人を育て、動かし、戦力にする実戦コーチング・マニュアル―すぐに使える260フレーズ!

  • 87人登録
  • 3.23評価
    • (2)
    • (5)
    • (22)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 伊東明
  • ダイヤモンド社 (2002年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478720233

人を育て、動かし、戦力にする実戦コーチング・マニュアル―すぐに使える260フレーズ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カンバセーションの具体例が多く、まさに実践用

  • 娘が小学生になったらもう一度読みたい

  • マニュアルというだけあって
    コーチングの基礎から実際に使うところまで書いてあります
    殆どの人はどうやって言葉にしたら良いのかわからない、
    と悩むのではないでしょうか
    この本には260の使える言葉が書いてあります
    ざっと見るだけでもこんな感じで言えば良いのか、と思う筈です

    即戦力だったので☆4

  • 実際にどのように話をして、人を育てていくか分かり易く説明している。

  • 【メモ】
    ・コーチングカンバセーションを行う時は、相手に「今からコーチングカンバセーションを行おうと思うんだが、いいかな?」と一言断りを入れることが大事。

  • ■概要
    1章:「なるほどね」の一言から始めよう!
    2章:比べてみればすぐにわかる!「ふつうの会話vs,コーチング・カンバセーション
    3章:覚えたその日から使えるコーチングの実践フロー
    4章:どんな相手でも怖くない!タイプ別コーチング活用法
    5章:アンチ・コーチング派、懐疑派、真面目派の疑問に答えるQ&A

    どんなもんかと、やり方と、活用例と、できない理由の回避方法を知ることができます。

    ■使える
    もちろん、部下や後輩の考えを引き出す際にも使用できますが、
    そのように他人に対して使用することで、いずれはセルフ・コーチングが自然と出来るようになるそうです。

    セルフ・コーチングが自然と出来るようになると、自分で動ける範囲が広くなり、自分にとっても周囲にとっても良いサイクルを構築できるようになります。

    また、「相手考えていること引き出す」技術ですので、
    社内や自身だけでなく、お客様にも使えます。
    これを使って、お客様の考えていることをうまーく引き出せば・・・

    結果は後ほど。

    eno

  • 具体的なフレーズが沢山あり、参考になる。

  • 大きな字でわかりやすい本です。
    少しビジネス向けです。

    巻末にすぐに使えるフレーズがあるので、コーチになりたての頃はこの質問を見て、こんな風に聞いてみるんだ??!!と勉強しました。
    懐かしい本です。

  • コーチングさえ使ってりゃいいんだ、と思っている人にはぜひ読んでもらいたい。
    いつもの言いかたじゃうまく行かない時に「コーチングもあるよ」というアプローチの本。
    初心者向けって感じです

全9件中 1 - 9件を表示

伊東明の作品

人を育て、動かし、戦力にする実戦コーチング・マニュアル―すぐに使える260フレーズ!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人を育て、動かし、戦力にする実戦コーチング・マニュアル―すぐに使える260フレーズ!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人を育て、動かし、戦力にする実戦コーチング・マニュアル―すぐに使える260フレーズ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人を育て、動かし、戦力にする実戦コーチング・マニュアル―すぐに使える260フレーズ!を本棚に「積読」で登録しているひと

人を育て、動かし、戦力にする実戦コーチング・マニュアル―すぐに使える260フレーズ!はこんな本です

人を育て、動かし、戦力にする実戦コーチング・マニュアル―すぐに使える260フレーズ!のKindle版

ツイートする