株を買う」、「応援するつもりで株をもつ」というのは新鮮な考え方だと思う。
    株についてのメリットは沢山紹介してあったけど、デメリットについてーたとえば初心者は株価の上下に一喜一憂してしまい振り回されがちだとか、株価が下がった時の対処法(精神論含めて)などーは全く載っていなかった。

    ー以下メモー

    ■銘柄選びのポイント
    ①会社内容
    エネルギー、ロボット、健康、介護…
    トレンドにあてはまる「伸びている」または「伸びそう」な会社を見つける
    自分の身近なところの変化を捉えることが大切。

    ②業績
    ①会社内容が良いと思った会社の「良さ」を数字で確認する。
    まず売上高と営業利益を見る。
    経常利益は本職以外にも色々を運用をした結果なので、本職のみの営業利益を重視する。

    ③割安さ
    「PER」は株価を1株益で割った値(単位:倍)
    平均15~20倍で、低いほど割安である。
    PERは業績と合わせてみる。

  • 株美人! すらすら読めて分かりやすかった。ただ、2005年の本ということもあり、ライブドアが少しだけ持ち上げられているような・・・。後、日経平均は2010年くらいまで上昇が続くだろうとのこと・・・。 http://amzn.to/bUbtkW

  • とにかく株に興味を持ちたくて、いちばん軽くわかりやすい本から入りたい!と思って読んだのがこれ。
    まったくの初心者なのでこの本がいいとか悪いとかわかんないんですが、とりあえず興味は持てましたー。
    本の中で一緒に勉強していくのが女子大生で、自由に動かせるお金があんまりない女の子たちなので、その子たちでもできるんだーということで株がちょっと身近に感じられました。
    とりあえずヤフーファイナンスをチェックしてみる。

  • 株を女の子と一緒に学ぶ。

  • まずは基本から!

  • 株の入門書を読んだのは2冊目であるけれども、こちらもわかりやすく書かれていました。実在の女子大生が登場人物ということで、身近で親しみやすい企業の株情報があったのがよかったです。そして、なんといっても同じキャンパスの方が携わっていたので購買に至り易かったのも事実。

全6件中 1 - 6件を表示

川口一晃の作品

株美人!はこんな本です

ツイートする