日記ブログで夢をかなえる

  • 99人登録
  • 3.38評価
    • (8)
    • (8)
    • (30)
    • (3)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 経沢香保子
  • ダイヤモンド社 (2006年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478733387

日記ブログで夢をかなえるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  経沢香保子さんの『日記ブログで夢をかなえる』の感想を書いてきました。
    </br>
    ■[自己啓発]日記ブログで夢をかなえる
      http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140108/p1
    </br>
     それでは、当ブログ名物???のネガティブゾーンコーナー、自己啓発書のダークサイドコーナー、いってみましょう。
     これは、本の感想文に蛇足というかうっとうしいというか、余計なことを付け加えて読む人をしらけさせるコーナーです。
     まあ年寄りの繰り言のようなものかと。
     でもよく考えると大事なことを言ってると思うので、読んでね。
    </br>   
     さて、本書では、ブログの内容について
    「ネガティブワードは禁止!」
    「ポジティブな話題を書く」
    と何度も注意されています。
     確かに、楽しいブログにするためには、その通りだと思います。
     しかしそれも、平和で民主的な社会と政治であってこそではないでしょうか。
     現実に社会が間違った方向・軍国主義独裁制に向かいつつある場合、そのことから目をそむけて楽しい話題ばかり書いていていいものかどうか。
     日本の国民が極右タカ派政権や御用マスゴミに踊らされて集団ヒステリーのような状態となり、間違った方向に爆進している今、今後の日本では、あえて苦言を言わなくてはいけない場面が多くなっていくと思います。
     私は明るいノンポリより暗い反戦の方がいいと思っていますから。
    </br>   
     [wikipedia:彼らが最初共産主義者を攻撃したとき]
       http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%BC%E3%82%89%E3%81%8C%E6%9C%80%E5%88%9D%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E8%80%85%E3%82%92%E6%94%BB%E6%92%83%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%8D
    </br>
     例えば本書では、ブログを社内コミュニケーションに役立てている事例が紹介されています。
     確かに、適切に使えば非常にいい方法かと思われます。
     しかし、間違った方向に使われれば、思想調査や支配のツールとしても使うことができるのではないでしょうか。
     例えば、学校で、毎日ブログを書くのを義務付けられ、調査され、内申書の判断の材料にされるとか。特に愛国心の調査に重視されるとか。
     本書発行後に普及したツイッターやフェイスブックならもっと簡単です。
     大阪市民はツイッターで市長と相互フォローし、毎日5つの公式リツイートが義務付けられるとか。
     日本国民は安倍晋三のフェイスブックをフォローし、毎日10回「いいね!」を押すことを義務付けられるとか。
    </br>    
    ……と、物事の悪い面ばかりを見てしまうのが私の悪い癖。
     しかし、今後はこういった耳に痛い指摘もしていかないと、日本はズルズルと軍国主義独裁制の道へ引き込まれていくのではないでしょうか?
    </br>    
     しかし、いくら私が頑張って書いても、何の影響力もなくて、ハイリスクノーリターンです。
     やはり暗い反戦だと、肝心の目標を達成することができないような気がします。
     何とか明るい反戦の方向に方向転換できないものか、風刺やブラックユーモアといった笑いに転化できないものか、今後はそういう意識でやっていこうと思っております。
         http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140108/p2 
    </br>

  • 女性企業家の経沢香保子氏の著書。

    2006年とちょっと古い本で、ネタも劣化してる気がするので★少なめ。
    ブログをする上でのちょっとしたコツ、と思って読める軽い本かな。

    今でこそブログを書いて見たことがない人は少ないかもしれないけど、
    ブログを何年も書き続けている人は多くないような気がする。
    (わたし自身も続かないタイプなので)

    そう思うと何をするにしても、「継続は力なり」なんだなぁと思いました。

  • 著者は、2000年からブログを始め、「人生を味わい尽くす」ブログには1000人以上の購読者がいる。ブログを通じて知り合いになる人も多いそうだ。だからブログは外向きの日記であり、常に読者を意識して書くこと。必ずポジティブな言葉で終わる記事を書き、コメントはネガティブなものも受け入れること。良いことでも悪いことでも全ての経験を糧にして日々学び、成長をし続けることという著者の思いは共感できる。

  • ブログ続けてみようかな。

  • タイトルに惹かれて読みました。
    日記ブログをつける効果について書いてありますが、ブログを書いた事がない人や、起業に興味がない人(たとえば○○へ旅行する!のが夢だという人など)には話が大きすぎてわかりにくいように思いました。(タイトルから万人向けだと思って手に取ったけど、ターゲットが限られて感じたので星を減らしてあります)

    起業に興味があるものの、まだ何も行動していない私にとっては、こういう所まで気をかけないと起業は成功しないんだな、という社長さんの視点を知ることができたのは思わぬ収穫でした。
    起業に興味がある方にはおすすめします。

  • 08075

    尊敬する経営者の1人、経沢さんの著書。

    Blogも結構頻繁にチェックしている。

    この本を読むと、Blogを始めようとか、なぜ経営者でBlogをする人が多いのかなどが分かると思う。


    今の悩みとしては、経営者となったときに今の赤裸々なことがむかーしから書いてあるBlogで継続するのか、経営者となったら変えるのか。
    ま、そのとき考えたらいいんだけどね(笑)


    いろんなことが書いてある本だし、経営者ならアクセ数UPすることで、プロモーションにつなげることも重要だろうけど、個人としてそこが必要なのか、考えどころかもしれない。

    コンテンツはいまいちなのに、アフィリエイトとかのために必死にアクセス数を増やそうとしている人も少なからずいるからね。


    この本をまとめると、アクセス数UPによるプロモーションとしての効果、人的ネットワーク構築・維持の効果、特に新たなネットワークの構築の可能性があるということ。


    「情報は発信するところに集まる」と書いてあった。
    これは、自分がよく言う「情報は天下のまわりもの」と同じことだね。

    会いたい人に会えるというメリットがあるということ。
    もしかしたら、それはあるのかもな・・・


    女性起業塾をしている人だけに、GEC(グロービス・アントレプレナーズ・クラブ)の講演にお招きできないかなって1人で目論んでる。

    でも、講演とか多い方だから、金銭的な面でNGかもな・・・

  • 2008.08.24

    このご本を読んで改めて感じたのですが、経沢さんは、よい意味でものすごく「普通」。
    女社長というと、なんというかこう「肩パッド装着!」「ハイヒールでカツカツ!」みたいなイメージを抱きがちですが(そんなことないか 笑)、経沢さんはとてもナチュラルに仕事に取り組まれていて、そこが好感を得やすい理由なのかな、と思ったりして。

    なるほどな、と思ったのは

    ・いいこともよくないことも、因果関係のヒントが見つかる
     --自分の人生は、いいことの原因も、よくないことの原因も、全部自分が作っています
     --「種をまいていないのに、刈りとれるわけがないよね」という当たり前のことに気づかせてくれるのも日記

    ・コメントがマーケティング力を鍛える
     --どういう読者が見に来て、わたしのブログにどんなことを期待し、どういうところに共感しているのか、傾向のようなものがわかってくるのです

    ・情報は出せば出すほど人が集まり、場が盛り上がっていく。出し惜しみしてはいけない


    須子はるかさんのお話も、参考になりました。
    「日記を毎日書いていれば、自分の成長の足跡がわかる。それを見ながら歩いていけば、不安にならないかもしれない」と思って、起業にいたる道のりを正直に綴っていったそうです。

  • 16DEC2009 返却予定
    11NOV2009 1番目/1冊 E

  • 世間一般で普及しているブログというツールを会社及び日常生活に
    どう活用するかを著者が自身の体験を取り入れた活用方法を紹介
    している。

    日記としてのブログを自分の気づきのための、そして目標管理のため
    のツールとして活用する方法は現在の私の日記(MIXI)にも取り入れて
    いる。ただ、ブログでは活用はしていないが・・・。

    そうだとは思いませんが、さらっと読むと会社の中のほとんどのコミュニ
    ケーションをブログで済ませている感がしてしまうのは私の読み方の
    浅はかさからなのか?
    ちょっと誤解を生むような感触を受けました。
    (間違いなく、そうはしていないでしょう)

    ブログの活用として新しい観点で活用していることはとても面白い。

  • ・はじめて出版した本が10万部のベストセラーになった。

    ・広告を使わないで、400人規模のイベントを常に満席にできた。
     (1000人の応募をいただいた

    ・前から会いたかった人から連絡が来た。

    ・初めての新卒採用を大成功させることができた。

    ・どんなに忙しくても、周囲の人間関係、家族や友人との間がうまくいく。

    ★周りに進めることで

    ・出版の依頼が来て本を書いたら、読者を中心に口コミで広がった。
    ・会社の業績がよくなった
    ・人脈が自然と広がった
    ・高いモチベーションを常に保てる

    ★その人のバックグラウンドまで理解できる
    ・日記を見た人から、がんばってるなと思ってもらえる
    ・安心、信頼感が生まれるきっかけに

    ★この子はこんなことに興味があるんだ、こんなことを感じてるんだ、という発見がある。
    ・ビジネスの視点をしることができる

    ★なぜ日記を書くと夢がかなうのか
    ・いつの間にか成長している
    ・観察力や表現力が自然と磨かれる
    ・同じ食事でも、空腹を満たすだけに食べるのと、あとで誰かにそのおいしさを、 
     報告しようと思いながら食べるのでは、受け取る情報が全然違ってくるのです。

    ・やりたいことを文章におとしこむことで、モチベーションがあがります。
    ・その日、夢を実現させるために、何をしたのか、どんな進歩があったのか・・・。
    ・なぜそれをやりたいのか、という動機やきっかけも書いておくと、共感を得られやすく、
     まだ会ったことのない人からも励ましのコメントがもらえたりします。

    ・未来の肩書きを先に発信して、それを大勢に配ってしまうこと

    ★そのブログは、彼女にとっての年輪そのものでした。
     起業への知識もなく、でも、一生懸命自分自身が世の中に提供できることを見つけながら
     活動している姿、
     新しい取り組みで失敗した話も正直にさらけ出していて、成長してる。
     そんな様子が素直な文章から、ダイレクトに伝わってきました。

    ・書き手の内面をしっかり伝えるブログを書くことが、一つのポイントになります。

    ・成功者のブログを見よう

    ・文章を通して考え方を垣間見ることができます。
    ・発想の仕方とか、感じ方の違いに気づいて、自分にないものを学びとっていくのです

    ・いま走ってるコースが、本当に心から望む幸せな状態に向かってるのか

    ・仕事の合間を縫って地道にコンテンツをつくっていました。それがようやく実を結び始めた
     という感じです

    ★情報は出せば出すほど、人が集まり場が盛り上がっていく。

全19件中 1 - 10件を表示

経沢香保子の作品

日記ブログで夢をかなえるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日記ブログで夢をかなえるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日記ブログで夢をかなえるを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする